Googleアナリティクスでアクセス解析する4つの分析項目

Googleアナリティクスは、設定したら終わりではありません!

設定してからがスタートです!

Googleアナリティクスでアクセス解析をする目的をしっかりもちましょう。

西野ゆみ
Googleアナリティクスでは、どういう目的で見たら良いか分かりません!

今回も初心者に分かるレベルで教えてください!

藤本陽介
Googleアナリティクスでは、サイトのアクセス状況が一覧で確認できたり、リアルタイムのアクセス状況だってわかります。

アクセス分析は、今回紹介する4つの視点をもって分析しましょう。

今回は、Googleアナリティクスでアクセス解析する4つの分析項目を紹介します。

Googleアナリティクスで解析できること

Googleアナリティクスは無料で使えるのに、非常に多機能でさまざまな分析ができます。

サイトのアクセス状況が一覧で確認できる

googleanalyticsbasic6

この画面は、アクセス状況の概要を一覧で表示しています。

  • セッション:訪問数
  • ユーザー:訪問したユニークユーザー数
  • ページビュー数:何ページ閲覧されたか?の合計数
  • ページ/セッション:1訪問あたりのページビュー数
  • 平均セッション時間:平均滞在時間
  • 直帰率:1ページしか見られなかった割合
  • 新規セッション率:新規訪問者比率

これら概要を確認するだけでも、サイトの分析になります。

いまどれぐらいの人が見ている?か確認できる

googleanalyticsbasic7

この画面はリアルタイムのアクセス状況を表示しています。

まず、いまサイトのアクセス状況を計測できているのが確認できます。

また、このサイトには8人が閲覧しているのが分かります。

その8人が閲覧しているページがどのページなのかも分かります。

西野ゆみ
Googleアナリティクスって本当にすごいんですね!

リアルタイムのアクセス状況が確認できるなんて知りませんでした。

アクセス解析するときのポイントを教えてください。

Web担当者が絶対に知っておくべき4つの分析項目

①ユーザーの分析

訪れたユーザーがどのようなユーザーなのか、属性を調べることができます。

googleanalyticsbasic1

ユーザーがどのようなユーザーなのか、言語や地域、ブラウザ、オペレーションシステム、ネットワーク別でユーザーを把握することができます。

藤本陽介
上図は地域別で表示させています。このサイトは大阪から一番閲覧されているってわかります。ビックリです。

②訪問経路の分析

ユーザーがどのようにしてサイトに訪れたのか?訪問経路を調べることができます。

googleanalyticsbasic2

訪問のキッカケになった参照元が、何なのかわかります。

  • Organic Search:検索エンジンで検索した流入
  • Direct:URLを直接入力した流入
  • Referral:リンクからの流入
  • Social:ソーシャルネットワークからの流入
藤本陽介
検索流入が多いのが分かりますね。アクセスアップのために訪問経路をチェックします。

③行動の分析

サイトに訪れたユーザーはどんなページを見ているのか?どんな行動をしているのか調べることができます。

googleanalyticsbasic3

サイト内のどのページからどのページに行動しているのか、またページ毎にページのどのリックがクリックされているか?ページの表示速度がどれぐらいかかっているのか?などがわかります。

藤本陽介
上図のようなグラフで表示されると、ユーザーの行動が可視化できて、非常に参考になります。

④コンバージョンの分析

あらかじめ設定された目標に対して、どれぐらい達成されたか調べることができます。

googleanalyticsbasic4

目標の設定とは、単純にECサイトでの売上金額とかではなく、例えば指定したページの閲覧数を目標に設定したり、滞在時間を設定することができます。

藤本陽介
まずは滞在時間を3分に設定するなどして、目標設定と分析・検証を繰り返していきましょう。

Googleアナリティクスで、サイトの状況を確認するだけではダメです。

Googleアナリティクスでアクセス解析する4つの分析項目のまとめ

西野ゆみ
そういうことなんですね。

ただGoogleアナリティクスを見るのではなく、

  1. ユーザー
  2. 訪問経路
  3. 行動
  4. コンバージョン

4つの視点で分析しなければダメなんですね!

覚えておきます!

藤本陽介
Googleアナリティクスで分析するということは、これから改善して見やすいサイトにしたり、多くのユーザーにサイトを見てもらうために対応していかなければダメということです。

Googleアナリティクスの画面操作にも慣れていきながら、4つの視点は必ず持っておきましょう。

Web担当者なら必須ですよ。

Googleアナリティクスを使いこなしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
Googleアナリティクスでアクセス解析をする【完全ガイド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。