キャノンMB2730のインクを強制的に交換する方法

MB2730インク強制交換

キャノンのプリンター『MB2730』では、インクが無くなっているにもかかわらず、インク交換ができない現象が発生するようです。

インターネットで調べましたが、インク交換ができなくて、諦めている人がすごく多かったです。

わたしが故障しても良いと思って挑戦したら、簡単に交換できました。

キャノンのMB2730のインクを強制的に交換したい人は、ぜひ参考にしてください。

カスタマーサポートではインクは強制交換できないと説明されます

カスタマーサポートに問い合わせすると、MB2730はインクの強制交換はできないと案内されます。

わざわざ郵送して対応してもらっても、18,000円以上の有償対応になると案内されますよ。

ということで、

壊れてもいいや!

という前提で、わたしはやりました。

インクが交換できない現象

どうやらこの現象は、純正のインクを使わなかった場合に発生する現象のようです。

MB2730はインク残量がゼロになった場合のみ、インク交換ができる仕様になっています。

インクはキャノン純正のものを使った方が良いかもしれませんね。

ちなみに、同じような現象で、悩んでいる人は多くいました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14152364549

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14191885579

こんなに困っている人が多いのに、インクの強制交換の方法を教えてくれないなんて、ちょっと残念ですね。

MB2730のインクを強制的に交換する方法

MB2730のインクを強制的に交換する方法
  1. MB2730の電源が入っている状態でコピーをする
  2. 印刷中(インクを使っている状態)でコンセントを抜く
  3. MB2730のフロントカバーをひらく
  4. インクのつまみを下にさげてインクを引き抜く 参考画像①
  5. 新しいインク(できれば純正インク)を挿入する 参考画像②
  6. MB2730の電源を入れて動作確認する 参考画像③

この方法でやれば、強制的にインクを交換できます。

ポイントは、非常に見えにくいですが、インクの上に隠れているつまみを下にさげることです。

これができれば、インクは外れます。

インクのつまみを下にさげてインクを引き抜く

参考画像①インクのつまみを下にさげてインクを引き抜く

問い合わせサポートでは、このつまみの存在を教えてくれませんでした。

でもこのつまみが、インクを固定しているので、これをなんとか下にさげればOKです。

新しいインク(できれば純正インク)を挿入する

参考画像②新しいインク(できれば純正インク)を挿入する

こうなれば、あとは普通にインクを設置するだけです。

MB2730の電源を入れて動作確認する

参考画像③MB2730の電源を入れて動作確認する

さっきまでインクの上に『?マーク』が表示されていましたが、

電源を入れてインクレベルをチェックしたら、問題なくインクの残量を認識していました。

故障の可能性もあるので注意してください

この方法で、わたしはプリンタのインクを交換することができました。

『純正のインクを使わないと、インク残量を認識しない可能性がある。』

というのは、なんともバカバカしいし、

『問い合わせセンターはインクを強制的に交換することはできない。』

と説明するのも、ムカつきますね。

とはいえど、今回紹介した方法は、わたしが成功したインクの交換方法なので、

この方法による故障の可能性もありますので、充分お気をつけください。

MB2730関連商品

キャノンMB2730本体

キャノン純正のインク

※この純正のインクを使いましょう。

特にブラックが、純正品でないと、通常通り交換できない可能性が高いです。

わたしが使っていた互換性があるインク

これは純正のインクではなく、互換性のあるインクです。

Amazonで安いから思わず購入して使っていましたが、いざという時に後悔することもあります。

参考になれば幸いです。

MB2730インク強制交換
スポンサードリンク

1 個のコメント

  • MB5130でも同じ現象がおきてインク交換ができませんでしたので、この方法を試してみました。
    無事交換できました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ふじもん

    Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。