光回線のおすすめランキング【全23社の光回線を比較しました】

光回線おすすめランキング

ネット回線を調べているふじもんが、料金や契約条件などを総合的に判断して、光回線のおすすめランキングを作成しました。

光回線のランキングの比較材料は、優先する順番で以下の通りです。
光回線ランキング判断材料
① 契約条件
② 料金
③ ふじもんの個人的な印象
④ 対応エリア
⑤ 特典やキャッシュバック
⑥ 他サービスとの相対評価

これらの光回線おすすめランキングの判断材料は、ふじもんの主観的な評価を織り交ぜていますので、異論は認めます。

ランキング順位について
ただ光回線は、住んでいる地域や住環境(マンションか戸建て)によって、判断はかわることだけは事前にご了承ください。

また、この記事に求められるのは、ふじもんの主観的な評価なのかと思いますので、それらを考慮して参考にしてください。

それらを踏まえて光回線から、自分に合った光回線サービスを検討してください。

おすすめ光回線ランキング

第1位 NURO光

NURO光は、SONYのネットブランドSonetが運営する次世代の光回線で、理論値最速は2Gbpsです。

ネットでおすすめ光回線と検索すれば、間違いなく上位でおすすめされているのが『NURO光』なので、個人的に第一候補になる光回線だと思っています。

ただマンションだと、いろいろ制限があって実際に申し込んでも、開通できなかった!という人が非常に多い光回線サービスです。

NURO光は、NTTの工事とは別の工事が必要で、合計2回の工事が必要です。

だから使えるようになるまで時間がすごくかかるし、マンションだと管理組合の関係や、マンションの構造上の問題で、開通できないことも多いようです。

またNURO光は、基本的に大都市(北海道、関東、東海、関西の一部エリア)のみです。

対応しているエリアは順次拡大していますが、地方にお住まいの方がNURO光を使えるようになるのは、まだまだ時間がかかりそうです。

NURO光の対応エリアに住んでいる方で、しかも戸建てタイプなら、ふじもん個人的にNURO光をおすすめしたいところです。

またマンションの月額料金はかなり安いので、お住まいのマンションで、もし他の住人の方が既にNURO光が契約しているなら、かなりチャンスかと思います。

戸建て月額4743円、マンション月額2500円、2年契約でキャッシュバックは最大で45000円です。

通信速度や利用者満足度、料金的にもイチオシレベルの光回線です。

理論値最速2Gbps

第2位 おてがる光

おてがる光は、NTTフレッツ回線を利用した光コラボ回線です。

この光回線のメリットは、なんといっても契約期間の縛りがないということです。

通常、他の光回線は2年契約や3年契約が原則ですが、おてがる光には契約の縛りがありません。

そしてなによりもふじもんも、実際に契約して利用しています。

実際に詳しく『契約の縛りがない注目の光回線のおてがる光のメリットとデメリット』で解説しているので参考にしてください。

当初、おてがる光には、いろいろ不満もありました。ただ現在はこれを改善してます。

月額料金は業界最安級だし、光コラボ回線でIPv6もオプション対応しているし、なによりも私が使っていて、通信速度や料金についてはいま現時点では不満はありません。

あえておてがる光のデメリットをあげたら高額なキャッシュバックが無いくらいで、やっぱり通信速度が安定的で、料金も最安級で、契約の縛りがないというのはかなり評価が高いです。

いざ嫌になったら、他の光回線に(フレッツ回線を利用した光コラボなら)移ることができるので、安心して申込できると思いますよ。

ちなみに、おてがる光に申し込むなら、おてがる光ふじもんコラボが最安値になるので、コラボページで比較してみてください。

契約期間の縛りなし

特別コラボ

第3位 電力会社系の光回線

どの光回線を選んでも、光回線ってすごく速いし、通信品質はそこまで変わりません。

ご自身の住環境でいちばん料金がお得に契約できる光回線サービスを選ぶべきだと思います。

というところでいうと、それぞれの地域の電力会社のグループがやっている光回線サービスを選ぶのは悪くないというのが、わたしの率直な感想です。

電力系といわれる光回線は、電力会社とのセット割引があるので、以下でチェックしてみてください。

電力系光回線

関西地域にお住まいの方は、eo光

東海地域にお住まいの方は、コミュファ光

中国地域にお住まいの方は、メガエッグ

四国地域にお住まいの方は、ピカラ光

九州地域にお住まいの方は、BBIQ

eo光は、関西地域を中心に展開している光回線サービスで、要潤をタレント起用していて、関西ではかなり認知度が高い光回線です。

BBIQは、九州地域を中心に展開している光回線サービスで、阿部寛さんと永瀬莉子さんをタレント起用しているのですが、この永瀬莉子さんがかなりカワイイです。

それぞれの地域に根差して運営しているし、光回線はそもそも通信速度はそんなに遅くないので、大きな不満はないと思いますから、お使いの電力会社とセットで契約するのは賢い選択肢だと思いますよ。

ランク外 BBエキサイト光FIT

BBエキサイト光FITは、契約の縛りがないのと、段階料金制でおもしろい光回線サービスです。

一般的にいわれる光コラボ回線で、理論値最速は1Gbpsです。

IPv6にも対応しているので、混雑を回避してネット接続できるので安定しやすいです。

BBエキサイト光FITは、戸建て月額3200円~5300円、マンション月額3800円~2400円です。

3年総額目安は190,800円ですが、毎月30GB以下であれば115,200円です。

段階性の料金だし、契約の縛りもないので、迷ったときにおすすめの光回線です。

BBエキサイト光FIT

ランク外 ぷらら光

ぷらら光は、全国的に展開している光回線サービスで理論値最速は1Gbpsです。

戸建て月額4800円、マンション月額3600円、キャッシュバックが最大で35000円です。

契約期間のしばりがないです。

ぷらら光

ランク外 DTI光

DTI光は、NTTフレッツ回線を利用した光コラボ回線で理論値最速は1Gbpsです。

戸建て月額3600円~4800円、マンション月額2400円~3600円で、キャッシュバックは最大で19000円です。

契約期間のしばりがないです。

DTI光

ランク外 enひかり

enひかりは、NTTフレッツ回線を利用した光コラボ回線です。

光回線の契約期間の縛りなしを一般的に普及させた光回線で、人気を集めています。

理論値最速は1Gbpsです戸建て月額4300円、マンション月額3300円です。

キャッシュバックや特典は特にありません。

ただ、やはり契約期間の縛りがないので、おすすめの光回線です。

enひかり

ランク外 Rakuten光

Rakuten光は、全国的に展開している光回線サービスで理論値最速は1Gbpsです。

Rakuten光は、戸建て月額2800円~4800円、マンション月額1800円~3800円です。

楽天らしく、楽天ポイントの還元キャンペーンを積極的にやっている印象です。

契約期間は3年契約で、3年総額目安は154,600円です。

Rakuten光は月額料金が安いのが特徴なので、契約の縛りとか気にならないという人であれば、候補に入ってくると思います。

あと、楽天モバイルユーザーは、1年間は0円なので、楽天大好きという人はチェックしてみてください。

Rakuten光

ランク外 FON光

FON光は、2020年9月に誕生した新しい次世代の光回線で、理論値最速は2Gbpsです。

対応しているエリアは順次拡大していますが、基本的に大都市(北海道、関東、東海、関西の一部エリア)のみの光回線サービスです。

理論値が速いから、上位でおすすめしたい光回線です。

ただFON光もNURO光と同様にダークファイバーを使った光回線で、開通工事が2回必要なので注意してください。

つまり中身はNURO光とほぼ一緒です。

NURO光との違いは、キャッシュバックの有り無しぐらいですかね。

新しくできたばかりの光回線サービスなので、なんともいえないですが、今後期待できる次世代の光回線です。

FON光

ランク外 auひかり

光回線の選び方は、スマホのキャリアと同じにすると、割引が適用され月額1000円くらい安くなるので、基本的には契約しているキャリアと同じにするのが良いです。

だからドコモを契約している人ならドコモ光、ソフトバンクを契約している人ならソフトバンク光という選び方で間違いありません。

その中でもauひかりは、比較的安いという印象です。

auスマートバリューで月額1000円割引もあります。

auひかりは、戸建て月額5100円、マンション月額5000円、キャッシュバックは最大で60000円です。

3年総額目安は、115,000円で、かなり安いですね!

契約期間は2年契約です。

auひかり

ランク外 BIGLOBE光

BIGLOBE光は、全国的に展開している光回線サービスで認知度が高くおすすめの光回線です。

一般的にいわれる光コラボなので、他の光回線と中身は一緒です。理論値最速は1Gbpsです。

KDDIグループなので、auセット割で月額最大1200円割引もあります。

BIGLOBEは大手企業なので、広告費はたくさんあるみたいですね。

でもタレントのバイきんぐを起用しているのはちょっと理解できないです。笑

BIGLOBE光は、戸建て月額4980円、マンション月額3980円、キャッシュバックが最大で22000円です。

3年総額目安は129,000円、契約期間は2年契約です。

BIGLOBE光

ランク外 Asahiネット光

Asahiネット光は、全国で展開している光回線サービスで、理論値最速は1Gbpsです。

戸建て月額4700円、マンション月額3800円で3年総額目安は、132,500円です。

契約期間は2年契約です。

Asahiネット光

ランク外 ドコモ光

ドコモ光は、全国的に展開している光回線サービスで、認知度が高くおすすめの光回線です。

ちょっと3年総額目安が高くなっているので、このランキング順位になりましたが、実質契約者が非常に多い光回線です。

他でも解説しましたが、スマホをドコモで契約している人なら、ドコモ光を選んで問題ないと思います。

ドコモ光セット割で月額最大3500円の割引もあります。

理論値最速は1Gbpsです。

ドコモ光は、戸建て月額5200円、マンション月額4000円で、キャッシュバックは最大で20000円です。

3年総額目安は、134,200円です。

契約期間は2年契約です。

ドコモ光

ランク外 @nifty光

@nifty光は、全国的に展開している光コラボの光回線サービスです。

だから、理論値最速は1Gbpsです。

@nifty光は、戸建て月額4600円、マンション月額3480円、キャッシュバックが最大で30000円です。

3年総額目安は、141,100円です。

契約期間は2年契約と3年契約が選べます。

@nifty光

ランク外 ソフトバンク光

ソフトバンク光は、全国的に展開している光回線サービスで、認知度が高くおすすめの光回線です。

ちょっと3年総額目安が高くなっているので、このランキング順位になりましたが、実質契約者が非常に多い光回線です。

他でも解説しましたが、スマホをソフトバンクで契約している人なら、ソフトバンク光を選んで問題ないと思います。

ソフトバンクおうち割で月額最大1000円の割引もあります。

理論値最速は1Gbpsです。

ソフトバンク光は、戸建て月額5200円、マンション月額3800円で、キャッシュバックは最大で31000円です。

3年総額目安は、141,200円です。

契約期間は2年契約です。

ソフトバンク光

ランク外 Sonet光プラス

Sonet光プラスは、全国的に展開している光コラボサービスで理論値最速は1Gbpsです。

戸建て月額3480円~5580円、マンション月額2480円~3480円、キャッシュバックが最大で20000円です。

契約期間は2年契約で3年総額目安は155,800円です。

Sonet光プラス

ランク外 OCN光

OCN光は、全国で展開している光回線サービスで理論値最速は1Gbpsです。

OCN光は、戸建て月額4650円、マンション月額3400円で、キャッシュバックは最大で25000円です。

契約期間は2年契約で、3年総額目安は168,400円です。

OCN光

ランク外 フレッツ光

フレッツ光は、最も利用者が多い光回線サービスです。

というのも、ほとんどの光回線サービスはフレッツ光と一緒です。

そういわれると、フレッツ光を契約した方が、中間マージンが無くて一番お得に契約できるように思ってしまうかもですが、そんなことはありません。

フレッツ光は、戸建て月額4900円、マンション月額3600円です。

契約期間は2年契約で、3年総額目安は197,000円です。

フレッツ光

ランク外 U-NEXT光

U-NEXT光は、全国で展開している光回線サービスで理論値最速は1Gbpsです。

U-NEXT光は、戸建て月額5200円、マンション月額4200円です。

3年総額目安は、219,000円です。

契約期間は2年契約です。

U-NEXT光

光回線ランキングの総評

今回のおすすめ光回線ランキング解説では、全部で23社のサービスをピックアップして、おすすめできる光回線の解説を中心に紹介しました。

ランキング1位の『NURO光』は、最速理論値も速いのですが、実際に使っているユーザーの評価も高く、満足度が高いので、対応エリアであることと実際に工事可能の物件であれば、おすすめです。ぜひ一度検討してみてください。

もしNURO光が、対応エリア外だったら、わたしなら契約の縛りがない光回線の『おてがる光』がおすすめです。

あと、どの光回線を選んでも、光回線ってすごく速いし、通信品質はそこまで変わらないので、ご自身の住環境でいちばん料金がお得に契約できる光回線サービスを選ぶべきだと思うので、住んでいるエリアの電力系回線もおすすめです。

電力系光回線

関西地域にお住まいの方は、eo光 (関西電力)

東海地域にお住まいの方は、コミュファ光 (中部電力)

中国地域にお住まいの方は、メガエッグ (中国電力)

四国地域にお住まいの方は、ピカラ光 (四国電力)

九州地域にお住まいの方は、BBIQ (九州電力)

ふじもんの光回線の選び方

まとめると、わたしだったら、まずは『NURO光』がひけるのか、第一候補にします。

対応エリア外だったり、お住まいのマンションがNURO工事できないとわかったら、基本的には契約期間の縛りがなくて料金も安い『おてがる光』を第二候補にします。

それ以外の候補として、電力系光回線サービスの料金を確認して、あとは人気の『auひかり』も比較検討候補にして、契約条件や料金で比較して、ご自身の住環境にあったサービスを決定するのが賢い選び方ですかね。

繰り返しになりますが、サービススペックの客観的な評価と、ふじもんの主観的な評価を織り交ぜていますので、異論は認めます。

それでは、最後に今回のランキングを振り返ります。

気になる光回線をクリックしてチェックしてみてください。

ランキング順位について
このランキングにおいて、わたしに求められるのは、ふじもんの主観的な評価なのかと思います。

何度も言いますが、光回線選びは住んでいる地域や住環境(マンションか戸建て)によって、判断はかわります。

今回のランキングの下位だからといって悪い光回線と決めつけているわけではありません。

順次情報を更新し、みなさんの光回線選びの参考になればと思いますので、異論や意見ございましたら連絡いただければ幸いです。

光回線おすすめランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。