LAVIE Pro Mobile2019夏モデルのレビュー【スペックや選び方を解説】

NECの新商品の軽量パソコン『LAVIE Pro Mobile』をレビューしました。

LAVIE Pro Mobileは、公式サイトで購入すると、カスタマイズができます。

その際にどんな基準でカスタマイズすれば良いか、

実際にLAVIE Pro Mobileを使ってレビューした私が、

LAVIE Pro Mobileのスペックを分析して、カスタマイズの基準や選び方を解説します。

ディスプレイは13インチのみ

ディスプレイは13インチのみ

LAVIE Pro Mobileのディスプレイは、13インチのみです。

わたしが使っているMacBookAirは11インチで、違いは上記写真の感じです。

13インチというと、一般的なノートパソコンのディスプレイサイズなので、使い勝手は全く問題ないですね。

サイズは、ひとまわり違う感じです。

サイズ違い

自分のMacBookAirが汚すぎて、悲しくなります。

LAVIE Pro Mobileが欲しくなってしまいました!

MacBookAir11インチと比較すると、2センチほど違う感じでした。

ただ大きいという感じは全くありませんでした。

こんなに小さい

LAVIE Pro Mobileを片手に載せたら、こんなに小さいです。

小さくて薄くて、ノートパソコンとは思えない感じですね。

13インチでも全然OKな感じです。

キーボードは軽めでタイピングしやすい

LAVIE Pro Mobileキーボードは軽めでタイピングしやすい

キーボードは、とても打ちやすかったです。

キーのサイズや間隔は、非常に研究されているそうです。

タイピングの打音も、カチャカチャうるさいわけではなく、適度な反発音があって、良い感じでした。

どうやらキーには、『プレミアムUVコーティング』を施し、打ちやすさを追求しているそうです。

たしかに、普通のキーボードよりサラサラしている感があるので、軽く感じる気がしました。

1日1万文字をタイピングするようなWebライターには、このキーはおすすめな感じがします。

指紋認証が標準装備されている

指紋認証が標準装備されている

LAVIE Pro Mobileは、指紋認証が標準装備されています。

写真の右上のパワーボタンが、指紋認証の読みとりセンサーになっていました。

iPhoneの指紋認証と同じ感じですね。慣れればかなり重宝する機能です。

パスワード入力がいらなくなる指紋認証は、便利なだけでなく、セキュリティを強化する意味でもGoodですね。

Type-CやHDMI端子もある

ヘッドフォンジャック、SDカードスロット、Type-C、

LAVIE Pro Mobileの左側面には、ヘッドフォンジャック、SDカードスロット、Type-Cがありました。

HDMI端子、USB端子、Type-C

LAVIE Pro Mobileの右側面には、HDMI端子、USB端子、Type-Cがありました。

USB3.0 Type-Cに対応しているので、複数の周辺機器との接続も問題ありませんし、給電も速いのでGoodです。

またHDMI端子もあるので、モニターやプロジェクターへの接続も便利ですね。

色はグレーかゴールドかレッドを選べる

色はグレーかゴールドかレッドを選べる

LAVIE Pro Mobileは、グレー、ゴールド、レッドの3色展開です。

正式には、メテオグレー、フレアゴールド、クラシックボールドというカラー名らしいです。

色によって、スペックの違いはありません。

オフィスで使うなら、無難にグレーが良いと思いました。

CPUによって重量が違う

LAVIE Pro Mobileの最大のポイントは、軽いノートパソコンということですね。

ただ、LAVIE Pro Mobileの重量は、搭載するCPUによって重量が違います。

搭載CPUパソコンの重量
Core i3モデル783グラム
Core i5モデル873グラム
Core i7モデル941グラム

最軽量なのは、Core i3モデルの783グラムで、一番重たいCore i7モデルでも941グラムです。

ちなみに、軽量パソコンの重量がどのくらいなのかを比較しました。

パソコンのモデルパソコンの重量
MacBook(12インチ)920グラム
MacBookAir(13インチ)1350グラム
MacBookPro(13インチ)1580グラム
MacBookPro(15インチ)2040グラム

これをみればわかる通り、MacBookと同じ、

もしくは、それよりも軽いことが分かりますね。

スペック重視のCore i7だと941グラム

LAVIE Pro Mobileの購入を検討しているなら、できるだけスペックが高いモデルを買いたいですよね。

スペックを重視するなら、CPUは最新のものを選びましょう。

デスクトップパソコンなら、オンラインゲームを楽しむために、最新のCPUを載せたCore i9モデルがおすすめですが、現状ノートパソコンなら、Core i7モデルが良いと思います。

豆知識

MacBookProでも、CPUのデフォルトはCore i5ですが、最近Core i7も選べるようになっています。

CPUは新しいモデルが良いのですが、その分バッテリーの消費も激しくなるので、軽量化パソコンならバッテリーを意識した方が良いです。

LAVIE Pro Mobileの最軽量モデルは、Core i3モデルなんですが、正直スペックが低いと言わざる終えません。

いまの時代は、CPUはCore i7モデルがおすすめです。

LAVIE Pro Mobileは、CPUをカスタマイズできるので、Core i7を選びたいところです。

Core i7モデルの重量は、941グラムです。1キロを下回っています。

高スペックなパソコンを使いたい人には、Core i7モデルがおすすめですよ!

OSはWindows10のHomeかProを選べる

LAVIE Pro Mobile 夏モデルOS

OSは、Windows10のHomeかProを選べます。

これはHomeでも良いと思います。

だってWindows10はそもそも最新のOSで、Homeは個人ユーザーに向けて作られたシステムだし。

価格差は1万円です。

Proを使う人は、よりカスタマイズしたOSという感じで、Homeの上位版という感じではありません。

あえて大きな違いを私の視点で解説すると、

ProとHomeの違いは、Windowsのアップデートが自分のタイミングで選べることぐらいですね。

Windowsのアップデートなんて、2ヶ月に1度あるかないかぐらいだし。

という私はWindows10 Proを使っているんだけど…。

もちろん予算重視じゃなければ、Proで良いと思いますが、

予算重視ならここはHomeにして、他の機能(メモリとか)に予算を使うことをおすすめします。

メモリは16GBを選べる

LAVIE Pro Mobileのメモリは16GBを選べる

メモリは、4GB、8GB、16GBから選べます。

メモリ選びは、とても重要です。

というより、パソコンのスペックを体感しやすいパーツです。

メモリの力の見せ所
  • インターネット検索でタブをたくさん開く
  • 複数画面でブログの執筆や画像処理を同時にする
  • プレミアのような重たいファイルを使う

このような作業をするなら、メモリの大きさがキモです。

豆知識

メモリは、机の広さに例えられます。

メモリは、多ければ多いほうが良いです。多くて困ることはありません。

バッテリーの消耗は激しくなることも、他の機能を低下させることもありません。

ひとむかしのノートパソコンのメモリは、2GBや4GBが主流でした。

2019年に販売しているノートパソコンのメモリは8GBが主流です。

ちなみに、メモリを選び基準は以下の通りです。

推奨メモリのモデル
Microsoft Office
4GB以上
Adobe creative cloud8GB以上
PUBG(ゲーム)16GB以上

ノートパソコンに入れるソフトが決まっていれば、これ以上のメモリを積んだ方が良いです。

ただ同時に起動したりする場合は、本当にメモリが重要です。

エクセルやパワーポイントも、メモリが小さいと、落ちてしまうこともあります。

いまの時代はメモリを4GBを選ぶのはおすすめできません。

最低8GB、できれば16GBを選ぶことをおすすめします。

液晶かタッチパネルを選べる

LAVIE Pro Mobile 夏モデルメモリ

ディスプレイは、液晶かタッチパネルを選ぶことができます。

タッチパネルは、液晶より18,000円ぐらい高いです。

タッチパネルを使うことは、使いこなせば使いこなすほど、ほとんど無いと思うので、これは液晶でも良いと思いました。

ストレージは1TBを選べる

LAVIE Pro Mobile 夏モデルSSD

メモリは、128GB、256GB、512GB、1TBから選べます。

SSD(ストレージ)は、これは悩ましところです。

そもそもストレージとは記憶媒体のことで、写真や動画ファイルなどをパソコンに保存しておきたい人は、ストレージが大きい方が良いです。

ただ、いまの時代はクラウドサーバーを自分で借りれる時代です。

ドロップボックスなんて、月額400円で1TBが借りれちゃうわけですよ。

だから写真とか動画ファイルを保存する目的なら、外部のサービスを有効活用した方が良いです。

ひと昔のパソコンのストレージは、32GBとか64GBが主流でした。

Windows10を搭載するなら、最低でも30GBは必要です。

つまり128GBのストレージがあれば、パソコンとしては充分とも言えます。

ちょっと奮発できるなら、256GBが良いですね。ということで、SSDは128GBか256GBを推奨します。

もちろんお金がある人は、1TBのSSDを積んじゃってOKです。

ストレージはPCIe規格なのですごく良い

ストレージを語る上で重要なのは、規格の違いです。

LAVIE Pro Mobileで採用されているSSDは、PCIeという規格です。

これまでノートパソコンで一般的に使われてるSSD(SATA規格)より読み込みと書き込みが速いです。

他のノートパソコンだと、通常モデルはSATA規格で、最上位モデルだけPCIe規格というのもありましたが、

LAVIE ProMobileのストレージは、128GB、256GB、512GB、1TB、すべてPCIe規格です。

だから、ストレージは、かなりスペックとしては高いです。

この部分は、もっと注目されて良いと思います。

最大180度開く

最大180度開く

LAVIE Pro Mobileは、写真のように180度開くことが可能です。

360度までは開きませんでした。

こうやって180度開いてパソコンを使うことって無いと思いますが、一応写真に撮っておきました。

このブログ記事はLAVIE Pro Mobileで書きました

LAVIE Pro Mobile ブログ

実はこのブログ記事は、LAVIE Pro Mobileで書きました。

普段使っているパソコンではないので、はじめは戸惑いましたが、タイピングしやすいし、大きな画面で操作もしやすかったです。

あとトラックパッドも大きくて、とても使いやすかったです。

Windows派のブロガーなら、LAVIE Pro Mobileはマジで良いと思いました。

というか、わたしもすごく欲しくなりましたね。

LAVIE Pro Mobileの価格は16万円~21万円

LAVIE価格

LAVIE Pro Mobileは、16万円~21万円くらいな感じです。

参考までにスペックを少しいじった状態だと、こんな感じです。

液晶8GB Core i5 128GB  164,800円

タッチパネル8GB Core i5 128GB  177,800円

液晶16GB Core i7 128GB  184,800円

液晶16GB Core i7 256GB  189,800円 ←わたしが選んだモデル

タッチパネル16GB Core i7 128GB  202,800円

多分、人気があるのは、液晶8GB Core i5 128GBの164,800円のモデルだと思います。

高スペックな軽量パソコンなら、液晶16GB Core i7 256GB  189,800円のモデルが良いと思います。

公式サイトでカスタマイズのシミュレーションができるので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトは必ずチェックした方が良い

LAVIE Pro Mobileが気になった人は、公式サイトをチェックしましょう。

ポイント

液晶8GB Core i5 128GBの164,800円のモデルであれば家電量販店にあるはずなので、

公式サイトと比較して、安い方で購入した方が良いと思います。

ただ、CPUやストレージなどを自分仕様にカスタマイズする場合だと、

家電量販店ではできないので、NECの公式サイトで購入してください。

LAVIE公式サイト

公式サイトを見ればわかりますが、ナイトセールやクーポンなどがありますよ。

LAVIE公式サイトクーポン

パソコンは、型番によっても金額がかなり変わりますし、スペックを少し変更しただけで、数千円違ってきます。

LAVIE Pro Mobileは、『LAVIE Direct PM』というモデルです。

パソコン選びは値段より、スペックをしっかり選びましょう!

その選んだスペックのパソコンを安く買うには、こまめに情報をチェックすることだと思います。

公式サイトでは、クーポン情報など最新の情報が反映されているので、確認する価値はありますよ。

» NEC Direct(クーポンあり)

わたしがチェックした時は、14%オフになりました。

ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。