プログラミング学習の『エラー』の解決方法【teratailの登録は必須】

programming-error-solve

プログラミングの学習をはじめる人が多くなっていますが、書籍を読み進めているだけではスキルアップしません。

プログラミング学習では、何回もFatal error(致命的なエラー)を発生させて、その都度自分で解決できるようになることが、プログラミングスキルを伸ばす方法です。

見慣れない画面を見たら、絶好の成長のチャンスだと思って、冷静に対処しましょう。エラーの内容や、エラーが疑われる箇所がある程度特定できたら、基本的にググればわかるはずです。

プログラミング学習をしている人なら、teratailは絶対に登録しておきましょう。

プログラミング学習のエラーの解決方法

エラーの内容を特定しググる

programing_Fatal error Call to undefined function

この画面が出たら、わーっと叫んでしまいたくなる気持ちはわかりますが、落ち着いて読めば、すぐに解決できます。

Fatal error:と表示されているケースは、致命的なエラーという意味です。

Uncaught Error: Call to underfined functionと表示されているのは、定義されていない関数のファイルが読み込めないことや関数の記述が間違っているケースです。

よくあるのが『;』を最後に忘れていても、致命的なエラーが表示されます。

原因を特定するためには、一番最後に書かれている『post.php』ファイルの34行目が怪しいということが表示されているので、同様なケースをGoogleで調べれば、問題解決しやすいです。

programing_Parse error syntax error

Parse error:と表示されているケースは、構文のエラーという意味です。

syntax error,unexpected require onceと表示されているのは、予期しない要求がコードに書かれているというケースです。

よくあるのが、読み込むファイル名の記述ミスや、関数の記述ミスなどです。

これも、原因を特定するためには、一番最後に書かれている『post.php』ファイルの34行目が怪しいということが表示されているので、同様なケースをGoogleで調べれば、問題解決しやすいです。

Googleで調べるときには、エラーの内容を理解して、最後に書かれているファイル名の何行目ということさえわかれば、大体原因はは特定できます。

『エラー名 ファイル名 〇行目』などと検索してみてください。

ポイントはGoogleで検索することではなく、Googleの検索のやり方をマスターすれば、原因だけでなく、解決方法も理解できるようになります。

エラーを発生させたら、すぐに誰かに聞くのではなく、落ち着いてGoogleで検索するようにしてください。

Q&Aサイトを使う

Googleで検索しても、原因や解決方法がわからなかったら、ITエンジニアに特化したQ&Aサイトを使って、質問してみましょう。

teratail:ITエンジニアに特化したQ&Aサイト

WordPressフォーラム:WordPressに特化したQ&Aサイト

teratailは、初歩的な質問が飛び交っているので、プログラミングをはじめたばかりの人はお世話になるべきQ&Aサイトです。

WordPressフォーラムは、WordPressに特化したQ&Aサイトなので、ぜひ一度チェックしてみてください。

質問する時は、抽象的すぎると的確な回答をもらえません。

できるだけ詳しく、何がわからないのかを質問しましょう。

programing_teratail

たとえば『PHP Parse error: syntax error, unexpected (中略) prog.php on line 3』と表示されているので、構文エラーでprog.phpというファイル名の3行目でエラーが発生しているということがわかります。

それだけでなく、該当のファイルをそのままコピペして質問しているので、何が問題なのか、わかりやすいです。

» 参考:syntax error, unexpected が表示されますが、原因がわかりません。

一見問題なさそうですが、teratailで回答されていたのは、『全角スペース使っていませんか?』とか『最後の ?> は書かない方が良いよ』とかそういう回答でした。

これで問題解決したようです。

Googleで検索して、原因や解決方法がわからなかったら、Q&Aサイトを使ってみましょう。

teratailは初心者が活用すべきITエンジニアに特化したQ&Aサイトですから、登録は必須です。

まとめ

プログラミング学習のエラーの解決方法
  • エラーの内容を特定できるようになる
  • Q&Aサイトを活用できるようになる

プログラミングのエラーの解決方法ですが、初心者は何でエラーになっているのかがわからないことも多いです。

見慣れない画面を見たら、絶好の成長のチャンスだと思って、冷静に対処しましょう。

エラーの内容や、エラーが疑われる箇所がある程度特定できたら、基本的にググればわかるはずです。

Googleの検索スキルを高めましょう。

それでもわからなければ、teratailなどのQ&Aサイトを使って、質問してみてください。

あとは、これをどれだけ繰り返すかが重要です。

プログラミングでエラーを解決するのは、これを繰り返すことで問題解決スキルがあがりますし、さらに新しい知識が身についていきますよ。

わたしもこのようにして、勉強してきました。

Q&Aサイトを使うことは恥ずかしいことではないので、どんどん使っていきましょうね。

特に最近ではteratailを使って質問するのは当たり前になってきているので、プログラミングを学習している人は登録しましょう。無料で使えます。

それとQ&Aサイトで、回答いただいたら、御礼を忘れずにしてくださいね。

programming-unimprove

プログラミングスキルが伸びない人に共通する4つの原因

2019年3月10日
programming-error-solve

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です