【SEO対策】コンテンツの質を上げる為にした方が良いこと

seo コンテンツ 質

SEOではコンテンツの質が必要と言われますが、どうやったらあげられるかわからない人は多いと思います。

一生懸命ブログ記事を書いても、コンテンツの質が低ければ、アクセスアップしません。

SEO対策で重要なコンテンツの質についてしっかり理解しましょう。

コンテンツの質を上げるためにした方が良いこと

検索キーワードに対しての答えが明示されている

コンテンツの質を上げるためには、検索してきた閲覧者が知りたい情報(答え)を、しっかりと記事コンテンツ内に書くことが重要です。

例えば『花火デート 服装 秋』というキーワードであれば、検索している閲覧者は、『秋に好きな人と花火デートに行くけど浴衣が良いのか普通の洋服が良いのか?』と迷っているはずです。

ですから『秋の花火大会でも浴衣で大丈夫』とか『気温が20℃以下なら普通の洋服の方が良い』とか、検索している閲覧者が知りたがっている情報(答え)を、しっかり記事コンテンツ内に書きましょう。

検索キーワードの答えが、わかりやすく読みやすいコンテンツは、閲覧者が読んで良かったと思って、SNSに情報拡散してくれるかもしれませんね。

検索キーワードに対しての答えがしっかりと明示されていることは、とても重要です。

答えの理由や根拠を具体例や体験談で解説している

キーワードに対しての答えは『結論』ですが、その根拠となる理由などを解説するのに必要なのが、『具体例』や『体験談』です。

先ほどの『花火デート 服装 秋』というキーワードを例に考えてみましょう。

『秋の花火大会でも浴衣で大丈夫』という答えに対して、『10月の花火大会でも実際に浴衣を着ている女性ばかり。』という具体例をしっかり書いてあると、検索してきた閲覧者も、『だから秋の花火大会でも浴衣で良いんだ。』と納得しますよね。

また『気温が20℃以下なら普通の洋服の方が良い』という答えに対しては、『気温が20℃を下回るとカーディガンとか欲しくなるので、浴衣だと寒くてデートどころじゃなくなる。』というような体験談が書いてあると、検索してきた閲覧者も『20℃以下は羽織るものが確かに必要かも。』と納得しますよね。

これらのように、検索キーワードに対しての答えだけではなく、その理由や根拠を解説するのに、具体例や体験談などがしっかり書かれているコンテンツは、Googleが高く評価してくれる傾向があります。

広告ユニットの名前

SEOに強い文章の書き方【7つのテクニック】

2019年1月15日

検索キーワードに関連する情報が網羅されている

検索キーワードの答えが書かれていることはもちろんですが、その先の閲覧者が知りたいことを先回りして明示してあげると、閲覧者は情報に満足してくれます。

先ほどの『花火デート 服装 秋』というキーワードを例に解説します。

『気温が20℃以下なら普通の洋服の方が良い』という答えに対しては、『気温が20℃を下回るとカーディガンとか欲しくなるので、浴衣だと寒くてデートどころじゃなくなる。』というような体験談が書いてあると、検索してきた閲覧者も『20℃以下は羽織るものが確かに必要かも。』と納得しますが、

それだけではなく、この閲覧者の知りたい情報を先回りして、情報を網羅してあげましょうということです。

例えば『東京の10月の夜7時ごろの気温は、過去10年間のデータでは18℃~23℃ぐらい』だということや、『秋の花火デートで浴衣以外のおすすめの服装はワンピース』が良いとか、そういう検索キーワードに関連する情報が網羅されていると、Googleはかなり評価します。

実際に、競合サイトで、このような検索意図を意識したページはあまりありません。

検索意図を意識した記事コンテンツは、高い確率で上位表示されます。

SEO検索意図

SEOにおける検索意図の重要性とは【具体例もあわせて解説】

2019年1月5日

文章に体温と体重がのっている

Googleは機械的な文章を評価しません。自動生成されたコンテンツは、ペナルティ対象になるとGoogleは明言しています。

つまり無機質な文章はダメです。

記事をたくさん書いたり、読んだりすれば、気づくと思うのですが、文章には体温と体重を乗せることができます。

体温…言葉の熱量(あたたかさ、熱意)

体重…言葉の重み(失敗談、体験談)

無機質な文章ではなく、体温と体重が乗っている文章は、閲覧者を引き付けますよね。

特に失敗経験が丁寧に書かれているような文章は、閲覧者が最後まで読んでくれ、SNSで情報拡散される傾向があります。

コンテンツの質を上げたいなら、体温と体重を乗せまくれば、かなり変わりますよ。

読まれやすい文章

読まれる文章の書き方【誰でもできるライティング術】

2019年2月1日

オリジナル画像が使われている

いうまでもなく、ページがテキストだらけでは読む気が失せてしまいますが、画像があると読みやすくなります。

またフリー画像ではなく、オリジナル画像が使われていると、Googleはコンテンツの独自性があると評価し、高く評価してくれます。

またalttタグを適切に設定することで、Googleクローラーが画像情報を把握しやすくなりますし、

これら検索キーワードにふさわしいオリジナル画像はSEOに非常に強いです。

altタグの正しい書き方

WordPressの画像設定altタグの書き方 ​【Googleが考える適切なalt属性】

2018年12月31日

適切なHTML記述をしている

大見出しや小見出しといったh2やh3が適切に使われたページは、Googleクローラーが見出しの重要性と、文章との整合性を構造的に把握します。

逆にh1のタイトルに使うようなタグが複数使われていたり、h3が使われていないのにh4が存在するようなページは、HTMLのルールを無視しています。

構造的なHTMLページではない、ルールを無視したページは、Googleの評価が高いとは言えません。

『h1を複数使わない』であったり『h3が使われていないのにh4が存在する』といった、HTMLのルールを無視することなく、構造的なHTMLページにした方が、Googleは情報を的確に読み込んで把握してくれます。

レポート

SEOに強い記事コンテンツの書き方【h2とh3の設定のコツ】

2019年1月3日

SEO内部施策がしっかり施されている

コンテンツの質というのは、文章の内容だけではありません。

例えばページ内でリンク切れなどが発生していたら、閲覧者はせっかくクリックしたのに、ガッカリしてしまいますよね。

またページの表示速度が遅いのも、閲覧者をガッカリさせるどころか、離脱させてしまいます。

これらを『SEOの内部施策』とも言ったりしますが、リンク切れを発生させたり、ページの表示速度が遅いのは、コンテンツの質が低いと評価されます。

コンテンツの質を上げるという視点でも、SEOの内部施策はしっかりチェックしておきたいところです。

WordPress SEO 内部施策

WordPressのSEO内部対策【ページの表示速度は特に重要】

2019年1月2日

被リンクを獲得できるような記事にする

ウェブ上の民主主義は機能する
Google検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに貼ったリンクを基準としているからです。Google では、200以上の要素と、PageRankアルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。

PageRankのアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。

Googleが掲げる10の事実

被リンクをもらえるとということは、このサイトの『このページの情報がとても参考になりました。』という感じ投票されたと解釈して、検索順位で評価しているという意味です。

これは言い換えれば『信頼度が高い情報が書かれている』ということをGoogleが判断しているということです。

コンテンツの質をあげるためには、ある程度の被リンクは必要と考えておくべきです。

プラグイン

SEO対策の被リンクとは【自演リンクよりナチュラルリンク】

2019年2月4日

モバイルフレンドリーである

Googleがコンテンツ評価する際に、『モバイルフレンドリーなのか』ということを特に評価しています。

このモバイルフレンドリーとは、スマートフォン対応しているのか?ということです。

もちろん最近ではスマートフォンで検索する人が圧倒的に多いからという理由なのですが、タブレット(iPadなど)でも、サイトが見やすいかといった、レスポンシブデザインなのかを特にGoogleは重要視しています。

パソコンページ、スマホページというようにデバイスによるページを別々に用意する(ユーザーエージェント切替)よりも、サイトの横幅によって表示が変わるレスポンシブデザインをGoogleは推奨している。

Googleは2018年3月から段階的に、検索エンジンがパソコンサイトのコンテンツの質を評価基準にしていたのを、スマートフォンサイトのコンテンツの質を評価基準に変更していっています。(モバイルファーストインデックス)

ですから、パソコンでコンテンツチェックするよりも、スマートフォンで実際にどのように表示され、検索した閲覧者がスマホで本当に読みやすいのかをチェックするのがとても重要ということです。

モバイルファーストインデックスについては、SEO対策するなら知っておくべき知識です。

モバイルファーストインデックスとは

Googleのモバイルファーストインデックスの重要性と対応方法

2017年9月14日

まとめ

コンテンツの質をあげるためにチェックするべき項目を9つ解説しました。

どれも重要なので、しっかりとチェックしていただきたいですが、最も重要なのは『検索キーワードに対しての答えが明示されているのか』という項目です。

逆を言えば、上位表示できていないページは、かなりの確率で答えがしっかり書かれていなかったり、わかりにくい表現をされています。

これまでいろいろなサイトをチェックしてきましたが、どんなにがんばってブログを書いても、キーワードに対しての答えが書かれていないページは、検索流入は見込めません。

コンテンツの質を上げたいなら、まずは『答え』をわかりやすく明示することを意識してみてください。

SEO

SEO対策マニュアル【入門・基礎・プロレベルでも使える知識】

2019年1月31日
seo コンテンツ 質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です