それがだいじWiFiを最安値で契約する方法【ふじもんコラボ企画】

それがだいじWiFiは、ふじもんとのコラボ企画で申し込むのが、間違いなく最安値になります。

最新のU3端末が申込できます

それがだいじWiFi(旧プラン) は2019年11月に誕生しましたが、在庫切れのため新規申込は停止しています。

そんな中、クラウドSIMを使った 新しいプラン が2020年6月18日に開始されました。

この それがだいじWiFiの新プラン は、データ容量が無制限ではなく、150GB保証です。

また契約期間(契約縛り)は2年で、端末の返却はありません。

実際に運営会社のソリューションネットワーク株式会社の責任者に取材してきました。

データ容量無制限という表記をやめて、あえて150GB保証(現在は100GB)という表記にした経緯をまとめています。

2020年6月18日追記

旧プランのふじもんコラボは、終了しています。

また2020年6月18日に開始された、それがだいじWiFiとふじもんのコラボ(新プラン)のモバイルバッテリーは先着100名限定です。

ただモバイルバッテリーがなくなっても、初期費用1000円割引はあります。

ふじもんコラボページをぜひチェックしてください。

2020年7月17日追記

それがだいじWiFiの宮谷様から連絡をいただきました。

上限150GBが上限100GBに、プラン変更になるとのことです。既にご契約中の方は変更ありません。

昨今の仕入れ価格高騰により、この度、2020年8月よりプラン内容を以下のように変更する運びとなりました。
■変更点
・150GB保証プラン▶100GB保証プラン
・端末代金19,200円(税別)【800円×24回】▶24,000円(税別)【1,000円×24回】
・2年割 3,530円(税別)▶3,730円(税別) ※毎月の値引き額も増額となりますので、実質無料は継続致します。
・契約期間内の契約解除料 9,500円(税別)▶4,500円(税別) ※端末代金は増額となりますが、契約期間内の解約費用は実質値引きとなります。
その他、月額料金含め変更はありません。

それがだいじWiFiのポイント

それがだいじWiFiが2020年6月に新しくなった

左)旧プラン 右)新プラン

それがだいじWiFiの旧プランは、在庫が確保できず、新規申込を停止しています。

旧プランは、ソフトバンクのSIM(20GB、30GB、50GB、100GB)の4つのプランで、契約期間は3年、端末はFS030Wでした。

新プランは、クラウドSIMを使った150GB(現在は100GB)のプランで、契約期間は2年、端末はU2s、U3です。(U3は2020年9月から提供開始)

それがだいじWiFiの新プラン発表によるポイントをまとめると、

それがだいじWiFiの新プランのポイント

・クラウドSIMを使ったWiFiサービスだけど、データ容量は無制限ではない。

・契約期間は2年で、契約終了後に端末返却義務はない。

・新プラン発表時の取扱端末はU2sのみですが、順次U3を取り扱う予定。

無制限という表記ではなく、100GB保証と表記しているのは、

昨今のモバイルWiFi業界を知っている人ならわかると思うのですが、誠実にユーザーに向き合っている証拠です。

無制限や使い放題といった表記をせず、100GB保証という表記は、ユーザーに対して誠実な対応だと思います。

今後、ほとんどのモバイルWiFiサービスが、無制限や使い放題といった表現を、変更していくと思います。

他社WiFiサービスとのデータ容量や料金の比較

2020年6月18日時点で、申込ができるWiFiサービスをピックアップしました。

無制限といわれるモバイルWiFiサービスでも、1日5GBだったり月間150GBで速度制限があったりします。

WiFiサービス月額料金データ容量初期費用
それがだいじWiFi3250円月100GB3000円
※ふじもんコラボで1000円割引
ギガWiFi3250円100GB3000円
ポケモバクラウド3250円100GB3000円
BBN WiFi3250円使い放題
(実質150GB)
3000円
限界突破WiFi3500円無制限
(実質1日5GB)
0円

上記の表のとおり、ギガWiFi、ポケモバクラウド、BBNWiFiはほぼ一緒の条件で、サイト上では無制限と表記していますが、実質150GBで速度制限がかかります。

限界突破WiFiは、1日5GBで速度制限かかかることをサイトで公表しています。

ポイント

クラウドSIMを採用しているモバイルWiFiは、無制限や使い放題といった表記に騙されないでください。

実質、データ容量が無制限というのは、無いと思った方が良いです。

他社WiFiサービスとの解約違約金や端末返却比較

WiFiサービス契約期間解約違約金端末返却
それがだいじWiFi2年9500円
更新月0円
なし
ギガWiFi2年2年以内18000円
更新月0円
それ以降9500円
必要
ポケモバクラウド2年2年以内18000円
更新月0円
それ以降9500円
必要
BBN WiFi2年2年以内18000円
更新月0円
それ以降9500円
必要
限界突破WiFi2年2年以内18000円
更新月0円
それ以降5000円
なし

ギガWiFi、ポケモバクラウド、BBNWiFiは、解約違約金が高いです。

それに比べて、それがだいじWiFiの解約違約金は安く設定されています。

また、それがだいじWiFiは、端末の返却義務がないのも、良いですね。

比較結果

2020年6月に申込ができるWiFiサービスの中では、それがだいじWiFi がおすすめということになります。

さらにふじもんコラボで、最安値で契約できます。

それがだいじWiFi ふじもんコラボページ

それがだいじWiFiが無制限表記をやめた経緯

それがだいじWiFiが、なぜ『無制限』や『使い放題』といった表記をせず、『150GB保証(現在は100GB)』という表記にしたのか、ふじもんの独占インタビューです。

責任者が葛藤していた

責任者が葛藤していた

2019年11月にサービスを開始して、順調に多くのお客様に選んでいただいていたところ、リモートワーク急増や、他社の通信障害などで、新規申込が急増してしまったそうです。

ただデータ帯域の準備などが間に合わないどころか、安定的な仕入れができない状況になってしまったため、旧プランは撤退するか悩むレベルになってしまい、新たなプランを模索していたとのこと。

それが、『クラウドSIMを採用した』サービスということです。

ただ、やはりクラウドSIMを採用しているなら、無制限と謡うのが当たり前だと思っていたが、他社の通信障害やユーザーの声をチェックしても、このまま無制限でやることに疑問があったとのこと。

これまで提供していた それがだいじWiFi(旧プラン)の100GB保証プランのユーザーのネットの利用状況は、100GBギリギリ使っているという感じではないし、既存顧客の方は満足してそれがだいじWiFiを利用されていることからも、

ここでむやみに無制限と表記して他社と競争するよりも、150GB(現在は100GB)と目安を表記した方が良いのではないかと思っていたそうです。

ふじもんの話で決断した

ふじもんの話で決断した

2020年5月中旬に、宮谷様からふじもん宛に連絡をいただき、クラウドSIMを採用した新しいプランを検討していることを相談いただきました。

そこでわたしは、『無制限や使い放題といった表現は、ユーザーはアレルギー反応がすごいですし、逆に制限があると明示した方が絶対に良いですよ。』とお伝えし、

実質無制限を担保できないなら、他社にあわせることなく、率先して無制限という表記をやめて欲しい。とお願いしました。

これが決め手となり、それがだいじWiFiでは、150GB保証(現在は100GB)と目安を表記することで、末永くお客様に利用いただけるようなプランになりました。

契約期間の縛りも...

実は当初、それがだいじWiFiの新プランは、3年契約で話が進んでいました。

本当は『縛りなし』を実現してもらいたかったのですが、末永くお客様に利用してほしいということや端末返却なしなどの諸条件から、縛りなしはできないけど2年契約にして、これは他のWiFiサービスと比較できるようにしてもらいました。

ユーザーに誠実に対応することを約束した

ユーザーに誠実に対応することを約束した

いまのモバイルWiFi業界は、通信障害が発生しているにもかかわらず、顧客対応もひどい状況になっています。

通信障害については、あらゆる原因があるので、絶対に発生させないということは約束できないのは理解できるのですが、それでもできる限りの対策はしてほしいですね。

ふじもんからは、今後さらにモバイルWiFi業界には悪いウワサしかないけど、それがだいじWiFiについては、ユーザーに誠実に対応してください。とお願いしました。

これに対して責任者の宮谷さんは、写真のように握手して約束してくれました。

ぜひ約束を果たしてほしいです。

通信業界に対して思うこと

本当に無制限で使えるようなサーバーや通信回線が準備できるなら、ぜひ無制限のWiFiサービスとしてその時はレビューさせていただきたいですが、

そうではなく現状のクラウドSIMの環境しか準備できないなら、無制限や使い放題といった表記はやめて各社が適切な表現になってくれたら良いなと思います。

それがだいじWiFiがおすすめできない人

モバイルWiFi1台でオンラインゲームをしたい人

オンラインゲームは、データ容量を多く消費します。

ポケモンGoやドラクエウォークなどのような携帯アプリゲームであれば、そこまでデータは消費しません。

ドラゴンクエストウォークのクリアに必要なWiFiデータ容量を検証してみました

ドラゴンクエストウォークのクリアに必要なWiFiデータ容量を検証してみました

2019年10月27日

ただPCゲームはデータを大量に消費するので、それがだいじWiFiだけでやろうと思っている人は光回線を検討した方が良いです。

短期利用の人

それがだいじWiFiは、数ヶ月しか使わないといった人にはおすすめできません。

それがだいじWiFiは2年契約なので、2年未満で解約すると違約金(9500円)が発生します。

日割り清算を気にする人

気づきにくいポイントですが、それがだいじWiFiは申込月の日割り清算に対応はしていません。

月初に利用開始しても、月末に利用開始しても、初月の月額料金は3250円です。

ポイント

月初に申し込むか、申し込む際に備考欄に『翌月利用開始を希望します』と記入すれば、対応してくれます。

無制限でデータを使いまくる人

固定回線のように、ガンガンに大きいデータをたくさん使いたい人は、それがだいじWiFiはおすすめできません。

そもそも無制限でデータを使いまくる可能性がある人は、モバイルWiFiではなく光回線を検討した方が良いです。

注目の光回線サービス

それがだいじWiFiの運営会社

福岡にある大きな会社

会社概要

それがだいじWiFiの運営会社は、ソリューションネットワーク株式会社という、福岡に本社がある大きな会社です。

事業責任者はユーザーに誠実に対応すると約束している

それがだいじWiFi取材

実は、それがだいじWiFiからメールをいただき、実際にわたしが福岡に行って取材してきました。

それがだいじWiFi担当者

それがだいじWiFi責任者宮谷様 と ふじもん

ちなみに、それがだいじWiFiの取材風景は、YouTube動画で公開しているので、ぜひチェックしてください。

その動画でも解説していますが、それがだいじWiFiのサービス名の秘密を教えてもらいました。

それがだいじWiFiの名前の由来

社内会議で、月額料金を安くするのも大事だし、プランを選べるのも大事だし、長く安心して使えるのも大事だよね。

それならサービス名は『それがだいじWiFi』にしてしまおう!

という、想像通りのノリと勢いで決定したということが判明しました。

ちなみに、それがだいじWiFiの名付け親は、写真の宮谷様です。

問い合わせ電話は、専門のスタッフがされているそうですが、メール対応は宮谷様が回答することもあるそうです。

それがだいじWiFiのまとめ

それがだいじWiFiは、データ容量が100GB保証され、月額3250円で利用できるモバイルWiFiです。

無制限でモバイルWiFiを利用したいと思っている人にはおすすめできませんが、正直他のモバイルWiFiも実質無制限ではないので、しっかりとデータ容量の目安を明示しているWiFiサービスの方が、安心して使えると思います。

無制限と表記せず、150GB保証(現在は100GB)と表記するに至った経緯は、YouTubeでも公開しています。

動画の中でも紹介しているように、それがだいじWiFiとふじもんのコラボで、初期費用1000円割引か、モバイルバッテリープレゼント企画を開催中なので、ぜひ特設ページでチェックしてみてください。

ポイント

それがだいじWiFiが、今後もユーザーに誠実に対応してくれることを期待しています。

それがだいじWiFi ふじもんコラボページ

\おすすめはこちら/



当サイト特別クーポン
fujimon-smcp

事務手数料無料(全プラン対象)

FUJI Wifiのインタビュー動画でチェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。