ブログのストレス解消方法【ヤバイと思ったら要チェック】

ストレス

わたしはブログを7年続けてきました。

この間、ブログがストレスになって、幾度と挫折を繰り返してきました。

ブログがストレスになっている人は、かなり多いはずなので、

わたしがどうやって、ブログのストレスを乗り越えてきたかを紹介します。

もしブログのストレスでヤバイと感じたら、参考にしてもらえれば嬉しいです。

ブログでストレスがヤバくなるのは

適度なストレスは成長している証拠

ここでひとつだけお伝えしたいことがあります。

これまで7年以上ブログを書き続けて、気づいたのですが、

そもそもブログがストレスに感じるのは『成長している証拠』です。

本気でブログをやろうと思ったら、少なからずストレスにぶつかるはずです。

少なくとも、ブロガーとして生活している人は、

ほぼ間違いなくストレスと向き合ってきたはずです。

つまり、ブログでストレスを感じるのは、そこまで悪いものではないです。

ストレスレベルによりますが、ストレスがまったく無いなんて、ありえないというのが私の考えです。

わたしがストレスだった3つのこと

わたしがブログのストレスでヤバくなったのは、以下の3つでした。

ブログでストレスに感じたこと
①ブログのネタが無い
②書く時間がかかりすぎてしまう
③書きたいことはあるのに文章にできない

ネタが無いのにもかかわらず、ブログを何とか書こうと思って、ストレスになったこともありましたし、

ブログがうまく書けなくて、気づいたら1記事に10時間以上かけてストレスになったこともあったし、

読みにくい文章にいつも、読み返すのが嫌になってストレスになったこともあります。

これ以外にも、ブログにはストレスがつきものですが、この3つのことが、わたしのストレスの原因でした。

あなたのストレスは、いかがですか?

もしわたしと一緒だったら、

この記事の後半に、わたしなりの解消方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

過度なストレスで自己否定してたらかなりヤバイ

適度なストレスはOKだけど自己否定してたらNG

自己否定

ただし、過度のストレスでヤバくなってしまうのはダメです。

ストレスを感じて、ブログがうまく書けないというレベルであれば、

がんばろう!とアドバイスしたいところですが、

もしあなたが『自分が悪いんだ。』と自己否定していたら、いますぐにストレスを解消し、ブログへの向き合い方を工夫しましょう。

ストレスは自分を否定するようにさせてしまう

というのも、『自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術』という本で、ストレスについて解説されていました。

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

下園壮太
821円(08/21 09:55時点)
発売日: 2013/02/13
Amazonの情報を掲載しています
ストレスの特性

ストレスは、麻痺しやすく自覚しにくい。

ストレスを感じないように『自分のせい』と考えるような傾向がある。

ストレスは『だったら、死んだ方が良い』と極端に考えさせてしまうことがある。

これ、一時期わたしが感じていたことそのものです。

やる気はあるはずなのに、こんなにもできないのは、自分が悪いんだ。

この世の中から消えてしまいたいな。と思って何も手がつかないことが幾度とありました。

明らかにストレスを感じすぎていました。

このように感じてしまうレベルだったら、そのまま頑張り続けるのではなく、

ストレスを解消しながら、やり方を工夫した方が良いですね。

ブログのストレスを解消する方法

新しい情報を仕入れる

ブログのネタが無い → 新しい情報を仕入れる
※参考:ブログのネタが思いつかない時におすすめする探し方

ブログで一番ストレスを感じやすいのは、ネタが無い時です。

ネタが無いのに、ブログを書こうと思っても、良い記事は書けません!

余計にストレスが増えるだけです。

新しい情報を仕入れてストレス解消してから、ブログに向き合った方が良いですね。

ブログを書くのではなく、ネタ集めを意識的にすると、

脳がリフレッシュされ、適度な刺激になり気持ち良いですよ!

新しい情報を仕入れる = ブログの作業のひとつ

と思った方が良いですね。

もっと良い記事を書こうと思わないようにする

ブログを書く時間が長すぎる → もっと良い記事を書こうと思わないようにする
※参考:ブログを書くのに時間がかかりすぎた失敗談

良い記事を書こうと思うと、時間はあっという間に過ぎ、ストレスになります。

『もっと良い記事を書かないと、アクセスが集まらない!』

とか考え始めたら、

・文字数、

・ライバルサイトの記事の質、

・キーワード比率、

・記事の読みやすさ…etc

こういうことが気になってしまい、余計に時間がかかりストレスになりますよね。

こういうストレスは、こだわりが強い人や、自分らしさを出そうとしている人が多いです。

もっと良い記事を書くのをあきらめた方が良いですね。

いまの自分のベストの記事をとりあえず書いて、悩む前に公開ボタンを押しちゃうってのもアリです。

ブログはあとで書き直すこともできますし。

会話形式で書く

書きたいことはあるのに文章にできない → 会話形式で書けば良い
※参考:ブログは会話形式だとスラスラ書ける

ブログに書きたいことがあるのに、うまく文章にできなくてイライラする人って多いです。

一度書き上げた文章を、あとで読み返してみたら、読みにくいって思うことは、誰もが通過することです。

そこでおすすめなのが、会話形式で書くことです。

会話形式だと、言葉に熱が入りやすくなるので、読みやすくなるだけでなく、内容もわかりやすくなります。

会話形式だと、確かに読みやすいですね。

これならブログをストレスなく書けそうですね。

特にブログを始めたばかりの人に多いと思うんですけど、そういう人は文章を会話形式で書くと良いと思います。

まとめ

blog-writing

ブログを本気でがんばろうと思ったら、ストレスは、成長している証拠なので、悪いことではないです。

ただ自己否定している傾向があったら、ストレスがかかりすぎているかもしれません。

ストレスを解消しながら、ブログとの向き合い方を変えてみてください。

ブログのストレスを解消する方法
①ブログのネタが無い → 新しい情報を仕入れる
②書く時間がかかりすぎてしまう → もっと良い記事を書こうと思わないようにする
③書きたいことはあるのに文章にできない → 会話形式で書けば良い

わたしは、こういう方法でストレスを乗り越えてきました。

もしブログのストレスでヤバイと感じたら、参考にしてもらえればと思います。

ストレス
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。