【パララックス対応】ワードプレスのおすすめ有料テーマ

【パララックス対応】ワードプレスのおすすめ有料テーマ

WordPressのテーマで、パララックスデザインを採用しているテーマをピックアップしました。

パララックスデザインのテーマは、スクロールする時に背景が特殊なズレ方をするので、オシャレな感じになります。

パララックスデザインは最近流行っているので、ぜひ参考にしてみてください。

パララックス対応しているWordPressテーマ

ランディングページにおすすめの『オップス』

オップスは、パララックスデザインを採用したランディングページにおすすめのWordPressテーマです。

テーマ名OPPS(オップス)
価格19,800円
レスポンシブ対応OK
日本語対応OK
おすすめ度

このテーマは、パララックスをはじめ、フェードなどのアニメーションなども使用されたテーマで、ファーストビューで閲覧者の興味を最大限にすることができます。

オップステンプレート

最先端のデザインをテンプレート化しているので、初心者でもかっこ良いデザインになります。

さらに、スマートフォンユーザーを意識したメニューも実装されています。

オップススマホ固定メニュー

ただオシャレなだけでなく、閲覧者にアクションさせる工夫がしっかりと盛り込まれているテーマなので、集客サイトにおすすめです。

デモサイトをみれば、非常にイメージしやすいかと思います。

ワンカラムで情報を最小限にした、おしゃれなサイトは、閲覧者が退屈にならないのでワクワクさせることができます。

パララックスも絶妙な仕様でかっこ良いですね。

オップスは、パララックスデザインを採用していて、さらに集客もしっかりしたいサイトに、おすすめのWordPressテーマです。

ブランディングサイトにおすすめの『アモーレ』

アモーレは、パララックスデザインを採用したブランディングサイトにおすすめのWordPressテーマです。

テーマ名AMORE(アモーレ)
価格12,980円
レスポンシブ対応OK
日本語対応OK
おすすめ度

このテーマは、パララックスを絶妙に使っていて、高級レストランなどのサイトにピッタリです。

アモーレパララックス

アモーレは、写真さえ良いものが手配できれば、とてもカッコよいサイトに仕上げることができます。

アモーレ初心者

またカスタマイズも管理画面で分かりやすく設定できるので、初心者でもプロ仕様のサイトが完成してしまいます。

デモサイトをみれば、非常にイメージしやすいかと思います。

このテーマは、コーポレートサイトにも使えるし、ブランディングサイトにもおすすめです。

パララックスデザインが、魅力を最大限にしてくれますね。

デモサイトのようにかっこ良いサイトにしたいなら、アモーレはおすすめですね。

有料テーマのメリットとデメリット

パララックスデザインのサイトが実装できる

『オップス』や『アモーレ』のような有料テーマを使えば、簡単にパララックスデザインが実装された、プロ仕様のサイトが作れてしまいます。

パララックスデザインを実装するのは、初心者にはハードルが高いですし、Webデザイナーでも、パララックスを細かく調整するのは結構めんどくさい作業です。

初心者がパララックスデザインを実装するのは、ほぼ無理だと思います。

初心者であればなおさらですし、中上級者でも、パララックスデザインは、既存のテンプレートを使った方が良いと思います。

サポートがあるのは大きい

今回紹介したテーマは、購入すると問い合わせフォームを使ってメールサポートが受けられます。

初心者にとっては、メールでもサポートしてくれるのは、とても助かるはずです。

基本的に有料テーマのサポートというのは、購入したテーマの使い方などに関するサポートのみですが、それがテーマなのか、他の問題なのかわからないのが初心者というものです。

わたしの経験上、『初心者は、どこがわからないか、わからない。』という状況に陥ることがほとんどです。

わらにもすがりたい初心者にとっては、電話ではなく、メールとはいえど、サポートがあるというのはとても大きいと思います。

テーマに関する以外の、個人的な相談やアクセスアップに関するものは、さすがにサポート対象外です。

レスポンシブ対応や日本語対応も問題ない

今回紹介したテーマはレスポンシブ対応や日本語対応も問題ありません。

かっこ良いテーマだと思っても、レスポンシブ対応ができていないテーマや、日本語対応されていない海外のテーマだと、使いこなすのがむずかしいかもしれません。

WordPress初心者であれば、レスポンシブ対応してて、日本語対応できているテーマを選びましょう。

デメリットはほぼ無い

『オップス』『アモーレ』でWordPressサイトを実装しても、デメリットは無いと私は思います。

これらの有料テーマを使っている他のサイトと似てしまうという心配はあるかもしれませんが、写真を変えるだけでサイトのイメージはガラッとかわりますので、心配ありません。

パララックスのようなアクションがあるサイトは、閲覧者にワクワクを与えることができますが、過剰なアクションは逆に見づらいサイトになります。

デモサイトを参考に、適度なアクションに留めるようにしましょう。

詳細情報やデモサイトをチェックして、検討してみてください。

WordPressのテーマ選びの参考になれば幸いです。

【パララックス対応】ワードプレスのおすすめ有料テーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です