SEOにおける検索意図の重要性とは【具体例もあわせて解説】

SEO検索意図

SEOの検索意図の重要性を知りたい、検索キーワードから検索意図を把握するためにはどんなことをするべきなのか?

『SEOで検索結果の上位表示させる』とか『アフィリエイトで収益を得る』といった目的を達成するには、キーワードを検索した閲覧者の意図を理解することはとても重要です。

検索意図を理解できていれば、検索結果で上位表示ができます。

SEOにおける検索意図の重要性をしっかり理解しましょう。

SEOにおける検索意図の重要性とは

検索した閲覧者の知りたいことを先回りしてあげること

SEOにおける検索意図の重要性は、具体例をつかって説明するとわかりやすいです。

例えば『北海道 気温 6月』というキーワードを検索してきた閲覧者のことをイメージしてみてください。

この閲覧者が知りたいのは北海道に6月に行くけど、その気温を知りたい人が本当に知りたいのは、

『半袖でも大丈夫か長袖が必要か』

といった洋服選びの情報ですね。

『北海道 気温 6月』と検索した人の知りたいことを先回りして『答え』を明示してあげるということが、検索意図を理解してコンテンツを作るということです。

検索意図を理解できていないコンテンツはSEO評価されない

検索意図を理解できていないコンテンツはSEO評価がされません。

例えば『北海道 気温 6月』というキーワードを検索してきた閲覧者に対して、

『北海道の6月の気温は21℃』

といった情報は、正しいのですが、

これだけで終わってしまっては検索意図を理解できているとは言えません。

検索した閲覧者の知りたいことを先回りした情報が網羅されている方がGoogleは評価してくれます。

検索意図とはその先の知りたい情報のこと

検索意図というのは、検索した人が知りたいと思う『その先の情報のこと』と言っても過言ではありません。

『北海道 気温 6月』というキーワードを検索してきた閲覧者に対して、

その先の情報と言えば、

  • 北海道の6月の気温
  • 6月に北海道に行くときの服装のポイント
  • 北海道の6月のおすすめ観光スポット
  • 6月の北海道でしか食べられないグルメ

といった情報だと思います。

これらの情報が読みやすくわかりやすい状態でコンテンツ化されていれば、SEOの評価はかなり高く、検索結果で上位表示されます。

検索意図に沿ったコンテンツの作成方法

キーワードを決める

検索意図を把握するには、キーワードを決めます。

このキーワード選びが重要です。1つの単語ではなく、2つや3つの単語を同時に入力するような複合キーワードを選びましょう。

単一キーワード:断捨離

複合キーワード:断捨離 服 できない

このように複合的なキーワードを選ぶことによって、検索したい人が本当に知りたいことをコンテンツ化することができます。

いろんな人に読んでもらいたいのではなく、パソコンやスマホを使ってわざわざ入力して調べそうなキーワードを選びましょう。

わざわざ検索入力した人になりきってイメージする

検索意図を理解するためには、検索した閲覧者の気持ちになりきることが重要です。

目をつぶってそのキーワードを入力した人になりきってイメージしてください。

この検索した人をイメージすることは本当に重要です。

検索した人の気持ちが理解できなければ、検索意図を理解できないわけですから、SEO評価が高いコンテンツは作成できません。

例えば、『断捨離 服 できない』といったキーワードでは、きっと年末年始に断捨離をしようと思って服を整理しはじめたけどできなかったという人が、わざわざパソコンやスマホを使って検索入力しています。

この『断捨離 服 できない』とわざわざ検索入力した人をイメージできない人は、記事コンテンツの内容がブレブレになって、誰の役にも立たない情報が書かれている記事になってしまうことが非常に多いですから、しっかり検索入力した人になりきってください。

閲覧者が悩みそうなことをすべて書き出す

検索した閲覧者の知りたい情報を書き出します。

先ほどの『断捨離 服 できない』というキーワードの例で言えば、まずは『服の断捨離ができない理由』ですね。

そこから閲覧者がその情報を知って何をしようとしているかイメージします。

きっと服の断捨離ができない理由を知った後に、しっかり断捨離したいと思っているのでしょう。

  • 服の断捨離にかかった時間
  • 服の断捨離をするベストなタイミング
  • 断捨離のやりすぎの基準
  • 一般女性の洋服の買い替え頻度
  • 女性が管理できる服装の枚数の目安
  • 断捨離に成功すると得られるメリット

断捨離 服 できない』というキーワードをわざわざパソコンやスマホに入力して調べる人は、『服の断捨離ができない理由』に加えこれらのことを知りたいと思います。

見出しを適切に設定してわかりやすくする

検索した閲覧者の知りたい情報をそのまま長文でコンテンツ化しても、読まれません。

読まれるためには、h2やh3といった見出しを設定して、検察意図がまとめられた情報として、構造化されているのがポイントです。

またGoogleのクローラーもHTML構造を理解して、コンテンツ評価をするので、適切な見出し設定されているコンテンツはSEOに強いです。

レポート

SEOに強い記事コンテンツの書き方【h2とh3の設定のコツ】

2019年1月3日

画像を使って読みやすくする

文字だけの記事コンテンツは、読むのがめんどくさくなってしまいます。

適切な画像が設置されていれば、パッと情報を理解し、さらにテキストで丁寧に解説されていれば、いつの間にか読んでしまうものです。

画像はできるだけ設置して、検索した閲覧者が読みやすくなるようにしましょう。

また画像はaltタグなどもしっかり設定して、Googleクローラーが画像を認識できるようにしましょう。

altタグの正しい書き方

WordPressの画像設定altタグの書き方 ​【Googleが考える適切なalt属性】

2018年12月31日

まとめ

検索意図を理解したコンテンツというのは、気が利く人の情報といっても過言ではありません。

検索意図を理解したコンテンツというのは、閲覧者が『おお!この記事は気が利くなぁ。』と思わせることができるかです。

ぜひ検索意図を理解したコンテンツを書けるようになりましょう。

ただ、検索意図を理解したコンテンツがはじめから書ける人はほとんどいません。

とにかくブログを書きまくっていけば、必然的にこのようなスキルは身についていきます。

ブログを100記事も書いたことが無いのに、検索意図を理解したコンテンツが作れることはさすがにムリです。

検索意図を理解したコンテンツを作れるようになるためには、とにかく『検索入力をわざわざした人のことをイメージしながら』ブログを書くのがポイントです。

SEO

SEO対策マニュアル【入門・基礎・プロレベルでも使える知識】

2019年1月31日
スポンサードリンク
SEO検索意図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です