ネオヒルズ族って?与沢って何者?

山手線で「秒速で1億円稼ぐ条件」っていう目につく広告みてから気になっていた本。

ネオヒルズ族って?与沢翼って何者?
そんな感じで気になってグーグル検索したら、かなり焦げ臭い記事を見つけました。

ネット有名人プロデュースパッケージ被害者です。

月収1000万稼ぐどころか商材代金120万円が未だマイナスのままになっています。

私含めて数多くの方がキレて返金を申し出ていますが、話をはぐらかされるばかりで、終いにはあれもこれもと過去販売していた商材?等が特典として次々に送られてきて我慢しろといわんばかりの対応です。

結局すでに300人近い方がこの有名人プロデュースパッケージを購入している時点で、仮に与沢とAYUのメルマガで一人ずつ紹介されたとしても、その先のコンテンツが充実してなきゃ1円も稼げませんし、そもそも売りすぎで内容自体に無理があります。

ということで、私は現役行政書士ということもあり、今回知り合いの弁護士を巻き込み、正式に本商品の被害者の会を立ち上げることとなりました。さすがにもう許せません。

今はまだ6名しか集まっておりませんが、もう少し集まれば情報商材業界初の逮捕者が出せると確信しております。

もちろん、与沢翼関連の他商材の被害者の方もご連絡いただければすぐに返金に繋げることが出来ますから、まずはご連絡いただければと思います。
[出典:http://gonta-kun.com/2012/02/post-370.html]

これは、これは。ちょっと。。。
情報商材で120万円とは、なかなかのヤリ手ですね。

ってことで、さっそく「秒速で1億円稼ぐ条件」読んでみました。

書評

まず、彼の儲け方を簡潔に整理すると、

①市場価格より高めの販売報奨金を設定し、
アフィリエイターに頑張ってもらい、いわゆる
リストと呼ばれる「メールアドレス」を獲得する。

②そのメールアドレスにオプトインアフィリエイトと呼ばれる手段で、
別の商材を訴求し、完全に利益を回収する。

といった手法のようです。

最初のアフィリエイターへの支払いサイトを75日に設定することで、荒稼ぎできるんだ!
と、ちょっと感心しました。ある意味、かなりのリスクテイカーですね。

手持ち資金が10万円で、4000万円の広告費投入して75日の支払い前に秒速で稼いでしまおうって。本当に命がけ。。。

この本で紹介されている「成功する条件」というのは
「その常識を逸脱することである。常識的な視点から、狂っている、危ない、やばい、と指摘されるようなことでも、それに向かって突き進んでいくしかないのだ。」
とのことらしいです。信じるか信じないかは。。。

ちなみに、広告業界にいたものの、「オプトインアフィリエイト」って言葉を初めて聞いたので、まだまだ勉強不足だなー。と思い、グーグル検索してみたら、かなり怪しいサイトがたくさん出てきました。

ただ彼は、この手法自体が、業界的に批判されようとも、成功さえすればいいんだ!という信念を貫いた結果なので、彼だからできたことなのかな?とも思います。

最後に、どうやら「与沢塾」といった弟子制度をとっているようです。

メディア露出もかなり多く、ネットでも名前を検索すればすぐ出てくるので、
素直な人はカモになってしまうかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。