WordPressプラグイン『Permalink Redirect』の使い方

WordPressプラグイン『Permalink Redirect』の使い方

『Permalink Redirect』は、何かの理由でURLを変更した場合、新URLに誘導(リダイレクト)してくれるプラグインです。

パーマリンク設定を変更する際には、このプラグインを使うことになると思います。

今回は、『Permalink Redirect』の使い方をまとめました。

Permalink Redirect とは

リダイレクト設定が簡単なプラグイン

Permalink Redirectは、インストール(有効化)も簡単にできますし、リダイレクト設定もとても簡単にできるプラグインです。

わたしは、このサイトのパーマリンク設定を、『年/月/投稿名』から『投稿名』に変更した際のリダイレクト設定で、このプラグインを使いました。

WordPressパーマリンク設定を『年/月/投稿名』から『投稿名』に変更した方法

また、管理画面で旧パーマリンク構造を登録するだけで、簡単にリダイレクト設定できるのでおすすめです。

公式ディレクトリに登録がない

Permalink Redirectは、WordPressの公式ディレクトリに登録がないプラグインです。

でも、だからといって怪しいものではありませんし、ソースコードをチェックしましたが、問題ありませんでした。

公式ディレクトリに登録がなくても安心して使えます。

301リダイレクト設定はFTPが必要

Permalink Redirectは、301リダイレクト(恒久的な転送)も、302リダイレクト(一時的な転送)も設定可能です。

ただし元々は、302リダイレクト(一時的な転送)の設定になっています。

301リダイレクト(恒久的な転送)の設定をする場合は、テキストエディタで編集し、FTPソフトでサーバーにアップロードする必要があります。

藤本陽介
FTPソフトが使えない人は、ZIPファイルをそのままWordPressの管理画面にインストールしてしまっても、大きな問題はありません。

ただしこの場合は302リダイレクト(一時的な転送)の設定になります。

どうしても301リダイレクト(恒久的な転送)のリダイレクト設定をしたいなら、FTPソフトでアップロードしましょう。

Permalink Redirect の使い方

『Permalink Redirect』をダウンロードする

『Permalink Redirect』は公式ディレクトリに登録されていないプラグインです。

公式ディレクトリからは探さないで

WordPressの管理画面から『Permalink Redirect』検索しても表示されませんので、こちらから『Permalink Redirect Plugin』をダウンロードしてください。

Permalink Redirect ダウンロードページ

プラグインダウンロードページ

わたしはPHPファイルをダウンロードしました。

このPHPファイルをダウンロードすると、『ylsy_permalink_redirect.php』というPHPファイルが確認できます。

このPHPファイルをテキストエディタで開いてください。

ZIPファイルだと301リダイレクト設定できない
ZIPファイルをダウンロードして、それをそのままWordPressの管理画面からアップロードすることもできます。

ただし、ZIPファイルをアップロードする方法は302リダイレクト(一時的な転送)のリダイレクト設定になるため、できればPHPファイルをダウンロードすることをおすすめします。

301リダイレクト設定に書き換える

301

『ylsy_permalink_redirect.php』というPHPファイルの406行目の『302』を『301』に書き換えます。

301に変更する理由

301に変更する理由は、『このリダイレクト設定は恒久的にします。』とGoogleに伝えるためです。

302のままだと、『これは一時的なリダイレクトですよ。』とGoogleに伝えることになります。

ですからサイトメンテナンスなどの時は302リダイレクトでも良いですが、パーマリンク設定を変更する場合は、301リダイレクトにしましょう。

『Permalink Redirect』を有効化する

サーバーにPHPファイルをアップロードします。

ファイル名は『ylsy_permalink_redirect.php』のままです。

permalinkredirect-upload

このファイルを、wp-content/plugins/にアップロードしてください。

そうするとWordPressの管理画面で『Permalink Redirect』がアップロードされたのが確認できます。

プラグイン有効化画面

このように、WordPressの管理画面のプラグイン一覧で表示されていればOKです。

このまま『有効化』をクリックしてください。

もし管理画面で『Permalink Redirect』で表示されない場合は、アップロードする場所が間違えている可能性があります。

サーバーの『wp-content/plugins/』の直下にアップロードしたかもう一度確認してください。

リダイレクト設定をする

WordPressの管理画面の『設定』をクリックし、その中に『Permalink Redirect』が表示されているのでクリックします。

わたしがやったパーマリンク設定の変更

変更前:
fujimotoyousuke.com/2018/02/permalink
(ドメイン名/%year%/%monthnum%/%postname%/)

変更後:
fujimotoyousuke.com/permalink
(ドメイン名/%postname%/)

わたしは、『年/月/投稿名』だったので、『/%year%/%monthnum%/%postname%/』と入力しました。

Permalink Redirect画面2

入力したら、『Update Options』をクリックして保存します。

これで、リダイレクト設定の作業は完了です。

WordPressプラグイン『Permalink Redirect』の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です