MugenWiFiとどんなときもWiFiを比較しました【11月8日のサービス改訂で料金が業界最安値になりました】

MugenWiFi-U2s

今回レビューするのは、2019年9月にサービスを開始した MugenWiFi というサービスです。

MugenWiFiどんなときもWiFi をかなり意識しているようで、非常に似ているサービスです。

そして運営会社に取材したところ、MugenWiFi は2019年11月8日にサービスを改訂しました。

11月8日に改訂されたポイント

・初期費用が安くなる 6000円→3000円

・24ヶ月契約後は端末返却義務がなくなる

・解約違約金が減額される 30000円→9000円

このサービス改訂によって変わったことをより詳しく解説し、どんなときもWiFiと比較して、具体的に、料金、端末、通信、解約条件、補償、海外利用、運営会社の7つの項目毎に解説します。

MugenWiFi について、知りたい方はぜひチェックしてください。

MugenWiFi を簡単に紹介すると

MugenWiFiU2s

MugenWiFi は、ソフトバンク回線が無制限で使えるモバイルWiFiサービスです。

データ通信容量は無制限で、速度制限などもありません。

そして、MugenWiFiは、月額3280円は業界最安級です。

契約期間は2年契約です。

2019年10月のサービススタート時点では初期費用が6000円でしたが、2019年11月のサービス改訂により初期費用が3000円に改訂されたことで、24ヶ月の総額で計算すると どんなときもWiFi よりも安いです。

(※詳しくは料金比較で詳しくまとめます。)

つまり結論からいうと、MugenWiFi は、どんなときもWiFiとほぼ同じ条件なのに、安く契約できるのは事実です。

ただし、まったく一緒というわけでもないので、細かく比較して違いや特徴を、7つの項目毎に解説しますね。

MugenWiFi の料金プラン

MugenWiFi2つのプラン

MugenWiFi の料金プランは、2種類あります。

U2sをレンタルする格安プランと、G4をレンタルするアドバンスプランです。

※最新のG4のレビューは別記事でまとめています。

わたしがMugenWiFiでおすすめするのは、U2sをレンタルする格安プランです。

どんなときもWiFiと同じ条件で安く契約できるのは、格安プランの方です。

このプランがどれだけすごいのか、どんなときもWiFiと比較しますね。

MugenWiFiは11月8日からサービス改訂で、初期費用が6000円から3000円になりました。
 改定前改定後
初期設定費用3000円0円
事務手数料3000円3000円
初期費用計6000円3000円

超大事なところなので、しっかりと計算式で解説します。

MugenWiFi

(改訂前)
補償なし:月額3280×24ヶ月+初期費用6000=84720
補償あり:月額(3280+500)×24ヶ月+初期費用6000=96720

(改訂後)
補償なし:月額3280×24ヶ月+初期費用3000=81720
補償あり:月額(3280+500)×24ヶ月+初期費用3000=93720

どんなときもWiFi

補償なし:月額3480×24ヶ月+初期費用3000円=86520
補償あり:月額(3480+400)×24ヶ月+初期費用3000=96120

補償プランに加入してもしなくても、MugenWiFiの方が安いです。

補償なし:2年総額で4800円安い
補償あり:2年総額で2400円安い

しかも、どんなときもWiFiの月額料金は、2年契約が終わった後には、500円高くなりますが MugenWiFi はそのまま永久定額です!

ただし、わたしが思うに、2年以上使うことは無く、契約期間の2年がきたら、新しい機種に変えたりサービスを乗り換えた方が絶対に良いと思うので、原則的に2年間使った場合を比較しました。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
契約期間2年2年
月額料金3280円3480円
2年目以降料金3280円3980円
初期費用3000円3000円
端末費用0円0円
端末補償500円400円
2年総額
(補償なし)
81720円86520円
2年総額
(補償あり)
93720円96120円
支払方法クレジットカードのみクレジットカードが口座振替
※1

※1 ちなみに どんなときもWiFi は、口座振替もできますが、その場合は月額料金が3980円で、2年目以降の月額料金は4480円になります。

率直な感想は MugenWiFi は後発サービスなので、完全に どんなときもWiFi を意識した料金プランにしたな。と思いました。

料金プランで比較したら、11月8日のサービス改訂で、補償ありなしに関係なく、どんなときもWiFiより安く契約できることが確認できました。

どんなときもWiFiより安い

MugenWiFi の端末

MugenWiFi-U2s-表裏

MugenWiFi のU2s端末は、どんなときもWifiとまったく一緒です。

どちらが良いということでもありません。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
端末名U2sU2s
バッテリー容量3500mAh3500mAh
持続時間約12時間約12時間
同時接続数5台5台

バッテリー容量や、同時接続数も、端末については、どんなときもWiFiとまったく一緒です。

MugenWiFi の通信速度や通信品質

U2s スピードテスト

MugenWiFi の通信回線は、どんなときもWiFiと一緒です。

日本国内も、海外も、クラウドSIMです。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
国内通信回線クラウドSIMクラウドSIM
データ容量無制限無制限
速度制限なしなし
海外通信回線クラウドSIMクラウドSIM

日本国内では、データ通信容量は無制限で、速度制限などもありません。

ちなみに、2019年11月時点では、どんなときもWiFiのクラウドSIMは、ほとんどの場合ソフトバンク回線を選択して利用しています。

MugenWiFi もどんなときもWiFiも、通信回線は一緒と考えて問題ありません。

ソフトバンク回線のサービスエリア

ソフトバンクの通信エリアは、ソフトバンクの公式サイトで公開されているので、ご自身の生活エリアをチェックしてみてください。

モバイルWiFiで有名なWiMAXは、データ容量は無制限ですが、3日で10GB以上を使用すると、速度制限がかかるのが弱点です。

そして、WiMAXはビルや地下鉄に非常に弱いというのも弱点です。

これを解決したのが、どんなときもWiFiだったので、いまモバイルWiFiサービスでどんなときもWiFiが人気なのです。

つまり、通信速度や通信品質については、MugenWiFi もどんなときもWiFiも、一緒と考えてOKです。

だから、WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換えていた人が、これからはWiMAXから乗り換える候補は、

どんなときもWiFiだけではなく MugenWiFi も候補に充分になりえるということですね。

どんなときもWiFiが、いま人気なのは、データ容量が無制限なのに、速度制限がないというのが理由です。

渋谷で計測しました

そして渋谷駅での計測結果を比較しました。

渋谷駅前ダウンロード速度アップロード速度ping値
WiMAX9.20Mbps43.80Mbps217ms
どんなときもWiFi12.18Mbps5.12Mbps42ms
MugenWiFi11.83Mbps5.84Mbps81ms

過去にWiMAXやどんなときもWiFiを計測したので、それと比較すると悪くない数値でした。

MugenWiFi の通信は、まったく問題ないと断言できます。

MugenWiFiの解約条件

MugenWiFi解約

サービス改訂前の解約違約金

MugenWiFi の解約条件は、2年以内だと解約違約金が発生します。

MugenWiFiは11月8日からサービス改訂で、解約条件が変更になりました。

とても大事なことなので、詳しく解説します。

MugenWiFi

(改訂前)
1~12ヵ月:30000円
13~24ヶ月:25000円
25ヵ月:0円
26ヶ月以降:9500円

(改訂後)
1~12ヵ月:9000円
13~24ヶ月:5000円
25ヵ月:0円
26ヶ月以降:0円
※24ヶ月以内に解約した場合は、端末を返却する必要があります。

どんなときもWiFi

1~12ヵ月:19000円
13~24ヶ月:14000円
25ヵ月:0円
26ヶ月以降:9500円

解約条件は、どんなときもWiFiと似ていますが、解約違約金が低く設定されています。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
解約違約金12ヵ月未満:9000円
24ヶ月未満:5000円
契約更新月:0円
それ以降:0円
12ヵ月未満:19000円
24ヶ月未満:14000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
契約更新月1ヶ月間1ヶ月間

つまり、2年以上契約していれば、端末の返却の必要が無いということが、注目ポイントです。

解約違約金も、大幅に減額されています。

MugenWiFi の解約条件は、サービス改訂で、リスクがかなり少なくなったという感じです。

MugenWiFi の補償

MugenWiFi補償

MugenWiFi の端末補償は月額500円です。

MugenWiFi の契約書や利用規約をしっかりチェックしました。

補償プランに加入は、必須ではありません。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
補償料金月額500円月額400円
補償内容端末の故障
水没による故障
※盗難による補償なし
端末の故障
水没による故障
※盗難による補償なし
加入義務初月含め義務なし初月含め義務なし

補償内容は、どんなときもWiFiの補償とほぼ同じです。

僅差ではありますが、補償についてはどんなときもWiFiの方が料金が100円安いというぐらいです。

ですからこういった補償プランの料金というよりは、初月だけは加入必須という他のWiFiサービスと比べると、 MugenWiFi の補償プランの設定は、全然OKと思いました。

とはいえど、補償についてはどんなときもWiFiの方が好条件です。

MugenWiFi の海外利用

MugenWiFi海外利用

MugenWiFi は、海外でも利用することは可能です。

海外での利用料金は、どんなときもWiFiとほぼ一緒で、月額料金以外に料金が必要になります。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
利用可能エリア合計134ヵ国合計107ヵ国
エリアA1日1200円
(データ1GB)
1日1280円
(データ1GB)
エリアB1日1600円
(データ1GB)
1日1880円
(データ1GB)

対応している国はほとんど一緒ですが、料金が若干MugenWiFiの方が安く設定されています。

例えば、インドネシアのバリ島で使うことを想定した場合、どんなときもWiFiは1日1GBで1280円で、MugenWiFiは1日1GBで1200円です。

つまり、MugenWiFi を海外で利用するのもまったく問題ないという感じです。

MugenWiFi の運営会社

サーフェーブ会社

MugenWiFi の運営会社は株式会社surfave(サーフェーブ)という会社です。

2019年6月に設立されたばかりの会社で、会社規模は非常に小さいです。

 MugenWiFiどんなときもWiFi
サービスリリース2019年10月2019年4月
会社名サーフェーブグットラック
住所東京都渋谷区恵比寿福井県福井市栂野町
ホームページhttps://www.surfave-inc.com/https://good-luck-corporation.co.jp/
実績実績なしMVNO事業を2010年頃からしている

どんなときもWiFiの運営会社と比較すると、実績や信頼度はかなり違うと思います。

サーフェーブ

サーフェーブさんにインタビュー取材しました(2019年11月3日)

わたしは実際にMugenWiFiの運営会社であるサーフェーブに取材をしましたので、悪い会社だとは思いませんでした。

ただ、これまでの実績などで比較するなら、どんなときもWiFiの方が圧倒的に実績があるという認識です。

料金で選ぶならMugenWiFiを選ぶのが妥当

MugenWiFi

まとめます。

MugenWiFi は、クラウドSIMに対応しているモバイルWiFiサービスで、ずっと月額3280円で使えるのが特徴です。

データ通信容量は無制限で、速度制限などもありませんから、ほとんどどんなときもWiFiと一緒のサービスといってOKです。

基本的には MugenWiFiどんなときもWiFi は、かなり似ているサービスです。

WiFiやインターネット回線の選び方について、詳しいわたしが細かく比較した感じでは以下の通りです。

どんなときもWiFiとの比較検証
  1. 料金 MugenWiFi が勝利
  2. 端末 どっちも同じ
  3. 通信 どっちも同じ
  4. 解約 MugenWiFi が勝利
  5. 補償 どんなときもWiFiが僅差で勝利
  6. 海外利用 MugenWiFi が僅差で勝利
  7. 運営会社 どんなときもWiFiが勝利

わたしが7つの項目で比較した感想をまとめるとこんな感じです。

つまり、わたしは

料金で選ぶなら、MugenWiFi を選ぶのが妥当だと思います。

ただし、できたばかりの会社で、サービス改訂したばかりなので、

信頼度というところでは、どんなときもWiFiと比較すれば、圧倒的に不安な要素が多いというのが率直な印象です。

MugenWiFi って大丈夫かな?

他にもっと良いWiFiサービスが無いかな?

と心配している人は、

現実的に料金で比較するなら MugenWiFi がおすすめ。

ただ実績や信頼度などを気にするなら、どんなときもWiFiが良いかも。

という感じです。

サービスの契約内容は11月8日に改訂されて良くなったけど、まだ実績が少ないですからね。

とはいえど、WiMAXと比較するぐらいなら、全然 MugenWiFi の方が良いと思いますよ。

U2s端末で無制限で速度制限がない

これからのMugenWiFi で、新たな動きや、気づいたことがあれば、ここに追記していきます。



どんなときもWiFiよりも...
よくばりWiFiがおすすめ!

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiよりも、
好条件で、しかも安く利用することができます。

だからわたしも使っています!

よくばりWiFiは、2019年9月に開始された新しいサービスです。

いまイチオシのモバイルWiFiサービスで、わたしも使っています!

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

MugenWiFi-U2s
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。