FS040Wのレビュー【従来のFS030Wとの違いを比較しました】

FS040Wレビュー

2020年9月時点で FUJIWifi が、最新端末の FS040W を取り扱っているのでレビューしました。

ルーター端末のサイズや実測スピードなど、従来のFS030Wとの違いを解説します。

縛りがないWiFiサービス

FS040Wの端末スペック

FS040Wは、FS030Wの後継機です。

比較すると、端末サイズが違うのと、理論値の最大値新速度(ダウンロード)と、対応コネクタが違います。

製品名 FS040W FS030W
製造元
製造元 富士ソフト 富士ソフト
重さ 142グラム 128グラム
サイズ 76×76×19.6 74×74×17.3
バッテリー容量 3060mAh 3060mAh
連続使用 約20時間 約20時間
通信 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大通信速度 300Mbps 150Mbps
同時接続 15台 15台
対応コネクタ Type-C(USB3.0) microUSB(USB2.0)

FS040Wだけをもっても気づきにくいですが、FS030Wと並べてみるとサイズが若干大きくなっているのと、少しだけ重くなっているのがわかります。

FS040W-FS030W

表示される情報も少し違います。

あと高さ(厚さ)も2.3ミリほどFS040Wの方が厚いです。

FS040W-FS030W-connect

また対応コネクタが従来のFS030WはmicroUSBですが、FS040WはType-Cなので最新規格になっているところも注目ポイントです。

FS040Wはバッテリー給電可能

battely-FS040W

FS040Wはスマホと接続すると、スマホに充電ができるというモバイルバッテリー代わりにもなります。

ただし初期設定では、モバイルバッテリー機能はOFFになっているので、ONにしてください。

簡単にFS040Wのモバイルバッテリー機能をONにする方法を紹介します。

パソコンにFS040WのWiFiを使った状態でインターネット接続します。この時に有線で接続する必要はありません。

インターネットにつながっている状態で、「192.168.100.1」とブラウザに入力します。パスワードも求められるので「admin」と入力してください。

ルーターの設定画面にログインできるので、左メニューの『システム設定』>『充電設定』をクリックすれば、ONとOFFを切り替えることができます。

参考までにロングライフモードも初期設定ではOFF(無効)になっているのですが、ここでONにすることができます。

ロングライフモードは、FS040W自体のバッテリー残量が70%を切ったら充電され、70%以上であれば充電されないというものです。

バッテリーの電池パックを長持ちさせるための方法ですが、あまり必要性はないかと思います。

ということで、FS040Wは初期設定ではモバイルバッテリー機能は使えませんが、設定変更すればモバイルバッテリーにもなるので、参考にしてください。

FS040Wの実測調査

FS040W(ドコモ・au)とFS030W(ソフトバンク)の合計3台で、実測調査をしました。

いろいろデータサンプルが欲しかったので、池袋駅近くの池袋西口公園や、山梨県の昇仙峡という超山奥の山頂や、渓谷(谷)などでも計測しました。

昇仙峡の滝

端末 FS040W
ドコモ
FS040W
au
FS030W
ソフトバンク
ダウンロード 7.69Mbps 7.93Mbps 16.5Mbps
アップロード 1.18Mbps 0.09Mbps 1.16Mbps
ping値 51ms 42ms 84ms

計測データ上ではあまり変わりませんでした。

まわりが岩場だし、ちょうど谷になっているヶ所だったので、電波は拾いにくい環境だったと思います。

ちなみに、au(FS040W)のルーター端末のアンテナが、MAXではなかったです。

昇仙峡のロープウェイ

端末 FS040W
ドコモ
FS040W
au
FS030W
ソフトバンク
ダウンロード 12.7Mbps 3.56Mbps 40.9Mbps
アップロード 1.90Mbps 0.35Mbps 13.0Mbps
ping値 105ms 50ms 57ms

昇仙峡のロープウェイ乗り場の売店で計測しました。

ソフトバンクだけが圧倒的に速かったです。

auに関しては、かなり遅かった感じです。

この場所(昇仙峡のロープウェイ)は、大型バスも駐車できるような場所ですし、まわりは結構開けているので、電波は拾いやすい環境だと思うのですが、田舎だとauは弱いのかもしれません。

昇仙峡の山頂

端末 FS040W
ドコモ
FS040W
au
FS030W
ソフトバンク
ダウンロード 19.1Mbps 1.73Mbps 3.58Mbps
アップロード 15.4Mbps 1.62Mbps 0.45Mbps
ping値 36ms 163ms 74ms

ここではドコモだけが圧倒的に速い感じでした。

auはドン詰まりしているような計測結果で、ソフトバンクもかなり遅い結果でした。

山頂には携帯の基地局らしきものがあったので、もう少し速いと思っていたのですが、ちょっと期待外れでした。

池袋西口公園噴水広場

端末 FS040W
ドコモ
FS040W
au
FS030W
ソフトバンク
ダウンロード 9.19Mbps 3.19Mbps 8.33Mbps
アップロード 19.9Mbps 6.25Mbps 16.8Mbps
ping値 37ms 31ms 103ms

都内に戻って、池袋駅の西口にある噴水広場で平日の20:30頃に計測しました。

正直どれも同じぐらいの感じですが、ちょっとauが遅いかな?という気がします。

ここにいる人たちのほとんどが、スマホ操作していたことからも、回線は混雑していたと思います。

とはいえど、ブラウジングした感じでは、ドコモでもauでもソフトバンクでも、体感は変わらない感じでした。

resarch-speed

今回、FS040WのドコモとauはFUJI Wifiでレンタルし、FS030WのソフトバンクはハッピーWiFiでレンタルしたものを利用しました。

FUJI Wifiでレンタルできるドコモとauは、BIGLOBEの回線をつかんでいたと思われます。

純粋なキャリア回線ではなく、格安SIMの回線をつかむことに対して、いろいろ意見があると思います。

ただわたしが知っている知識でいえば、BIGLOBE au回線は、WiMAXのオプションであるau 4G LTE回線と同じはずです。

この回線は、4G回線なので、3G回線はつかめないはずなんですよね。

つまり3G回線が重要なエリアに行けば、ちょっとシンドイ結果になるはずです。

今回の実測調査で、これが確実に実証できたわけではありませんが、都心部ではない田舎で利用するなら、FUJI Wifiのauはおすすめできないかなというのがわたしの率直な感想です。

また、FS040Wの使用感については、FS030Wとあまり変わらないと思いました。

FS040Wは新しい端末なので、バッテリーの持ちは良かったという感じで、悪くはなかったですが、すごく良かったという感じもしませんでした。

個人的には、FS040WでもFS030Wでも良いな。

ただどっちが良いかと言ったら、新しい方が良いはずなので、FS040Wの方が良いかな。という感じです。

FS040Wのまとめ

FS040Wは、FS030Wの後継機ですが、驚くほどの進化は感じませんでした。

もちろん機能的には、スペックはアップしていますが、サイズが大きくなっているし、ちょっと重くなっているし、実測調査でもあまり変化は感じられませんでした。

FS030Wと比較して
  • FS040Wは大きくなった
  • FS040Wは少しだけ重くなった
  • FS040Wのコネクタはtype-Cになったので便利になった
  • FS040Wはモバイルバッテリー機能があるけど初期設定は無効になっている
  • FS040Wだからといって通信速度は速くないと思った

率直にコネクタがtype-Cになったのが良いなと思いましたけど、それ以外はFS030Wとあまり変わらないという感じです。

とはいっても、FS030Wの方が良いということではないので、FS040WとFS030Wだったら、FS040Wをおすすめします。

2020年9月時点で、FS040Wを取り扱っているのは、 FUJIWifi です。

担当者に聞いたところ、レンタルWiFi事業者でFS040Wを取り扱っているのは、FUJIWifiだけらしいです。

気になる方は、 FUJIWifi のサイトをチェックしてみてください。

縛りがないWiFiサービス

\おすすめはこちら/



当サイト特別クーポン
chat-r200-fuji

4,480円→4,280円(毎月200円割引)

ChatWiFiYouTube動画でチェックしてみてください。

FS040Wレビュー
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。