それがだいじWiFiはどんな人におすすめなのか?【他社WiFiサービスと比較しました】

それがだいじWiFi最新料金表

それがだいじWiFi は2019年11月に誕生しましたが、どんな人におすすめなのか?

似ている他社WiFiサービスと比較しました。

実際に運営会社のソリューションネットワーク株式会社に行って取材もしました。

それがだいじWiFiについて、詳しく解説します。

2020年3月31日追記

それがだいじWiFiの使い放題プランが、100GB保証プランに変更になりました。

ご注意ください。

それがだいじWiFi特別サイト

それがだいじWiFiとは

それがだいじWiFi最新料金表

それがだいじWiFiの特徴を簡単にまとめると以下です。

それがだいじWiFiの特徴

・端末はFS030W

・4つのプランから選べる

・契約期間は3年とちょっと長め

・ソフトバンク のキャリア回線を使える

・3日で10GBなどの速度制限は無い

・同時接続数は最大15台まで接続可能になっている

・国内だけの利用で海外では使えない

それがだいじWiFiと似ているWiFiサービスは ギガゴリWiFiネクストモバイルハッピーWiFiEXWiFiD3WiFi です。

これらは、それがだいじWiFi と同じFS030Wという端末をレンタルできるサービスです。

それぞれのWiFiサービスと比較して解説します。

それがだいじWiFiの端末

FS030Wという富士ソフトの端末

それがだいじWiFiの端末

それがだいじWiFiの端末は、『FS030W』という端末です。

メーカーは日本企業の富士ソフトです。

コンパクトサイズのルーターで、人気が高いです。

FS030Wの特徴

それがだいじWiFiの端末の特徴

FS030Wの特徴は、まとめると以下の通りです。

FS030Wの特徴

・バッテリーの持ちが良い

・同時接続台数が15台と多い

・液晶表示がある

大きな特徴は、上記の3点です。

他社WiFiの端末で人気なのはU2Sですが、それよりバッテリーの持ちが良くて、同時接続台数が多くて、液晶表示があります。

端末名FS030WU2s
端末イメージ
通信速度最大150Mbps最大150Mbps
バッテリー容量3500mAh3500mAh
持続時間約20時間約12時間
同時接続数15台5台

U2sをレンタルできるWiFiサービスで人気なのは、MugenWiFiやどんなときもWiFiやよくばりWiFiなどです。

FS030Wを使用した感想

わたしもFS030W使ったことがありますが、まったく問題無いです。

それが大事

個人的な見解は、FS030Wはかなりおすすめです!

コンパクトでバッテリーの持ちも良いし、やっぱり液晶表示があるのも良いです。

FS030Wは通信速度が遅いっていうウワサもあるけど、そんなのデタラメで、理論値はU2SもFS030Wも一緒です。

それがだいじWiFiの料金プラン

それがだいじWiFi料金表

それがだいじWiFiのプランは、データ容量別に4つ用意されています。

4つもあるから、ちょっとわかりにくいと思うけど、他の似ているWiFiサービスと比較表でまとめました。

サービス初期費用月額料金契約期間
それがだいじWiFi(20GB)3000円2380円(ずっと)3年
それがだいじWiFi(30GB)3000円2680円(ずっと)3年
それがだいじWiFi(50GB)3000円2980円(ずっと)3年
それがだいじWiFi(使い放題)3000円3180円(ずっと)3年
EXWiFi(50GB)3000円2980円(ずっと)3年
ネクストモバイル(20GB)3000円2400円→2900円2年
ネクストモバイル(30GB)3000円2700円→3200円2年
ネクストモバイル(使い放題)3000円3100円→3600円2年
ギガゴリWiFi(20GB)3000円2350円→2850円1年
ギガゴリWiFi(30GB)3000円2650円→3100円1年
ギガゴリWiFi(使い放題)3000円3050円→3500円1年
ハッピーWiFi(100GB)7960円3350円(ずっと)なし
ハッピーWiFi(300GB)7960円3980円(ずっと)なし
補足情報

それがだいじWiFiは2019年11月にサービス開始しましたが、2019年12月に料金改定をしました。

それぞれ300円ほど安くなっています。

上記で紹介している価格が最新のプランです。

それがだいじWiFiはずっと月額料金が変わらない

率直に言うと、1年目の月額料金だけを見ると、それがだいじWiFiより、ギガゴリWiFiやネクストモバイルの方が安いです。

実はカラクリがあって、ギガゴリWiFiとネクストモバイルは、2年目以降に料金が高くなります。

それがだいじWiFiは、ずっと料金は一緒です。

仮に、20GBプランがある、ギガゴリWiFiとネクストモバイルとそれがだいじWiFiを、3年契約をした場合の比較はこんな感じです。

サービス月額料金3年総額契約期間
それがだいじWiFi(20GB)2380円(ずっと)85680円3年
ネクストモバイル(20GB)2400円→2900円92400円
2年
ギガゴリWiFi(20GB)2350円→2850円96600円1年

それがだいじWiFiは3年契約なのでちょっと抵抗ありますが、ただ3年間使ったことを考えるとギガゴリWiFiやネクストモバイルよりも安くなります。

それがだいじWiFiの違約金は高いわけじゃない

参考までに解約違約金はこんな感じです。

サービス解約違約金契約期間
それがだいじWiFi1~36ヶ月目:9500円3年
ネクストモバイル12ヶ月以内:19000円
13~24ヶ月以内:14000円
25ヶ月以降:9500円
2年
ギガゴリWiFi12ヶ月以内:18000円
13~24ヶ月以内:8000円
25ヶ月以降:8000円
1年

それがだいじWiFiは3年契約ですが、12ヵ月以内に解約しても、解約違約金は9500円です。

思ったより低めに設定されているといったのが率直な感想です。

仮にネクストモバイルで解約月に解約できなかった場合と、それがだいじWiFiを12ヵ月以内に解約した場合の解約違約金が同額というのは意外ですよね。

※それがだいじWiFiは、端末を36ヶ月×1000円の分割購入のため、途中解約の場合は解約違約金以外に端末購入残額を一括支払いする必要があるので注意してください。

それがだいじWiFiは短期利用の人におすすめできない

それがだいじWiFiで注意しなければならないのは、短期間で乗り換える可能性がある人にとってはおすすめできないということです。

ギガゴリWiFiは、月額料金が2年目から上がるので1年契約が終わったら解約して他のサービスに乗り換えないともったいないです。

わざわざ1年で手続きをするのが面倒と感じるかも。

それがだいじWiFiは、短期間で乗り換える可能性があるならおすすめしませんが、長く使う前提なら月額料金は変わらないし、1年毎にムダな更新手続きをする必要もありません。

それがだいじWiFi特別サイト

それがだいじWiFiの運営会社

会社概要

それがだいじWiFiは、ソリューションネットワーク株式会社という大きな会社が運営しています。

本社は福岡なんですね。

それがだいじWiFi取材

実は、それがだいじWiFiからメールをいただき、実際にわたしが福岡に行って取材してきました。

それがだいじWiFi担当者

左)それがだいじWiFi営業責任者 宮谷様

ちなみに、それがだいじWiFiの取材風景は、YouTube動画で公開しているので、ぜひチェックしてください。

その動画でも解説していますが、それがだいじWiFiのサービス名の秘密を教えてもらいました。

それがだいじWiFiの名前の由来

社内会議で、月額料金を安くするのも大事だし、プランを選べるのも大事だし、長く安心して使えるのも大事だよね。

それならサービス名は『それがだいじWiFi』にしてしまおう!

という、想像通りのノリと勢いで決定したということが判明しました。

ちなみに、それがだいじWiFiの名付け親は、写真の宮谷様とのことです。

それがだいじWiFiのメリット

それがだいじWiFiのメリット

・端末(FS030W)は良い

・月額料金はずっと変わらない

それがだいじWiFiのメリットは、月額料金が安く、ずっと変わらないというところかと思います。

端末もFS030Wですし、個人的にはおすすめです。

それがだいじWiFiのデメリット

それがだいじWiFiのデメリット

・3年契約はちょっと長い

・途中でプラン変更できない

それがだいじWiFiのデメリットは、やはり3年契約というところだと思います。

3年契約というだけで、候補から外す人は多いと思います。

また意外と気づきにくいのが、途中でプラン変更ができないというところです。

例えば20GBプランだったけど、やっぱりもうちょっと使いたいから50GBプランに変更したい!という人は、一度解約して新たに契約する必要があります。

これは柔軟に対応してもらえたら良いですよね。

それがだいじWiFiを選ばない方が良い人とは?

無制限で月額料金が安いのが良ければ、MugenWiFiがおすすめです。U2Sで最安値です。

同じく無制限で人気の限界突破WiFiはスマホ型のルーターで、人気沸騰中です。

ただ、それがだいじWiFiも使い放題プランは、3年契約でずっと月額3180円ですから、かなり安いですよね。

それがだいじWiFiと非常に似ている、EXWiFiを選ぶメリットは個人的にないと判断しています。

またギガゴリWiFiとネクストモバイルも似ていますが、契約期間や月額料金が少し違うだけで、ほぼほぼ変わらないと思うので、

FS030Wが良いと思うけど、3年契約という契約期間のしばりが気になるなら、縛りが無くてFS030WがレンタルできるハッピーWiFiがおすすめです。

まとめると、それがだいじWiFiを選ばない方が良い人は、『途中解約する可能性が高い人』ですね。

最新のサービスが出たらすぐに乗り換えるような人には、それがだいじWiFiは、おすすめできない感じです。

それがだいじWiFiがおすすめな人は?

それがだいじWiFiがおすすめな人

3年契約でも良い人(長く使いたい人)

月額料金がシンプルなのが良い人

1年契約でバタバタしたくない人

これがあてはまる人は、それがだいじWiFiはおすすめです。

端末もFS030Wだし、月額料金も安いし、通信品質もソフトバンク回線だから、地下鉄などでも使えて便利ですよ。

注意点は3年契約ということだけです!

コラボ企画

ちなみに、それがだいじWiFiが当サイト限定でコラボキャンペーンをしてくれています。

月額料金が割引になるので、申込する人は、ぜひ活用してください。

それがだいじWiFi特別企画

これからのそれがだいじWiFiで、新たな動きや、気づいたことがあれば、ここに追記していきます。

2020年3月31日追記

それがだいじWiFiの使い放題プランが、100GB保証プランに変更になりました。

ご注意ください。

\今月のおすすめ情報はこちら/

どんなときもWiFiよりも...
限界突破WiFiがおすすめ!

限界突破WiFiはスマホ型端末で、マップや翻訳が標準搭載されています。

ドコモ回線やau回線もつかむことを確認済み

いまイチオシのモバイルWiFiサービスで、わたしも使っています!

申込が殺到しています!

それがだいじWiFi最新料金表
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。