レッツノートのファン交換をするために秋葉原にあるパナソニック修理工房に行ってきた!

letsnote01

ノートパソコンをレッツノートを使っている人は多いんじゃないでしょうか?レッツノートはバッテリーの持ちが良いのと、丈夫なので持ち運びが安心なので、ユーザーは多いと思います。

というわたしは、MacBookAirとLet’sNoteの二台を使っているのですが、最近レッツノートから異常音がするようになったので、メンテナンスすることにしました。

レッツノートは秋葉原にパナソニックの専用修理工房があるので、そこに持ち込んだ内容をブログにします。

 

レッツノートから異常な音がする

letsnote02

わたしが使っているのはレッツノートの「CF-J10」というモデルです。このモデルは2011年5月に販売されたモデルで、もうちょっと古い部類になるのですが、メモリを2GBから8GBに増やしているのと、ハードディスクがSSDで、モニタが10インチという使い勝手が良かったです。

 

letsnote03

また、MacBookAirをもっているにもかかわらず、Let’sNoteを使っているのにはわけあって、

  • 法人契約している銀行口座がInternetExploreじゃないとダメ
  • エクセルやパワポがWindowsの方が使いやすい
  • FTPソフトや画像処理ソフトが使いやすい

ので、Windows環境は、まだ当分の間、確保しようと思っています。

 

letsnote04

あとこのレッツノートのCF-J10モデルのカバーがあって、これもお気に入りなので、買い換えるのはちょっともったいないと思っていました。

 

レッツノートの異常音は、ファン部分から発生しているので、これはファンの交換が必要と判断しました。秋葉原とかでパーツ購入して、自分で交換しようとも思いましたが、ノートパソコンの分解は結構リスクが高いので、やっぱり業者にお願いするのが、費用対効果としても、苦労対効果でも良いと判断しました。

 

 

秋葉原のパナソニック修理工房

letsnote

わたしがサイトでいろいろ調べた結果、このパナソニックの修理工房で即日修理してもらうことにしました。

パナソニック修理工房

 

ココに選んだ理由は、

  • 直接持ち込んで、マシンの故障部分がすぐ特定できる
  • 部品などの在庫が豊富なので、即日対応ができる
  • しっかり見積もりをしてくれるので、安心できる
  • 秋葉原駅から徒歩5分なので、アクセスが良い

という理由です。

ということで、さっそく秋葉原のパナソニック修理工房に行ってきました。

 

パナソニックの修理工房に行ってみた!

panasonic01

秋葉原駅から徒歩5分のところでした。住所は東京都千代田区外神田1-8-1 第三電波ビル1Fです。

panasonic02

修理工房の中はこんな感じで、技術スタッフが受付にいます。わたしが訪問したのが朝10時だったので、とくに待ち時間もありませんでした。

受付時間は9時~17時のようです。当日受け取りたいなら早めに行ったほうが良いでしょうね。

 

状況の説明と見積もり

panasonic03

受付カウンターで、マシンの状況を説明しました。技術スタッフはとても親切丁寧で、スピーディーでしたから、ストレス無く相談できました。

わたしが説明するまでも無く、マシンをメンテナンスモードにして、考えられる故障箇所を特定してくれました。

やはり異常音の原因は、ファンの故障の可能性が高いということで、ファンの交換をすることになりました。

panasonic06_new

新しいファンの部品は、やはりこの修理工房にありました。

どうやらわたしのマシン(レッツノート)のファンは、特殊な形式らしく、自分でパーツを購入しての対応は難しいようです。

見積もりしてもらった結果、部品代と作業代で総額14,200円とのことでした。

まぁそれ以外のメンテナンスも含めて、パナソニックにお願いするのが安心できるので、わたしはそのままお願いすることにしました。

作業時間は約3時間。13時に受け取り可能ということでした。

 

修理完了

panasonic032

無事、13時に修理が完了しまして、その場でマシンのチェックをしてくれました。問題なく修理が完了していることを確認できるので、安心ですね。

 

支払いもクレジットカードでできるので、支払いを済ませてきました。

panasonic031

クレジットカードは、VISAやMaster以外にも、JCB、アメックスなども可能で、電子マネーのSuicaやPASMOでも可能とのことです。さすが日本ですね。

 

いままでマシンにあったファンも見せてもらいました。新品のファンと比較するとこんな感じです。

panasonic001

そんなにホコリがつまっている感じではありませんが、異常音は全くしなくなりました。とにもかくにも、異常音がまったくしなくなったので結果的に修理してもらって良かったです。

 

まとめ

結局、レッツノートのファン交換は14,200円(税込み15,336円)でやってもらうことができました。また当日持ち込んだにもかかわらず3時間で受け取ることができました。

この修理の際に、LANケーブルのさし口が破損しているとか、SSDがエラー表示でているとか、いろいろアドバイスくださって、「もし全部修理するなら8万円くらいかかっちゃいますけど、それなら他のマシンを購入したほうが良いですよね?」と、お客様の立場にたって、いろいろ教えてくれました。

まぁ秋葉原で中古のレッツノートでWindows7のものは、5万円くらいで入手できますが、今回は修理して良かったです。

 

もしレッツノートを使っている方で、マシンの異常を感じたら、秋葉原のパナソニック修理工房に持ち込んでみたらいかがでしょうか?

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です