WordPressのパスワードがわからなくてもconfig.phpは確認できる時の対処方法

WordPressのパスワードがわからなくてもconfig.phpは確認できる時の対処方法

WordPressサイトのユーザーパスワードを忘れてしまった時に、FTPソフトでサーバーに接続できれば、config.phpを確認して、データベースに記録されているWordPressのユーザーパスワードを変更することで、WordPressにログインすることができます。

ユーザーIDがわかれば、ユーザー登録時に設定したメールアドレスにパスワードをリセットする機能がありますが、何らかの理由でメールアドレスを利用できないこともあるでしょう。

今回は、メールアドレスが利用できなくなってしまった時に、config.phpを確認して、データベース情報を書き換えて、WordPressにログインできる対処方法を解説します。

WordPressのパスワードを確認する手順

config.phpでデータベースの情報を確認する

configphp

FTPを使って、config.phpを開くことができれば、データベースの情報を確認することができます。

具体的には、『MySQL データベースのユーザー名』と『MySQL データベースのパスワード』が該当します。

phpMyAdminでデータベースに接続する

エックスサーバーphpmyadmin

今回はエックスサーバーの管理画面からデータベースに接続する方法を解説します。

エックスサーバーの管理画面にログインして、データベースのphpmyadminをクリックします。

phpmyadminログイン

config.phpで確認した『MySQL データベースのユーザー名』と『MySQL データベースのパスワード』をコピペしてデータベースにログインします。

WordPressのデータベースはMySQLというものです。

データベースで『wp_users』を表示させる

データベース名をクリックし、データベースの『wp_users』というテーブルをクリックします。

そうするとこの画面になります。

https_phpmyadmin.xserver.jp

ユーザー名が確認できると思いますが、ユーザーパスワードについてはハッシュ化されているため、わかりません。

ハッシュ化とは暗号化のようなものです。

このように表示されているユーザーパスワードを新しく設定してしまえば、WordPressの管理画面にログインできるようになります。

パスワードを書き換える

この時に関数に『MD5』を選択して、『user_pass』の値に直接変更するパスワードを入力してみてください。

MD5 https_phpmyadmin-sv2146.xserver.

これができれば、あらためてWordPressのログイン画面で、ユーザーIDとユーザーパスワードを入力すると、管理画面にログインできます。

これができればWordPressレベルは中級以上

いかがでしょうか?意外と簡単ですよね。

このconfig.phpからデータベースへの接続情報を読みとって、データベースに接続して、パスワードを強制的に書き換えることができれば、WordPressレベルは初級ではなく中級以上だと思います。

これができれば、WordPressの仕事がもらえる可能性があると思いますよ。

WordPressの管理画面に入れなくなってしまった!という困っている人は意外と多く、そういう人を助けられれば、きっと頼られること間違いなしです。

実際わたしはこれまで、これをキッカケに、仕事を5件ほどいただきました!

config.phpには重要な情報が書かれていますので、ぜひ取り扱えるようにしてみてください。

WordPressのパスワードがわからなくてもconfig.phpは確認できる時の対処方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です