ギガWiFiのメリットとデメリット【U3が最安値でレンタルできるWiFiサービスを解説します】

ギガWiFi

記事内に広告を含む場合があります

今回は、株式会社メディアサービスが提供する ギガWiFi というWiFiサービスを解説します。

いま何かと話題のクラウドSIMを採用したサービスで、ルーター端末はU2sとU3とG4Maxを扱っています。

月額料金は3250円か3480円ということで、かなり安いWiFiサービスです。

2020年3月に提供開始した後発サービスですが、おすすめなのかをわたしの視点で解説します。

2020年3月に開始した業界最安値のWiFiサービス

ギガWiFi

ギガWiFi を簡単に紹介すると

ギガWiFiの特徴

・月額3250円(業界最安値)

・端末はU3を取り扱っている

・データ容量は無制限(実際は無制限ではない)

・契約期間は2年契約

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]

ギガWiFiのポイントは、データ容量は実質無制限ではない ということと、2年契約をコソっと3年契約に変更して、すぐに2年契約に戻した というサービスです。

[/voice]

ギガWiFiは、クラウドSIMを採用しているWiFiサービスです。

クラウドSIMを採用したWiFiサービス
クラウドSIMを採用しているモバイルWiFiは よくばりWiFi 、BBNWiFi 、どこよりもWiFiMugenWiFi 、 どんなときもWiFiクラウドWiFi東京ポケモバクラウドなどがあります。

ここに掲載しているWiFiサービスは、新規申込を停止しているサービスばかりです。

つまりギガWiFiも申し込み停止する可能性があるということは事前に知っておきましょう。

ギガWiFi でレンタルできる端末

ギガWiFi でレンタルできる端末は、U2sかU3かG4という端末です。

端末名 U2s U3 G4
端末イメージ
端末サイズ 高さ:127mm
横幅:65mm
厚さ:14mm
高さ:66mm
横幅:126mm
厚さ:10mm
高さ:136mm
横幅:72mm
厚さ:12mm
ディスプレイ なし なし あり
端末重量 151グラム 125グラム 188グラム
通信速度 最大150Mbps 最大150Mbps 最大150Mbps
バッテリー容量 3500mAh 3000mAh 3900mAh
対応コネクタ type-B Type-C Type-C
持続時間 約12時間 約12時間 約12時間
同時接続数 5台 10台 5台
モバイルバッテリー機能 なし なし あり
翻訳機能 なし なし あり

U2sは よくばりWiFi 、BBNWiFi 、どこよりもWiFiMugenWiFi 、 どんなときもWiFiクラウドWiFi東京ポケモバクラウド などでレンタルできる人気の端末です。

U3は、いま最新の端末で、まだレンタルできるサービスは少ないです。

G4Max端末は翻訳機能がある高スペックな端末です。

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]

いま現時点では、U3を選ぶのがおすすめです。

[/voice]

ギガWiFi の月額料金

ギガWiFi

ギガWiFi の月額料金は、U2sとU3は月額3250円で、G4Maxは月額3480円です。

ちなみに、他社WiFiサービスの月額料金と比較した表がこちらです。

サービス 端末 月額料金 初期費用
ギガWiFi U2s 3,250円 3,000円
BBNWiFi U2s 3,250円 3,000円
よくばりWiFi U2s 3,270円 3,800円
MugenWiFi U2s 3,280円 3,000円
クラウドWiFi東京 U2s 3,380円 3,980円
どんなときもWiFi U2s 3,480円 3,000円
めっちゃWiFi U2s 3,480円 3,000円
ギガWiFi G4 3,480円 3,000円
BBNWiFi G4 3,480円 3,000円
MugenWiFi G4 3,880円 3,000円

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]

こうやって比較すればわかるとおり現時点で、業界最安級というのがわかりますねw

[/voice]

2020年3月に開始した業界最安値のWiFiサービス

ギガWiFi

ギガWiFi の運営会社

メディアサービス

サービス名 ギガ WiFi
サービスリリース 2020年 3月
会社名 株式会社メディアサービス
代表者 持山 宗治
住所 東京都豊島区東池袋1-25-8 タカセビル3F
問い合わせ窓口 0120-540-784
ホームページ www.mediaservice.co.jp

ギガWiFiの運営会社は、株式会社メディアサービスという会社です。

この会社は、フレッツ光などのインターネットの固定回線の代理販売業もしています。

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]ネット上の評判などをチェックした限りでは、悪い評判などはありませんでした。[/voice]

電話で問い合わせてみた限りでは、しっかりと説明してくれました。

ホームページでは、代表の顔写真はありませんでしたが、新着情報などはしっかり更新されていました。

ギガWiFi の5つのメリット

ギガWiFiの5つのメリット

・U2sとG3は月額3250円(業界最安級)

・G4Maxも月額3480円(業界最安級)

・LTE回線を使えて快適にインターネットに接続できる

・在庫があるのですぐに利用開始できる

・データ容量が無制限なので通信量を気にしなくて良い

ギガWiFiのメリットは、この5つにしようと思いましたが、無制限というのは実質ちがうので、あえて取り消し線で表記しています。

これらのクラウドSIMを使ったWiFiサービスは、通信障害を発生させており、だいたい150GB以上を利用したタイミングで、384kbpsに速度制限がかかる例が多数報告されています。

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]データ容量無制限が決め手でギガWiFiを申し込もうとしているなら、おすすめできません!

[/voice]

ただし後発組でありながら、やはり業界最安値というのは、注目ポイントです。

また在庫があるというのもポイントです。

ですから、U2sやU3やG4Maxを業界最安値でいますぐ利用したい人には、ギガWiFiを選ぶ理由が十分にあります。

ギガWiFi の2つのデメリット

ギガWiFiの2つのデメリット

・契約期間は2年契約

・運営会社の正体が良くわからない

ギガWiFiのデメリットは、この2つです。

契約期間は2年なので、更新月以外に解約すると18000円の解約違約金が発生するのは注意が必要です。

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”r”]暴露話をするとサービスを開始した2020年3月は2年契約でスタートしましたが、2020年5月に急遽3年契約に変更されました。

ユーザーからの反発もあり、2020年6月にしれっと2年契約に戻しています。

[/voice]

現時点では、2年契約なので更新月以外は、解約違約金が発生することはしっかりチェックしてから、申し込むようにしてください。

ギガWiFi がおすすめな人

ギガWiFiまとめ

ギガWiFi がおすすめなポイントは、U2sもU3もG4も業界最安値というところかなと思います。

あとは安いだけでなく、安定的な通信環境を提供できるか?がポイントだと思います。

[voice icon=”https://fujimotoyousuke.com/wp-content/uploads/2019/06/reporter.jpg” name=”” type=”l”]

どんなときもWiFiのような事態は発生させてほしくないですね!

[/voice]

ギガWiFi が気になる方は、公式ページをチェックしてみてください。

2020年3月に開始した業界最安値のWiFiサービス

ギガWiFi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です