よくばりWiFi と どんなときもWiFi を比較しました【料金は最安値だったよ】

よくばりWiFiとどんなときもWiFiの比較

最近レンタルWiFiサービスがたくさん誕生していますね。

今回レビューするのは2019年9月にサービスを開始した よくばりWiFi というサービスです。

よくばりWiFiどんなときもWiFi をかなり意識しているようで、非常に似ているサービスですが、月額料金や海外利用では、条件をうわまわっていることが分かりました。

そう、料金はどんなときもWiFiより安いです!これはかなり良いサービスかもです!

わかりやすく解説するために具体的に、料金、端末、通信、解約条件、補償、海外利用、運営会社の7つの項目毎に解説します。

よくばりWiFi について、知りたい方はぜひチェックしてください。

よくばりWiFi を簡単に紹介すると

よくばりWiFiを説明すると

よくばりWiFi は、ソフトバンク回線が無制限で使えるモバイルWiFiサービスです。

データ通信容量は無制限で、速度制限などもありません。

そして、月額3450円で、端末補償プラン(380円)に同時加入すると、最大2ヶ月も無料になります。

契約期間は2年契約です。

24ヶ月の総額で計算すると どんなときもWiFi より、8,060円も安いです。

つまり結論からいうと、業界最安値というのは、事実でした。

どんなときもWiFi と非常に似ているWiFiサービスですが、細かく分析すると、違いもあります。

具体的に7つの項目毎に解説しますね。

よくばりWiFi の料金プラン

よくばりWiFi の料金プランは、2種類あります。

よくばりWiFi料金プラン2種類

わたしがおすすめするのは24ヶ月レンタルの月額3,450円のプランです。

1ヶ月レンタルの月額4,880円のプランは、契約の縛りはありませんが、割高なのでおすすめできません。

契約の縛りが無いWiFiサービスを探しているなら、データ容量が100GBですが、月額3350円で使える ハッピーWiFi なんてサービスもありますから、ぜひ参考にしてみてください。

1ヶ月レンタルの月額4880円のプランも、24ヶ月レンタルの月額3,450円のプランも、初期費用は3,800円と共通です。

わたしは、24ヶ月の月額3,450円のプランがおすすめです。

その理由は、最大2ヶ月無料になるからです!

よくばりWiFi2ヶ月ゼロ円キャンペーン

このプランがどれだけすごいのか、どんなときもWiFiと比較しますね。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
契約期間2年2年
月額料金3450円3480円
2年目以降料金3450円3980円
初期費用3800円3000円
端末費用0円0円
端末補償380円400円
2年総額88060円96120円
支払方法クレジットカードのみクレジットカードが口座振替
※1

超大事なところなので、しっかりと計算式で解説します。

よくばりWiFiの料金明細

補償なし:月額3450円×24ヶ月+初期費用3800円=86,600円
補償あり:(月額3450円×24ヶ月=82,800)+初期費用3800円+(380円×24ヶ月=9,120)-(3450円×2ヶ月=6,900)-(380円×2ヶ月=760)=88,060円

どんなときもWiFiの料金明細

補償なし:月額3480円×24ヶ月+初期費用3000円=86,520円
補償あり:(月額3480円×24ヶ月=83,520)+初期費用3000円+(400円×24ヶ月=9,600)=96,120円

どんなときもWiFiは2年総額で96,120円ですが、よくばりWiFiは2年総額で88,060円です。

なんと8,060円も安いです。

しかも、どんなときもWiFiの月額料金は、2年契約が終わった後には、500円高くなりますが、よくばりWiFiはそのまま永久定額です!

※1 ちなみに どんなときもWiFi は、口座振替もできますが、その場合は月額料金が3980円で、2年目以降の月額料金は4480円になります。

よくばりWiFiの料金プランは、2年目以降も変わりません。

初期費用も0円なので、ものすごくシンプルでわかりやすいというのが特徴ですね。

ただわたしが思うに、2年以上使うことは無く、契約期間の2年がきたら、新しい機種に変えたりサービスを乗り換えた方が絶対に良いと思うので、原則的に2年間使った場合を比較しました。

率直な感想は、よくばりWiFi は後発サービスなので、完全に どんなときもWiFi を意識した料金プランにしたな。と思いました。

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiより、少しだけ安いのではなく、かなり安くしています。

ちなみに先日レビューした 限界突破WiFi も、端末補償をつけると96,000円です。

よくばりWiFiが業界最安値という表

それ以外にも、料金を比較すると、よくばりWiFi が安く設定されているのがわかります。

わたしの認識では、
D社:どんなときもWiFi
U社:UQWiMAX
Y社:ワイモバイル
N社:NextMobile
です。

よくばりWiFiの料金は、業界最安値といって、間違いありませんでした!

よくばりWiFi公式サイト

よくばりWiFi の端末

よくばりWiFi端末

よくばりWiFi の端末は、U2sというモバイルルーター端末です。

端末については、まったく一緒です。

どちらが良いということでもありません。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
端末イメージよくばりWiFiどんなときもWiFi
端末名U2sU2s
バッテリー容量3500mAh3500mAh
持続時間約12時間約12時間
同時接続数5台5台

バッテリー容量や、同時接続数も、どんなときもWiFiとまったく一緒です。

よくばりWiFi の通信品質や通信速度

よくばりWiFi計測結果

よくばりWiFi の通信回線は、日本国内だとソフトバンク回線を利用します。

そして海外ではクラウドSIMの技術を使って、一番良い回線を選択して、利用します。

どんなときもWiFiの通信回線は、日本国内も、海外も、クラウドSIMです。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
国内通信回線ソフトバンク回線クラウドSIM
データ容量無制限無制限
速度制限なしなし
海外通信回線クラウドSIMクラウドSIM

日本国内では、データ通信容量は無制限で、速度制限などもありません。

ちなみに、2019年10月時点では、どんなときもWiFiのクラウドSIMは、ほとんどの場合ソフトバンク回線を選択して利用しています。

よくばりWiFi もどんなときもWiFiも、通信回線は一緒と考えて問題ありません。

ソフトバンク回線のサービスエリア

ソフトバンクの通信エリアは、ソフトバンクの公式サイトで公開されているので、ご自身の生活エリアをチェックしてみてください。

モバイルWiFiで有名なWiMAXは、データ容量は無制限ですが、3日で10GB以上を使用すると、速度制限がかかるのが弱点です。

そして、WiMAXはビルや地下鉄に非常に弱いというのも弱点です。

これを解決したのが、どんなときもWiFiだったので、いまモバイルWiFiサービスでどんなときもWiFiが人気なのです。

つまり、通信速度や通信品質については、よくばりWiFi もどんなときもWiFiも、一緒と考えてOKです。

だから、WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換えていた人が、これからはWiMAXから乗り換える候補は、どんなときもWiFiだけではなく、よくばりWiFiも候補に充分になりえるということですね。

どんなときもWiFiが、いま人気なのは、データ容量が無制限なのに、速度制限がないというのが理由です。

渋谷で計測しました

そして渋谷駅での計測結果を比較しました。

渋谷駅前ダウンロード速度アップロード速度ping値
WiMAX9.20Mbps43.80Mbps217ms
どんなときもWiFi12.18Mbps5.12Mbps42ms
よくばりWiFi18.87Mbps11.84Mbps31ms

過去にWiMAXやどんなときもWiFiを計測したので、それと比較すると悪くない数値でした。

むしろ よくばりWiFi が一番良い結果でした。

よくばりWiFi の通信は、まったく問題ないと断言できます。

よくばりWiFi の解約条件

よくばりWiFi の解約は、2年以内だと18000円の解約違約金が発生します。

解約条件は、どんなときもWiFiと似ていますが、解約違約金が低く設定されています。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
解約違約金12ヵ月未満:18000円
24ヶ月未満:12000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
12ヵ月未満:19000円
24ヶ月未満:14000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
契約更新月1ヶ月間1ヶ月間

最近のモバイルWiFi業界の流れは、契約期間が無い(=解約違約金が無い)のが主流になりつつあったのですが、よくばりWiFiも、どんなときもWiFiと一緒であえて契約期間を2年に設定しています。

そして、細かく解約条件を調べました。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
返却必須端末本体
USBコード
取扱説明書
端末本体
個装箱
返却任意USBコード
ストラップ
取扱説明書
端末返却翌月10日までに返却
※確認しました
翌月10日までに返却
機器損害金18000円18000円
解約時の端末返却は、解約した翌月の5日までに返却しなければならなかったのですが、11月1日に『翌月10日までに端末を返却する』と改訂することをカスタマーサポートスタッフに教えていただきました。

利用規約は11月1日に差し替えされるそうです。

個人的に思ったのは、完全に どんなときもWiFi をライバル視していると感じました。

解約条件は、細かい違いはありますが、ほとんど一緒です。

よくばりWiFi の補償

よくばりWiFi の端末補償は月額380円です。

よくばりWiFi補償申込条件

よくばりWiFi の重要事項説明をしっかりチェックしました。

よくばりWiFi重要事項説明_端末補償

補償内容は、どんなときもWiFiの補償とほぼ同じですが、料金はよくばりWiFiの方が20円安く設定されています。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
補償料金月額380円月額400円
補償内容端末の故障
水没による故障
※盗難による補償なし
端末の故障
水没による故障
※盗難による補償なし
加入義務初月含め義務なし初月含め義務なし

僅差ではありますが、補償条件は よくばりWiFi の方が上回っていますね。

どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、補償プランへの加入は必須ではありません。

ただ料金プランでも解説しましたが、よくばりWiFiは、補償プランに加入すると、月額料金が最大で2ヶ月無料になります。

このような補償プランに加入することが多い人は、絶対にどんなときもWiFiより、よくばりWiFiを選んだ方が良いですね。

補償については、よくばりWiFi の方が好条件です。

よくばりWiFi公式サイト

よくばりWiFi の海外利用

よくばりWiFi は、海外でも利用することは可能です。

113ヵ国に対応しています。

海外での利用料金は、どんなときもWiFiと一緒で、月額料金以外に必要になります。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
利用可能エリア合計113ヵ国合計107ヵ国
エリアA1日1250円
(データ1GB)
1日1280円
(データ1GB)
エリアB1日1850円
(データ1GB)
1日1880円
(データ1GB)

よくばりWiFiが113ヵ国に対応しているのに対して、どんなときもWiFiは107ヵ国に対応しています。

こう見ても、よくばりWiFi の海外利用条件は、どんなときもWiFiをうわまわっている感じです。

ただここは言っておきたいのですが、両方ともの外利用の料金プランはすごいです。

例えば、海外WiFiサービスで最も有名な イモトのWiFi は1日2000円ぐらいしますし、日本の空港でレンタルした時から課金されています。

それに対してよくばりWiFiも、どんなときもWiFiも、現地で電源を入れたタイミング(WiFiを使ったタイミング)で課金が発生します。

例えば成田(日本)→デンパサール(インドネシア)は飛行機で7時間ほどかかりますし、だいたい日本を夜の22時とかに出発する便が人気ですが、この搭乗日からイモトのWiFiは料金が発生します。

だから、どんなときもWiFiは、すごいんです。

ここまで言えばわかると思うのですが、よくばりWiFi は、どんなときもWiFiを、さらにうわまわる料金体系です。

つまり、よくばりWiFi も、文句のつけようがないですね。

よくばりWiFi の運営会社

よくばりWiFi の運営会社はクイックという会社です。

事業内容はISP(インターネットサービスプロバイダ)事業もしているので、ネット回線についてはしっかりとした実績があります。

またコールセンターも、アウトソーシングせず、自社スタッフで対応しているので、サポートのクオリティが低いことは無さそうです。

実際に、わたしが電話したところ、すぐに繋がりました。

サポートセンター:03-4223-0550

悪い印象は全くありませんし、非常に気の利く対応をしてくれた印象です。

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
サービスリリース2019年9月2019年4月
会社名クイックグットラック
住所東京都新宿区西新宿福井県福井市栂野町
実績ISP事業を前身の会社時代の2008年頃からしている
MVNO事業を2017年頃からしている
MVNO事業を2010年頃からしている

よくばりWiFi も、どんなときもWiFiも、遜色ない実績があると思います。

どっちが勝っているという判断はしにくいですが、どっちの会社も立派な会社が運営しているという認識です。

よくばりWiFi が僅差で勝利という判断が妥当

よくばりWiFiは業界最安値だった

まとめます。

よくばりWiFi は、クラウドSIMに対応しているモバイルWiFiサービスで、ずっと月額3500円で使えるのが特徴で、データ通信容量は無制限で、速度制限などもありませんから、ほとんどどんなときもWiFiと一緒のサービスといってOKです。

基本的には よくばりWiFi  と どんなときもWiFi は、かなり似ているサービスです。

WiFiやインターネット回線の選び方について、詳しいわたしが細かく比較した感じでは以下の通りです。

どんなときもWiFiとの比較検証
  1. 料金 よくばりWiFi完全に勝利
  2. 端末 どっちも同じ
  3. 通信 どっちも同じ
  4. 解約 ほとんど同じ
  5. 補償 よくばりWiFi僅差で勝利
  6. 海外利用 よくばりWiFi が勝利
  7. 運営会社 勝敗つけられないが実績は問題なし

わたしが7つの項目で比較した感想をまとめるとこんな感じです。

あと気づきにくいポイントですが、申込直後の請求金額を比較すると、

 よくばりWiFiどんなときもWiFi
初回支払項目初期費用:3800円事務手数料:3000円
初月日割料金:日割分
翌月の月額料金:3480円
初回支払い3800円10000円前後
初回の負担小さい大きい

どんなときもWiFiは、初回の支払いで10000円前後します。

よくばりWiFiは、初回の支払いは3800円ですみます。

つまり、わたしは

よくばりWiFiどんなときもWiFi よりも好条件と判断しました。

総合的にサービス内容は、よくばりWiFiの方がメリットが若干多いし、

2年合計金額も圧倒的に、よくばりWiFiの方が8060円も安いです。

よくばりWiFi は、間違いなく人気が出ると感じます。

よくばりWiFi って大丈夫かな?

他にもっと良いWiFiサービスが無いかな?

と心配している人は、わたしが自信をもってお伝えします。

よくばりWiFi を申し込んで問題ないです!

WiMAXに不満があったり、フリーランス的にどこでもネットに接続できる環境を整えたいと思っている人には、安心してよくばりWiFi を契約して良いと思いますよ。

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

これからのよくばりWiFi で、新たな動きや、気づいたことがあれば、ここに追記していきたいと思います。



どんなときもWiFiよりも...
よくばりWiFiがおすすめ!

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiよりも、
好条件で、しかも安く利用することができます。

だからわたしも使っています!

よくばりWiFiは、2019年9月に開始された新しいサービスです。

いまイチオシのモバイルWiFiサービスで、わたしも使っています!

申込が殺到する雰囲気がプンプンします

よくばりWiFiとどんなときもWiFiの比較
スポンサードリンク

2 件のコメント

  • こんにちは。
    私もよくばりWIFIの契約をしました。
    ルーターのケースを開けてみましたか?
    どんなときもWIFIでは大きいSIMと小さいSIMが
    刺せるようになっていますけど
    よくばりWIFIは大きいSIMはさせないように
    シールでふさがれていますね。
    小さいことですが他社との違いの一つだと思いました。

  • こんにちは。
    モバイルWiFi検討をしていく中で、このページにたどり着きました。
    二年間合計費用のところで、補償費も2ヶ月無料で計算されてますが、公式HPからはそのような文言は、見つけられませんでした。
    貴殿にて、個別に確認されたのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ふじもん

    Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。