SEOに強い文章の書き方【7つのテクニック】

広告ユニットの名前

SEOに強い文章の書き方を知りたい。具体的な文章の書き方のテクニックを身につけたい。

新聞記者のような文字を書くプロでも、SEOに強い文章はなかなか書けません。

SEO対策をしっかりやりたいなら、SEOに強い文章をしっかり書けるようにしましょう。

SEOに強い文章の書き方

キーワードに対して答えをしっかり明示する

SEOに強い文章は、キーワードに対しての答えがしっかり明示されています。

これが実は簡単なようで、初心者にはかなり難しいです。

例えば『北海道 気温 6月』というキーワードを検索してきた閲覧者のことをイメージしてみてください。

このキーワードをわざわざパソコンやスマートフォンで検索した人は、

『北海道の6月の気温は21℃』

ということを知りたいはずです。

キーワードに対して答えがしっかり明示されている文章は、SEOに強い文章といえます。

検索意図を理解した情報を網羅して書く

SEOに強い文章は、キーワードを入力した人が、本当に知りたい情報の先を見据えた情報が書かれています。

例えば先ほどと同様に『北海道 気温 6月』というキーワードを検索してきた閲覧者のことをイメージしてみてください。

この閲覧者が知りたいのは、北海道の6月の気温ですが、

本当に知りたいのは、

『半袖でも大丈夫か長袖が必要か』

といった洋服選びの情報ですね。

北海道 気温 6月』と検索した『検索意図』を理解すれば、おのずと服装に関しての情報などが書けるはずです。

検索意図を理解した文章は、SEOに強いと断言します。

SEO検索意図

SEOにおける検索意図の重要性とは【具体例もあわせて解説】

2019年1月5日

専門用語は使わずわかりやすい言葉を使う

SEOに強い文章とは、キーワードを検索してきた閲覧者が、読みやすくわかりやすい言葉で構成されています。

例えば『新しいやり方』というキーワードで検索してきた人にとっては、きっとイノベーションといった専門用語はわかりにくいでしょう。

どちらかといえば『改革』といった言葉の方がわかりやすいですよね。

特にビジネス系の横文字専門用語は、一部の人しかわからないことが多いです。

誰でもわかりやすい言葉を使うのがポイントです。

わかりやすい言葉を使い分けると、閲覧者はさらに読み進められるので、SEOに強い文章といえます。

共感しやすい話し言葉を使う

SEOに強い文章とは、共感しやすい言葉で構成されています。

文末が『~だ。』という表現よりは『~ですよね。』といった、語り口調の文章の方が読みやすいです。

キーワードを検索してきた閲覧者は『あっ、これは自分にとって有益な情報が書かれている。』と思ってもらえるかもしれません。

つまりキーワードを検索してきた閲覧者をしっかりと意識して、その人に伝えるような語り口調の文章の方が、共感しやすいです。

共感しやすい言葉を使うと、ツイッターなどでシェアしてもらいやすくなるので、SEOに強いです。

情報の順番は結論・理由・具体例で

SEOに強い文章とは、結論・理由・具体例という順番で構成されています。

基本的には閲覧者は答えを知ることが最優先なので、結論(※キーワードに対する答え)がわかりやすいことが重要です。

結論が明示されていない状態で、ズラズラ文章が続いていると、何が書いてあるのかさっぱりわからなくなって、読む気がなくなってしまいかねません。そういう気持ちになった閲覧者はページから離脱してしまいます。

まず『結論』が書かれていることがポイントです。

そのあとに『理由』が書かれていると読みやすく、さらに『具体例』が書かれていると、納得してもらえます。

『結論』『理由』『具体例』の順番で書かれている文章はSEOに強いです。

適切に画像を使っている

SEOに強い文章は、画像が適切に使われ、その画像を補足説明的に使っています。

画像だけをペタペタ貼るのではなく、その画像がどんな画像で、それが何を意味しているかを丁寧に解説しています。

そもそもテキストだけの記事コンテンツは、読む気になれませんよね。

できる限り画像や表などを適切に追加して、読みやすい記事コンテンツにしましょう。

ただ画像がペタっと貼ってあってもダメです。

Googleクローラーは、画像と認識しても、画像から文章の内容を『推測する』はしません。

つまり画像の内容を文章で補足説明してあげるとSEOに強いです。

もちろん画像もaltタグを適切に設定するのが好ましいです。

altタグの正しい書き方

WordPressの画像設定altタグの書き方 ​【Googleが考える適切なalt属性】

2018年12月31日

見出しが適切に使われている

SEOに強い文章は、見出しが適切に使われています。

見出し(h2やh3)を設定することで、Googleクローラーが把握しやすいHTML構造になり、的確にコンテンツの内容を把握します。

つまりSEOに強い文章は、Googleクローラーが情報を機械的に読み込みやすい構成になっています。

レポート

SEOに強い記事コンテンツの書き方【h2とh3の設定のコツ】

2019年1月3日

そのためにも文章をズラズラ書くのではなく、適切に見出しを設定しましょう。

特にブログ初心者の人は、まず大見出しと小見出しを設定して、そのあとに肉付けするように文章を書くと、SEOに強い文章が書けるようになります。

まとめ

SEOに強い文章でもっとも重要なことは、キーワードに対しての『答え』がしっかりと明示されていることが大前提です。

その答え(結論)がわかりやすいように理由と根拠を解説し、さらに具体例や体験談などを追記することによって、SEOに強い文書になります。

また文章だけをズラズラ書いても読まれません。

画像や見出しを適切に設定するだけで、しっかり読まれるようになりますよ。

これらのことを初心者がいきなり完璧にできることはありません。

100記事以上書いて、ようやくSEOに強い文章が書けるようになると思います。

ですから、SEOに強い文章を書けるようになりたければ、とにかくブログを書きまくりましょう。

SEO

SEO対策マニュアル【入門・基礎・プロレベルでも使える知識】

2019年1月31日
広告ユニットの名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です