ゴミ箱のデータを無料で復元できました【Recoveritの使用方法を解説】

ゴミ箱のデータを無料で復元できました

Recoveritというデータ復元ソフトを使えば、SDカードに保存していた写真画像を復元できます。

わたしも実際に使ってみましたが、無料でゴミ箱のデータを復元することができましたよ。

今回は、データ復元ソフト『Recoverit』を使って、データを復元する方法を解説しました。

ぜひ参考にしてください。

Recoceritでデータを無料で復元できる条件

復元できるデータの種類

Recoveritで復元できるデータは、パソコンやSDカードに保存できるようなデータです。

復元できるデータ
  • ワード、エクセル、パワーポイントといったファイル
  • JPGやPNGなどの画像データ
  • MP4やMOVなどの動画データ
  • MP3などの音楽データ

あとはメールなども復元できます。

recoverit復元できるデータの種類

復元できないことがあるとすれば、データを紛失してから、その場所を上書きしてしまった場合などです。

ちなみに、Recoveritを使えば、これらのデータは無料で復元できます。

ただし注意点は、紛失したデータの大きさが100MBを超える場合は、有料ライセンスが必要になります。

復元できるデータの紛失場所

Recoveritで復元できるのは、パソコンのゴミ箱だけではなく、CフォルダやDフォルダ、そして外付けのHDDやSDカードなどでも復元することができます。

recoverit復元できるデータの紛失場所

どこでデータを紛失したかわからない場合は、すべてをスキャンして探せばOKです。

だいたいは、CドライブかDドライブ、あとはゴミ箱をスキャンすれば、紛失したデータが見つかると思います。

ただし注意点は、パソコンの電源が入らなくなってハードディスクにアクセスができる場合など、特殊な場合は有料ライセンス(Recoverit Ultimate)が必要になります。

Recoceritでデータを無料で復元する手順

Recoverit Free版をインストールする

公式サイトから、Recoverit Free版をダウンロードし、インストールしてください。

» Recoverit Free版 ダウンロードページ

注意点
Recoverit 製品版のページからダウンロードして、インストールすると、無料で復元ができません。

この製品版ダウンロードページから、インストールした場合は、有料ライセンスを購入しないと復元できない仕様になっており、無料でやろうとしてもプレビューまでしかできません。

» Recoverit 製品版 ダウンロードページ

これにハマってしまっている人がかなりいるようなので、注意してください。

recoverit日本語

日本語対応しているので、画面に表示される内容どおりに操作すればOKです。

Recoverit Free版を起動しスキャンする

Recoverit Free版を起動して、データを紛失したところを指定してスキャンしてください。

Recoverit Free版を起動しスキャンする

ゴミ箱を空にしてしまった場合は、ゴミ箱を指定すればOKです。

これをダブルクリックすれば、スキャンが始まります。

このスキャンは速ければ5分くらいでスキャンが終わりますが、スキャン対象のデータが多い場合は数時間かかることもあります。

あとはパソコンのスペックも関係しているっぽいです。

Recoverit Free版を起動しスキャン結果

ちなみに、わたしはMac Book Airでスキャンしたところ、スキャン対象がすごく多かったようで、6時間もかかりました。

補足

ちなみにライセンスを購入してアップグレードすれば、数十秒レベルでスキャンが終わります。

無料版と製品版のスキャンするプログラムは、違うと思います。

無料版でうまくいかない場合でも、製品版を使えば、うまくいくことがあるようなので、状況にあわせて判断してください。

紛失したデータの復元先を指定する

紛失したデータの復元先を指定する

紛失したデータがスキャンして見つかったら、そのデータを復元しましょう。

復元する場所は、元々あったデータ保管場所ではなく、他の場所を指定します。

これは、元々あった場所を指定すると、うまく復元できない可能性が高くなるからです。

一番いいのは、外付けのハードディスクとかですね。

まったく関係のないところを指定して、データを復元するのが、いちばん確実な方法です。

うまく復元できない可能性が高くなる

これについては、復元する際に、画面でも案内されるので、よく読んで復元してください。

Recoceritで無料で復元できない基準

無料で復元できない時は

動画の場合は、100MB以上のデータのはずなので、動画を復元したい場合は製品版を使いましょう。

参考までに、100MBデータの容量は、以下のような感じです。

データ容量の目安
  • 作り込んだPhotoshopデータ 19MBくらい
  • 1ページのみのエクセルファイル 0.022MB(22KB)くらい
  • 1ページのみの白黒PDFファイル 0.059MB(59KB)くらい
  • iPhoneで撮影した写真画像1枚 2MB~7MBくらい
  • ビデオカメラで撮影したHD動画(10秒) 68MBくらい
  • 編集済みのHD動画(25分) 1917MB(1.9GB)くらい

つまり動画データでなければ、だいたい無料で復元できると思います。

数分の動画データを紛失してしまったら、有料ライセンスを購入しましょう。

といっても、たった5,980円です。

5,980円でデータを復元できるなら、安い感じもしますね。

Recoceritで復元する方法がわからなくなったら

recoveritは、ライブラリーが充実しています。

削除したパワーポイントを復元する方法の紹介

例えば、パワポを復元したい時に、どうやったら良いか分からなくなったら、公式サイトでチェックしてみてください。

https://recoverit.wondershare.jp/file/delete-powerpoint-recovery.html

こちらのページで見ればわかるように、かなり丁寧に解説してくれています。

他にも、いろいろ解説してくれているので、操作方法がわからなくなったら、公式サイトの『操作ガイド』などをチェックしてみてください。

Recoveritの有料ライセンスはAmazonで購入すると損をする

Recoveritのプランは、『Free(無料)』と『Pro(プロ)』と『Ultimate(アルティメット)』の3つがあります。

recoveritプラン表

この表は、公式サイトにもあるので、最新の情報を確認してください。

ちなみに、Recoveritのライセンス購入は、Amazonでも可能のようなのですが、料金が高かったです。

RecoveritAmazon

公式サイトでProを購入すると5,980円ですが、Amazonでは7,980円と2,000円も高いです。

もし有料ライセンスを購入する時は、公式サイトで購入した方が安いと思うので、注意してください。

まとめ

データを紛失したことは、わたしもあります。

データを紛失してしまったら、復元するのは非常に難しいと思われていますが、

今回紹介した復元ソフトを使えば、すごく簡単に復元できるかもしれません。

データを紛失したら、焦ってしまうかもしれませんが、冷静になって対処してくださいね。

今回紹介した復元ソフトを使っても、100%データを復元できると言うわけではありません。

データの復元に失敗する場合に多いのは、データを紛失した保管場所に、新たなデータを保管して上書きしてしまった場合です。

この場合は、データの復元成功率が、かなり低くなるようですよ。

だから、データを紛失してしまったら、焦るのはダメです。

データを紛失した時のために、recoverit Free版 を一度使ってみてください。

もしあなたの大事な人が、パソコンでデータ紛失したら、困ると思うのですが、

そんな時に、あなたが、サササッと助けてあげたら、めちゃめちゃヒーローになれるかもしれませんよ!

今回紹介したRecoveritは、そんなチャンスがある神ソフトです。

気になったらチェックしてみてください

Recoveritの使い方は、動画でもまとめました。

もし詳しくチェックしたい人は、動画もご覧ください。

ゴミ箱のデータを無料で復元できました
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。