【WiMAXの5Gプランを徹底解説】Galaxy 5G Mobile WiFiで通信速度を計測してみました

WiMAXの5Gプランは、4月8日からはじまった新プランで、同時に「Galaxy 5G Mobile WiFi」が発表されましたので、実際にBroadWiMAXで契約し、1ヶ月使ってみました。

各地で通信速度を計測してみてわかったことや、従来のWiMAXとの違いなどの情報を詳しくまとめます。

Galaxy 5G Mobile WiFiの端末を解説します

正式名称Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
製造元サムスン電子株式会社
販売開始2021年4月8日
ホワイト
ディスプレイ5.3インチ
サイズ147×76×10.9mm
重さ203グラム
連続待受時間790時間(約1ヶ月)
バッテリー容量5,000mAh
端子USB Type-C
対応ネットワーク4G LTE/WiMAX2+/WiMAX +5G(Sub6)
通信速度ダウンロード:2.2Gbps
アップロード:183Mbps
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
接続台数11台

WiMAXの端末といえばNECかファーウェイかの2社でしたが、今回はじめてサムスンのGalaxyブランドで5G対応端末が発売されました。

販売開始は2021年4月8日で、WiMAXでは最新端末で、5Gに対応したWiFi端末になっています。

バッテリー容量は、なんと5000mAhです。

これがどれぐらいすごいかというと、市販されているモバイルバッテリーと同じくらいの容量というところです。

モバイルWiFiのバッテリーはだいたい3000mAh~3500mAhぐらいなのを考慮すると、約1.5倍以上の容量があります。

連続待ち受け時間が790時間って、約1ヶ月にもなります。

とにかくカッコイイにつきる

Galaxy 5G Mobile WiFiは、とにかくカッコイイという言葉がピッタリのWiFi端末です。

ムダな要素はなく、iPhone12とほぼ同じ持ちやすいサイズで、画面ディスプレイも5.3インチと見やすいです。

このWiFi端末は『5G通信をしているか』が気になるところですが、画面上で電波強度がわかりやすいし、5G通信なのか4G通信なのかもわかりやすいです。

そして、この画面も横表示だけでなく、縦表示にも対応しています。

これは設定で変更する必要はなく、WiFi端末の傾きを勝手に認識してくれて表示が変わるので、iPhoneと同じ感じです。

そして横から見ると、このようにスタンドがあるので、どこにでも置くことができます。

WiFi端末としては、かなり完成度が高いのではないかと思います!

カスタマイズできるのもニクイ

見た目ばかりですが、画面表示をダークモードに切り替えると、すごく見やすくなります。

これは好みが分かれると思いますが、ダークモードもかなりカッコイイですよね。

電話ができないスマホっぽい感じで、ニクイ感じです。

ハッキリ言って、これまでのWiFi端末の中で、圧倒的にカッコイイと思いました。

2.4GHzと5GHzの周波数帯を使い分けられるのもイイ

Galaxy 5G Mobile WiFiは、2.4GHzと5GHzを使い分けることができます。

周波数帯の2.4GHzと5GHzの違いについて補足説明

2.4GHz 障害物に強いが通信速度はそこまで速くない

5GHz 障害物に弱いが、通信速度が速い

ワンルームなどであれば5GHzで使うと通信速度が速くなる傾向がありますが、壁や床を経由して使う場合は2.4GHzで使うと通信が安定する傾向があります。

一般的に電子レンジなどの家電が2.4GHzなので、5GHzで使うことがおすすめです。

個人的には、5GHzで使うことをおすすめしていますが、

注意しなければいけないのは、5GHzが日本国内では屋内のみで利用することが許されています。

これは、電波法に関係していて、5GHzは気象レーダーや軍事レーダーと干渉する可能性があるから、日本国内では5GHzは家の中でなら使っていいよ!ということです。

5GHz利用に関する電波法

5GHzの利用は電波法にて決められており、違反した場合は最大で1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

ちなみに、日本国内で扱われているWiFi端末には、DFS機能(ダイナミック・フリークエンシー・セレクション)が搭載されているので、屋外で5GHzを使っていると勝手に2.4GHzに切り替わります。

Galaxy 5G Mobile WiFiを改造して使わない限り、逮捕されるなんてことはないので、安心して使ってOKです。

Galaxy 5G Mobile WiFi

注目ポイントは通信速度の理論値がダウンロードで2.2Gbpsと光回線の理論値を上回るというところです。

これが気になりましたので、実際に検証しました。

WiMAX5Gプランの通信速度を計測しました

大阪の通信速度結果

大阪城公園のJO-TERRACEや大阪城公園駅の構内、環状線車内や梅田駅周辺で計測しました。

測定場所ダウンロードアップロードping
大阪城公園
JO-TERRACE
324Mbps21.8Mbps21ms
大阪城公園駅構内310Mbps11.9Mbps28ms
大阪環状線車内321Mbps26.3Mbps28ms
梅田駅周辺329Mbps22.5Mbps20ms

これまでモバイルWiFiを使って、全国各地で通信スピードを計測してきましたが、はじめて200Mbpsを超えた結果でした!

しかも最速で329Mbpsって!

これは光回線とあまり変わらない感じです。

5G通信って、本当に爆速ですね。

新宿の通信速度結果

新宿の高層ビルや、大江戸線で計測しました。

測定場所ダウンロードアップロードping
新宿アイランドタワー前356Mbps35.1Mbps22ms
大江戸線 新宿西口駅ホーム56.5Mbps13.8Mbps41ms
大江戸線 車内48.9Mbps8.9Mbps39ms
大江戸線 青山一丁目駅ホーム42.5Mbps16.0Mbps44ms

高層ビル付近は、従来のWiMAXだと通信が不安定になりやすかったのですが、

新宿アイランドタワー前で計測したら、全然問題なかったですね。

ちなみに新宿アイランドタワー前で計測した時は、5G通信をつかんでいました。

そして注目の地下鉄での計測なんですが、大江戸線でやってみました。

予想通り5G通信ではなく、4G通信でした。

通信速度は、5G通信と比較すると遅いように感じますが、地下鉄ですからね!

しかもプラスエリアモードではなく、スタンダードモードで計測しました。

それで40~50Mbpsだったので、驚きましたよ!!

通信速度が速いとか遅いとか、そんなのはどっちでも良くて、実際の生活で使いやすいかが重要だと思うんですが、今回の調査で限りなく使いやすくなっていることが実証できたと思います。

北海道の通信速度結果

札幌の中心部である狸小路や札幌駅で計測した後、クルマで道東高速自動車道を使って帯広に行ってきました。

道東高速自動車道の山間部は、携帯の電波も届きにくい環境でしたが、そこでWiMAXが使えるのかも検証しました。

測定場所ダウンロードアップロードping
狸小路87.9Mbps23.8Mbps55ms
札幌駅28.3Mbps10.6Mbps56ms
道東高速道路
占冠PA
計測不可能--
森のスパリゾート27.1Mbps5.10Mbps60ms

やはり携帯の電波が届かない場所では、WiMAX 5Gプランのプラスエリアモードでも、インターネット接続がむずかしいことが実証できました。

ただ帯広エリアでは5Gエリアではないですが、問題なくWiMAX接続ができました。

福岡の通信速度結果

福岡の中心部である中洲や天神中央公園、また5Gエリア外の福岡タワーでも計測しました。

有名な天神地下街でも計測してみました。

測定場所ダウンロードアップロードping
中洲108Mbps22.1Mbps18ms
天神中央公園67.9Mbps58.7Mbps16ms
福岡タワー119Mbps33.8Mbps21ms
天神地下街82.6Mbps19.7Mbps32ms

5G通信エリア外の福岡タワーで、データ容量を超過させて、通信制限がどのくらいかかるのかを検証しようと思ったのに、

なぜか5G通信をつかんでしまうという不思議な現象でした。

天神地下街では4G通信でしたが、それでも80Mbpsを超えていました。

あらためてWiMAXの5Gプランは、すごく使いやすくなっていることが実証されました。

WiMAXの5Gプランは地方にお住まいの人にもおすすめな理由

従来のWiMAXの通信制限はかなりヒドかった

従来のWiMAXのプランは、通常(スタンダードモード)はWiMAX2+という回線でインターネットに接続していて、

4GのLTE回線はオプション契約(ハイスピードプラスエリアモード)で月間7GBまで補足的に使えてたのですが、

ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使ってしまうと、その月末まで128Kbpsに通信速度が制限されました。

実は、この制限にかかっていながら『WiMAXが遅い!』とか『WiMAXが繋がらない!』と言っていた人は、相当いたはずです。

これを知っている人って、実はあまりいないです。

『3日で10GBの混雑回避のための通信制限条件』が有名なので、それと勘違いする人も多いぐらいです。

正直、ハイスピードプラスエリアモードの制限が、WiMAXをおすすめできない理由のひとつでした。

5Gプランになって大きく改善された

2021年4月にWiMAXの5Gプランが発表されてから明らかになったのですが、

『混雑回避のための通信制限条件』が従来の3日間で10GBだったものが、5Gプランになって3日間で15GBになりました。

これはすごくわかりやすいのですが、注目すべきなのは、ハイスピードプラスエリアモード (5Gプランでは、プラスエリアモードという呼称になった。) の通信制限が、大幅に変わった。ということです。

5Gプランで改善された通信制限
これは、月間容量が7GBだったものが15GBになったのですが、制限がかかるのはプラスエリアモードのみということです。

つまり、通常のWiMAXエリアであれば、通信制限が回避できるので、従来のWiMAXのように使い物にならないということが非常に発生しにくい状況になりました。

4GのLTE回線を使ってくれる

さらにここが一番重要なんですが、Galaxy 5G Mobile WiFiは、スタンダードモードでも4GのLTE回線をつかんでくれるということがわかりました。

WiMAXの5Gプランがすごい理由
つまりWiMAXの弱点だった、地下鉄や高層ビルの近くでも、携帯の電波が届くようなところなら(WiMAXの5Gプランだと)安定して大容量の通信ができるということです。

また地方でもLTE回線を自動的につかむので、従来のWiMAXエリア内であれば安定して大容量の通信ができるようになっています。

これは、サイトに載っている情報ではどこにも見当たらなかったのですが、実際にわたしが使ってみて、本当にその通りだと思いました。

そしてこの5GプランだとLTE回線をつかむことは、BroadWiMAXの担当者も知っていました。(さすがです!!)

Galaxy 5G Mobile WiFiは、5G回線のエリア内の人だけにおすすめということではない!ということですね。

地方の人におすすめしたい!という言葉だけがひとり歩きするのは良くないと思ったので、わたしが補足しました。

このことからわかることは、従来のWiMAXをこれから申し込むぐらいなら、絶対に5GプランのWiMAXを申し込んだ方が良いよ!ということです。

こちらでインタビューしています。

ぜひご覧ください。

WiMAXの5GプランについてのQ&A

ふじもんはWiMAXをイチオシしているのか?

いいえ。基本的に光回線を猛烈におすすめしています。

ただ光回線を契約できない人(工事ができなかったり、引っ越し予定があったり)なら、

クラウドSIMを使ったモバイルWiFiが人気でしたが、昨年いろいろトラブルがあり、

WiMAXに人気が戻ってきている状況です。

いろいろなWiFiをレビューしている立場としては、今回の5G対応端末については、他のWiFiサービスと見比べると、検討する価値はあるかと思います。

ただし、従来のWiMAXより良くなっていますが、料金が月換算で500~600円程度(3年間で2万円程度)高くなっているので、それらのバランスを見て、各自で判断ください。

ちなみにわたしは、単純にWiMAXマニアで、端末がカッコイイと思ったのが決め手で、仕事でも使うからとりあえず契約してみた。というのが本音です。

WiMAXのホームルーターとどっちがおすすめか?

2021年6月4日からWiMAXの5G対応ルーター『HOME 5G L11』が発売されています。

わたしの知識で『Galaxy 5G Mobile WiFi』と『ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11』のどっちがおすすめか?と言えば…

わたしは『Galaxy 5G Mobile WiFi』の方が良いと思います。

これは従来のWiMAXでもモバイルタイプ(WX06等)とホームルータータイプ(HOME02等)と同じ考え方で、

違いはモバイルタイプは持ち運びができるのがメリットで、ホームルータータイプは同時接続数が多いぐらいの違いです。

Galaxy 5G Mobile WiFiの同時接続数は11台で、ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の同時接続数は30台です。

通信の理論値は、Galaxy 5G Mobile WiFiが2.2Gbpsで、ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11は2.7Gbpsですが、

端末による通信スピードの違いはそこまで変わらないというのがいま現時点でのわたしの認識です。

ただWiFiの通信規格がGalaxy 5G Mobile WiFiがWiFi5(IEEE802.11ac)に対して、ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11はWiFi6(IEEE802.11ax)というので、若干ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の方がWiFi端末としてのスペックは上です。

とはいえど、実際に使うシーンを考えると、持ち運びができる『Galaxy 5G Mobile WiFi』の方が、メリットが大きいんじゃないかと思います。

そしてそもそも、本記事で紹介しているように、『Galaxy 5G Mobile WiFi』はカッコイイし、インテリアにもなる感じですから、

わたしは『Galaxy 5G Mobile WiFi』の方が良いと思います。

ただ『ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11』と月額料金も同じようなので、

それぞれ皆さんの利用目的や、優先させたいことを判断材料にして決めるのが良いと思います。

ドコモの5G対応ホームルーターとどっちがおすすめか?

NTTドコモが2021年8月下旬に、5G対応のホームルーター『HOME 5G HR01』を発売すると発表しています。

現時点では判断できません。

いまわかっているのは、月額料金が4950円、データ容量は無制限、通信速度の理論値が最大で4.2Gbpsという情報は確認できていますが、詳しいことはまだわかっていません。

ドコモが5G対応のホームルーターを出すというのは、かなりインパクトが大きいですが、

データ容量が完全に無制限ということは無いと思われるので、そこが結構重要なポイントだと思います。

あとドコモの5G対応ホームルーターの回線が、どういう通信回線を使うのかがポイントですね。

4GのLTE回線もカバーしつつ、Sub6の3.7GHzや4.5GHzに対応するのか?

ここら辺の詳しい情報が出てからではないと判断できませんが、

正直言えばNTTドコモは日本最大の通信キャリアなので、期待していいのではないかと思っています。

ソフトバンクエアーとWiMAXはどっちがおすすめ?

完全にWiMAXです。(補足するとWiMAXの5Gプランです。)

従来のWiMAXとソフトバンクエアーだったら、どっちも変わらないかな?というレベルです。

この記事をみてくれているぐらいですから、ソフトバンクエアーが5G対応しない限りは、

あなたが間違ってもソフトバンクエアーを申し込まないことを祈っています。

WiMAXの5Gプランは いつ申し込むのがベストか?

あなた次第だと思います。

WiMAXは5Gプランも含め、サービスの設計的に、縛り無しというのが現実的にできません。

これをしたらWiMAXサービスのロジックが崩れるので、基本的には3年契約です。

UQコミュニケーションズで契約すれば、2年契約もできますが、割高になってしまうので、他のネットで申し込めるプロバイダで一番良いと思ったところで申し込みましょう。

ありきたりなアドバイスで申し訳ないですが、『本当に必要だと思った時に申し込むのがベストタイミング』というのが、正しいと思います。

待ったからと言って、大きく違いはないと思います。

WiMAXの5Gプランは どこで契約するのがおすすめか?

BroadWiMAXが良いと思います。

2021年7月時点では、WiMAXの5Gプランを取り扱っているところは限定的です。

WiMAX5Gプラン取扱一覧

BroadWiMAX

・VisonWiMAX

カシモWiMAX

みんなのWiFi

UQWiMAX

家電量販店

確実にいえることは、家電量販店で申し込むメリットはありません。

あと公式のUQWiMAXで申し込むのも割高になりがちです。

プロバイダ契約期間初期費用端末代金月額料金実質月額料金
UQ WiMAX2年3,300円21,780円4,818円-550円+1,100円
⇒5,368円
6,276円
Broad WiMAX3年3,300円
(コラボで0円)
0円4,223円(24ヵ月目まで)
5,313円(25ヶ月以降)
4,586円

UQ WiMAXは、2年契約(24ヵ月)で実質月額料金が、6,276円と初期費用3,300円です。

Broad WiMAXは、3年契約(36ヵ月)ですが実質月額料金が、4,586円と初期費用3,300円です。
(※ふじもんコラボで初期費用3,300円が0円です!)

つまり端末代金が無料になるのはかなりインパクトが大きいですね。

WiMAXは、どのプロバイダで契約しても通信速度などは一緒ですが、料金体系が微妙に違うので、一番安いところがおすすめです。

2021年7月時点で、WiMAXの5Gプランを申し込むのであれば、個人的にBroadWiMAXをおすすめします。

あと参考までに、従来のWiMAXの選び方は、

従来のWiMAXプロバイダの評価

GMOとくとくBB キッシュバックが高額で最安値だけどキャッシュバックのもらい忘れがある

BroadWiMAX 実質月額料金が一番安い傾向がある

カシモWiMAX 申込直後の数ヵ月の月額料金が安い

BIGLOBEWiMAX 契約の縛りが1年プランがあって口座振替が可能

従来のWiMAXは、この4つのプロバイダが人気でした。

とくにGMOとくとくBBとBroadWiMAXに人気が集中していたので、

GMOとくとくBBが5Gプランの提供を開始したら、利用者はもっと増えると予想しています。

WiMAX5GプランはBroadWiMAXがおすすめです

ということで、WiMAXの5G対応端末「Galaxy 5G Mobile WiFi」を1ヶ月使ってみた感想や、各地の通信速度の実測調査をまとめました。

実測調査については、今後情報を更新していきます。

(※エリアに限らず、地下や高層ビルの近くでも計測する予定です)

そして、今回BroadWiMAXさんに、特別対談を記念して初期費用を無料という特典を用意いただきました。

BroadWiMAXでWiMAXの5G対応端末を契約するなら(2021年7月現在)ココで契約するのが最もお得と聞いています。

WiMAXの5Gプランを検討中の人は、ぜひこちらをご利用ください。

BroadWiMAX 特別対談記念

 

YouTubeでもWiMAXの5G端末について情報発信しているので、気になる方は動画やコメント欄をぜひチェックしてください。

2021年7月時点で、モバイルWiFiについては80種類以上のサービスがあるのですが、WiMAXの5Gプランは個人的に評価が高いです。

詳しくは、こちらの「モバイルWiFiおすすめランキング」でまとめているので気になる人は参考にしてみてください。

WiFiおすすめランキング【全84社のWiFiを比較しました】

2020年9月7日
\今月のおすすめはこちら/

契約のしばりなし
モンスターモバイル

端末が超カッコイイです!



ふじもんコラボで 特別に初期費用50%OFF
レビュー記事はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。