クラウドWiFi東京の3つのデメリットを解説します【当サイト限定ふじもんクーポンあります】

cloud-wifi-tokyo-review

今回レビューするのは、株式会社ニッチカンパニーが、2019年10月にサービスを開始した クラウドWiFi というサービスです。

ニッチカンパニーは、WiFi東京という短期レンタルをしている会社ですが、この会社が何と『解約の縛りが無いクラウドSIMのWiFiサービス』を提供開始しました。

そう、解約違約金が無いということです!

これはWiFi業界でも、間違いなく激震レベルのWiFiサービスです!

わかりやすく解説するために具体的に、料金、端末、通信、解約条件、補償、海外利用、運営会社の7つの項目毎に解説します。

クラウドWiFi について、知りたい方はぜひチェックしてください。

クラウドWiFiとコラボしています

クラウドWiFi を簡単に紹介すると

クラウドWiFiとは

クラウドWiFi は、データ通信容量は無制限で、速度制限など無く、クラウドSIMに対応しているモバイルWiFiサービスです。

そして、なによりも注目なのは、契約の縛りが無いということです。

クラウドWiFiの特徴

クラウドSIMで ドコモ・au・ソフトバンク のキャリア回線を使える

・データ容量は無制限で3日で10GBなどの速度制限は無い

・月額料金3380円で業界最安級レベル

解約の縛りが無く解約違約金が無い

・人気のルーター端末U2sを使える

・同時接続数は最大5台まで接続可能になっている

・国内だけでなく世界135ヵ国でも利用できる

クラウドSIMに対応しているWiFiサービスは、どんなときもWiFiや、MugenWiFi、めっちゃWiFi、よくばりWiFi、ハイホーゴーゴーWiFiなどがありますが、すべて2年契約です。

 契約期間月額料金
どんなときもWiFi2年
3480円
MugenWiFi2年3280円
めっちゃWiFi2年3480円
よくばりWiFi2年3450円
ハイホーゴーゴーWiFi2年3480円
どこよりもWiFi1年3380円
クラウドWiFiなし3380円
つまり結論からいうと、

クラウドWiFiはWiFi業界が激震するレベルのWiFiサービス

で、確実に話題になるでしょう!

契約の縛りが無いということで、いつでも解約できるというのは、そうとうすごいです。

ふじもん特別コラボを開催しています

クラウドWiFiふじもん特別コラボ

ありがたいことに、運営会社のニッチカンパニー様と、当サイトの限定企画で、特別クーポンfujimon1000 )を発行いただきました。

クラウドWiFiを最安値で契約するなら、このクーポンを使うのが最も安い方法ということを、運営会社にも確認しています。

クラウドWiFiをこれから申し込む人は、ぜひ有効活用してください。

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

クラウドWiFi の料金プラン

クラウドWiFi料金プラン

クラウドWiFiの料金プランはとてもシンプルでわかりやすく、ずっと月額料金3380円です。

人気の どんなときもWiFi と比較しますね。

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
契約期間なし2年
月額料金3380円3480円
2年目以降料金3380円3980円
初期費用3980円3000円
端末費用0円0円
2年総額85100円86520円
支払方法クレジットカードのみクレジットカードが口座振替
※1

補償なしで最安値で契約することを想定し比較しましたが、なんと1,420円も安いです。

しかも、どんなときもWiFiは2年契約ですが、クラウドWiFi はいつでも解約できます。

これだけでクラウドWiFiのすごさがわかりますよね!

完全にWiFi業界で、超話題になること間違いなしです!

初期費用が3980円ですが、キャンペーンなどでさらに安くなるかもしれません。

キャンペーン情報

運営会社のニッチカンパニー様と当サイトがコラボしたキャンペーンを開催しています。

率直な感想は、クラウドWiFi は後発サービスなので、完全に どんなときもWiFi を意識した料金プランにしたな。と思いました。

キャンペーン情報は、わかり次第追記します!

クラウドWiFi の端末

クラウドWiFiの端末U2s

クラウドWiFi の端末は、U2sというモバイルルーター端末です。

端末については、まったく一緒です。

どちらが良いということでもありません。

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
端末イメージクラウドWiFiどんなときもWiFi
端末名U2sU2s
バッテリー容量3500mAh3500mAh
持続時間約12時間約12時間
同時接続数5台5台

バッテリー容量や、同時接続数も、どんなときもWiFiとまったく一緒です。

クラウドWiFi の通信

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
国内通信回線クラウドSIMクラウドSIM
データ容量無制限無制限
速度制限なしなし
海外通信回線クラウドSIMクラウドSIM

クラウドWiFi の通信回線は、クラウドSIMの技術を使って、一番良い回線を選択して利用します。

日本国内では、データ通信容量は無制限で、速度制限などもありません。

ちなみに、2020年1月時点では、どんなときもWiFiのクラウドSIMは、ほとんどの場合ソフトバンク回線を選択して利用しています。

クラウドWiFi もどんなときもWiFiも、通信回線は一緒と考えて問題ありません。

ソフトバンク回線のサービスエリア

ソフトバンクの通信エリアマップ

ソフトバンクの通信エリアは、ソフトバンクの公式サイトで公開されているので、ご自身の生活エリアをチェックしてみてください。

モバイルWiFiで有名なWiMAXは、データ容量は無制限ですが、3日で10GB以上を使用すると、速度制限がかかるのが弱点です。

そして、WiMAXはビルや地下鉄に非常に弱いというのも弱点です。

これを解決したのが、どんなときもWiFiだったので、いまモバイルWiFiサービスでどんなときもWiFiが人気なのです。

つまり、通信速度や通信品質については、クラウドWiFi もどんなときもWiFiも、一緒と考えてOKです。

 クラウドWiFi の通信は、まったく問題ないと断言できます。

クラウドWiFi の解約条件

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
解約違約金なし12ヵ月未満:19000円
24ヶ月未満:14000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
契約更新月なし1ヶ月間

クラウドWiFi の解約条件はありません。

いつでも解約できるし、解約違約金はありません!

最近の無制限で使えるWiFiは、契約期間を2年に設定しているところがほとんどです。

2020年1月時点で、データ容量が無制限で、3日で10GBの速度制限も無くて、クラウドSIMが使えて、解約の縛りが無いのは、クラウドWiFiのみです。

そして、細かく返却条件を調べました。

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
返却必須端末本体
端末本体
個装箱
返却任意USBコード
ストラップ
取扱説明書
解約申請15日までに申請25日までに申請
端末返却翌月3日までに返却
翌月10日までに返却
機器損害金40000円18000円

クラウドWiFiは、いつでも解約できるのが特徴ですが、毎月15日までに申請しないと、翌月の料金が発生してしまいます。

そこだけは注意しましょう。

クラウドWiFi の補償

クラウドWiFi補償

クラウドWiFi の端末補償は月額400円です。

どんなときもWiFiの補償とほぼ同じです。

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
補償料金月額400円月額400円
補償内容端末の故障
水没による故障
端末の故障
水没による故障
加入義務初月含め義務なし初月含め義務なし
未加入の紛失弁済金25000円18000円

クラウドWiFi の補償プランに加入している場合、水没や一般的な故障であれば、無料で端末を交換してくれます。

補償プランへの加入は必須ではありませんが、あとで加入することはできません。

また最初に補償プランに入っている人が、途中で補償プランを解約することは可能です。

ただ、盗難や紛失の場合は、補償プランに加入していても、15000円の支払い義務が発生します。

補償プランに加入していない人が、盗難や紛失の場合は、25000円の弁済金が発生します。

このような補償プランに加入することが多い人は、絶対にどんなときもWiFiより、クラウドWiFi を選んだ方が良いですね。

U2sなら、そんな簡単に壊れないし、クラウドWiFiを利用する人は、補償に入らない人が多いと思います。

もし補償に加入を検討しているなら、よくばりWiFiだと最大2ヶ月無料になるプランや、どんなときもWiFiの特別データAプランが良いと思います。

クラウドWiFi の海外利用

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
利用可能エリア合計135ヵ国合計107ヵ国
利用料金1日700円~
(データ1GB)
1日1280円~
(データ1GB)

クラウドWiFi が135ヵ国で利用できるのもすごいですが、料金が1日1GBで700円~というのが驚きです。

クラウドWiFi海外利用

クラウドWiFi海外利用料金

ちなみに、韓国だと750円で安いですが、ミャンマーだと1450円です。

どんなときもWiFiは1日1GB1280円~なので、国によってどっちが良いかは変わりそうですが、

いずれにしても日本で使っていた端末をそのまま海外に持っていて電源を入れるだけですぐ利用できるのは良いですね。

クラウドWiFi の運営会社

クラウドWiFi の運営会社はニッチカンパニーという会社です。

ここはしっかり解説したいところです。

というのも、無制限のクラウドSIMで、解約の縛りが無いというのは、かなり衝撃的だし、普通の事業会社なら赤字リスクがあって、なかなか踏み込めない領域だったと思います。

でもニッチカンパニーは、国内の短期WiFiレンタルを3年以上やっていて、そのノウハウとかがしっかりある会社だということが分かりました。

つまり、無茶苦茶なことをするような会社ではないようです。

そして気になったのが、

中古の古い端末が送られてきてしまうのではないか…?

という懸念ですが、これは運営会社のニッチカンパニーに確認したところ、

現時点では新品を提供させていただく予定です。

あまりにも超短期の3ヶ月だけ使う人が多発して、新品の在庫が用意できない時は、新古品扱いのルーターを提供することもあるかもしれませんが、

現時点では、明らかに古い、中古端末を新規のお客様にレンタルするつもりはございません!

と教えていただきました。

短期レンタルのノウハウなどがあり、しっかりした会社だから、

契約の縛りが無いというクラウドWiFiが実現できたようです。

 クラウドWiFiどんなときもWiFi
サービスリリース2019年10月2019年4月
会社名ニッチカンパニーグットラック
住所東京都新宿区西新宿福井県福井市栂野町
実績短期WiFiレンタルを2016年頃からしているMVNO事業を2010年頃からしている

運営会社を比較してどっちが勝っているという判断はしにくいですが、

今後クラウドWiFiが本当にサービスをしっかり継続できるのかは、注目したいところです。

クラウドWiFi公式サイト

クラウドWiFi と どんなときもWiFi 比較まとめ

まとめると

クラウドWiFiどんなときもWiFi よりも好条件と判断しました。

わたしが7つの項目で比較した感想をまとめるとこんな感じです。

クラウドWiFiの方が好条件の理由

どんなときもWiFiとの比較検証
  1. 料金  クラウドWiFi が勝利
  2. 端末 どっちも同じ
  3. 通信 どっちも同じ
  4. 解約  クラウドWiFi が超絶的勝利
  5. 補償 ほとんど同じ
  6. 海外利用 ほとんど同じ
  7. 運営会社 勝敗つけられないがクラウドWiFiに注目したい

クラウドWiFi は、いま一番人気のどんなときもWiFiとサービススペックはほとんど一緒ですが、料金は非常に安いのに、解約違約金が無いというすごいサービスです。

クラウドWiFi は、間違いなく人気が出ると感じます。

クラウドWiFi って大丈夫かな?

他にもっと良いWiFiサービスが無いかな?

と心配している人は、わたしが自信をもってお伝えします。

クラウドWiFi を申し込んで問題ないです!

WiMAXに不満があったり、フリーランス的にどこでもネットに接続できる環境を整えたいと思っている人には、安心して クラウドWiFi を契約して良いと思いますよ。

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

クラウドWiFi 5つのメリット

クラウドWiFi のデメリットは、以下にまとめました。

クラウドWiFi 5つのメリット

・解約違約金の設定が無くいつでも解約できる

・データ容量無制限で速度制限が無い

・クラウドSIMの技術で3キャリアのLTE回線を使える

・月額料金が3380円と最安値級でシンプル

・競合がなかなかできなかったことをいち早くやっている

クラウドWiFiのメリットは、本当にたくさんあります。

解約違約金が無いから、いつでも解約できるというのがもっとも目立ちますが、

やはりデータ容量が無制限で、速度制限もなく、それでいて月額3380円というのは、業界激震レベルです。

2年契約はイヤだな。

と思って言う人は、迷うことなく クラウドWiFi をおすすめして問題ないと思います。

クラウドWiFi 3つのデメリット

クラウドWiFi のデメリットは、以下にまとめました。

クラウドWiFi 3つのデメリット

・口座振替ができない

・在庫切れを発生させている

・新品が提供し続けられるか疑問

クラウドWiFiのデメリットというのには、ちょっとムリがあるかもしれませんが、やはり契約の縛りが無いということで、これから申し込む人が中古端末が届く可能性が絶対に無いという感じではないところです。

現時点では、明らかに古い、中古端末を新規のお客様にレンタルするつもりはございません!と言っていただきましたが、本当にこれが続けられるのかは、ちょっと疑問ですよね…。

クラウドWiFiの評価まとめ

クラウドWiFiレビュー

率直に言って、絶対に人気がでると確信しています。

わたしはいち早く、クラウドWiFi の存在を知ったので、在庫確保できましたが、このブログを執筆している時点では在庫切れを起こしています。

12月末という、WiFiの繁忙期にもかかわらず、在庫切れを起こしているのは、やはり申込が殺到しているということに違いありません。

本当に続けていけるか疑問

在庫が無くてなかなか入手できないというのは、デメリットといえばデメリットですが、これは話題殺到になる雰囲気がすごいです。

唯一の懸念は、運営会社のニッチカンパニーが、短期WiFiのレンタル実績が豊富とはいえど、

この無制限WiFiの分野で、競合他社が手をつけられなかった、契約の縛りを撤廃しているのに、月額料金が安いというこの戦略が本当に続けられるのかが、本当に心配です。

嫌だったらすぐ解約すれば良い

ただユーザー目線でいえば、もし仮にクラウドWiFi に申し込んで、中古ルーターが届いたら、すぐに解約しちゃえばいいだけです。

ぶっちゃけユーザーのデメリットは極限に無いといって良いと思います。

いやー、本当にすごい!

クラウドWiFi×ふじもん

こんな企画もやっているので、ぜひ気になる人はチェックしてみてください。

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

これからの クラウドWiFi で、新たな動きや、気づいたことがあれば、ここに追記していきたいと思います。

cloud-wifi-tokyo-review
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。