MugenWiFiの最新端末『G4』の評判【特徴や通信速度をレビューしました】

G4レビュー

2019年10月からサービスを開始した MugenWiFi が、最新端末『G4』を取り扱っているのでレビューしました。

どんなときもWiFiなど、他社のWiFiサービスのほとんどが『U2s』を取り扱っているのですが、液晶表示が無いし、なんだか寂しい感じがしますよね。

端末の機能を重視する人にとっては、G4はかなり良いですよ。

G4の通信速度調査もしましたので、気になる人は参考にしてください。

G4の取り扱いはMugenWiFiだけ

MugenWiFi のG4端末 を簡単に紹介すると

MugenWiFi は、データ容量が無制限で、クラウドSIMを採用していて、2年契約なので、いま話題の どんなときもWiFi と非常に似ているWiFiサービスです。

MugenWiFi2つのプラン

MugenWiFiの料金プランは2つあって、U2sが月額3280円、G4が月額3880円です。

参考までに、データ容量が無制限で、速度制限もなく、2年契約のWiFiサービスをピックアップしました。

比較対象のWiFiサービス

どんなときもWiFi:U2s

よくばりWiFi:U2s

限界突破WiFi:jetfonP6

MugenWiFi:U2sとG4

G4を取り扱っているのは MugenWiFi だけです。

G4の端末スペックのポイントはバッテリー容量とコネクタ

G4の端末スペック

G4の端末スペックは以下の通りです。

製品名 G4
サイズ 136×72×12ミリ
重さ 188グラム
バッテリー容量 3900mAh
連続使用 約12時間
最大通信速度 150Mbps
同時接続 5台

G4のサイズは、iPhone7とあまり変わりません。

手のひらサイズよりちょっとだけ大きいぐらいです。

重さも188グラムと非常に軽いです。

G4はTypeCに対応している

対応しているコネクタはType-Cです。

モバイルバッテリー代わりになるのは、スゴイですね。

Type-Cで急速充電対応です。

ちなみに、MugenWiFiのG4は、世界134ヵ国でも利用できるWiFi端末です。

海外利用の地域については、詳しくは公式サイトで紹介されています。

G4は海外でも利用できる

G4の特徴をU2sと比較します

G4の特徴をまとめました。

G4の特徴
  • 通信速度はU2sと同じ
  • バッテリー容量が3900mAh
  • スマホに給電できる(モバイルバッテリーになる)
  • 液晶表示がある
  • 翻訳機能などがある

通信速度の理論値は、ダウンロード150Mbpsで、アップロードが50Mbpsです。

これはU2sとまったく一緒です。

バッテリー容量は3900mAhもあり、かなり大容量です。

U2sは3500mAhなので10%ぐらい大きいです。

ただ連続使用時間は、G4もU2sも12時間なので、G4は電力消費がちょっとだけ高いです。

G4はモバイルバッテリー代わりになる

あとG4はモバイルバッテリー代わりになります。

スマホへの給電が可能です。

また見た目で大きく違うのは、液晶表示があることですね。

U2sは液晶表示がありません。

それと、G4は翻訳機能、地図機能、トリップアドバイザー機能があります。

G4は翻訳機能がある

特に翻訳機能は音声入力がしやすく、使い勝手は非常に良かったです。

日本語から英語はもちろん、英語から日本語もできました。

G4とU2sの通信速度を調査しました

G4で通信速度を調査しました。

G4実測調査

左:G4 右:U2s

この通信速度を計測したのが、平日の午後1時ごろでした。

右側がどんなときもWiFiのU2sで計測した結果です。

製品名 G4 U2s
WiFiサービス MugenWiFi どんなときもWiFi
ping 27ms 35ms
ダウンロード 24.2Mbps 26.5Mbps
アップロード 4.22Mbps 7.20Mbps
接続回線 ソフトバンク ソフトバンク

ほとんど通信速度の結果は変わりませんでした。

これだけ安定した通信速度が出れば、まったく問題ありませんね。

高スペックな端末が欲しいならG4は超おすすめ

最近は新しいモバイルWiFiサービスが、たくさん誕生しています。

ただ2019年10月時点では、G4を取り扱っているWiFiサービスは、MugenWiFi だけです。

液晶表示があって、翻訳機能とか地図機能とかもあって、3000円代でデータ容量無制限のWiFiサービスを探している人なら、MugenWiFi のアドバンスプランは良いと思いました。

3880円というのは、すごくお得だと思います。

こんなに高スペックな端末で、速度制限もなく、データ容量は無制限なら、家の固定回線も無くてOKです。

G4のデメリットといえば、U2sと比較すると月額600円高いということぐらいです。この600円の差は、すごく迷うところですね。

液晶割れを心配する人もいると思いますが、保護フィルムを貼れば全然OKです。

高スペックなWiFi端末指向なら、G4を選ぶことをおすすめします。

2019年10月に誕生したWiFiサービス

MugenWiFiの最安値の格安プランのレビューは、別記事で紹介しています。

MugenWiFi-U2s

MugenWiFiとどんなときもWiFiを比較しました【11月8日のサービス改訂で料金が業界最安値になりました】

2019年11月8日

MugenWiFi で、新たな動きや、気づいたことがあれば、ここに追記していきますね。



どんなときもWiFiよりも...
よくばりWiFiがおすすめ!

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiよりも、
好条件で、しかも安く利用することができます。

だからわたしも使っています!

よくばりWiFiは、2019年9月に開始された新しいサービスです。

いまイチオシのモバイルWiFiサービスで、わたしも使っています!

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

G4レビュー
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。