縦書き和風サイトにおすすめのWordPressテーマ2選

wordpress-theme

WordPressで温泉や旅館、日本料亭のサイトを制作するなら、縦書きができる和風っぽいテーマが良いですよね。

縦書きはHTMLやCSSの専門知識があれば実装できますが、はじめから実装されたテーマを使った方がかっこよくできると思います。

そんな人のために、縦書きができるWordPressの有料テーマを紹介します。

和風っぽいのWordPressテーマ

縦書き対応している『カダン』

カダンは、和風っぽいサイトのデザインにおすすめのテーマです。

テーマ名Kadan(カダン)
価格22,800円
レスポンシブ対応OK
日本語対応OK
おすすめ度

縦書きは、専門知識が必要なわけではなく、管理画面でシンプルに操作ができます。

カダン縦書きコンテンツ

すべてを縦書きにするのではなく、横書きとの絶妙なバランスで素晴らしい世界観を演出し、縦書きの使用ポイントを絞ることでより縦書きの美しさをより引き立てています。

もちろんパソコンだけでなく、スマートフォンでも和風っぽい縦書きを演出できます。

カダンスマホ対応

温泉や旅館、日本料亭のサイトにはおすすめです。

デモサイトをみれば、非常にイメージしやすいかと思います。

HTMLとCSSで縦書きを実装することはできますが、専門知識が必要でなかなか初心者には難しいです。

でもこのテーマを使えば、縦書きを有効に使うことができるので、和風っぽいサイトが簡単に作成できます。

『カダン』は、縦書きができる洗練されたWordPressのテーマですね。

デモサイトは詳細ページにあります

動画コンテンツをトップで設定できる『ミカド』

ミカドは、トップページで動画を設定できるテーマです。

テーマ名mikado(ミカド)
価格33,800円
レスポンシブ対応OK
日本語対応OK
おすすめ度

このテーマは、ヘッダーに言語切り替えボタンが標準設置されています。

ミカドテンプレ

マルチ言語対応があるので、多言語対応を検討しているなら、おすすめですね。

外国人向けにサイトを構築するなら、かなり使い勝手が良さそうです。

デモサイトをみれば、非常にイメージしやすいかと思います。

そしてスマホでも、かなりオシャレなのが良いと思いました。

『ミカド』は、スマホでも訴求力の強いWordPressのテーマですね。

デモサイトは詳細ページにあります

和風っぽいのWordPressテーマのメリットとデメリット

縦書きが簡単に実装できる

HTMLやCSSなどの専門知識があれば、縦書きはできなくはありませんが、初心者にはむずかしいでしょう。

縦書きのサイトを実装したいなら、今回紹介したテーマはおすすめです。

初心者がカスタマイズして無料テーマを縦書きにするのは、わたしの経験上ほぼ無理だと思います。

今回紹介したテーマは、WordPress初心者でも使いこなせます。

ぜひ使ってみてください。

縦書きでなければいけないというわけではない

このテーマは、コンテンツビルダーという機能が実装されていて、直感的にレイアウト変更ができるようになっています。

管理画面でいろいろレイアウト変更しながら、直感的に操作できるのは、初心者にとってうれしいですよね。

また和風っぽいサイトは、なかなかバランスをとるのが難しいですが、カダンには管理画面で細かく操作できるので、横書きだけでもかっこ良いサイトができます。

デメリットはまったくない

写真画像でサイトのイメージはかなり変わるので、他とそっくりなサイトにはなりません。

また温泉や旅館、日本料亭などを想定したテーマなので、和風っぽい演出をしたければ、カダンを使うのがおすすめです。

詳細情報やデモサイトをチェックして、検討してみてください。

WordPressのテーマ選びの参考になれば幸いです。

登録できない

【業種目的別】WordPressのおすすめ有料テーマテンプレート

2018年8月31日
wordpress-theme
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。