エックスサーバー|MySQL5.0とMySQL5.5がある場合の移行方法

エックスサーバーでWordPressサイトを運営していたら、MySQL5.0からMySQL5.5に移行が可能です。

MySQL5.5は、MySQL5.0に比べ、多くの機能強化、機能改善が行われており、パフォーマンスが大幅に向上しています。もしMySQLが5.0だったら、MySQL5.5にアップグレードすることをおすすめします。

エックスサーバーなら、MySQL5.5移行ツールが用意されています。

ただ、あなたのサーバーにMySQL5.0とMySQL5.5がある場合、移行ツールが使えません。

この対処方法は上級者向けですが、せっかくなので紹介します。

MySQL5.5に移行する前に確認するポイント

エックスサーバーには、MySQL5.5移行ツールが用意されていますが、MySQL5.0とMySQL5.5がある場合、移行ツールが使えません。

MySQL5.5ユーザ・データベースが一つでも作成してある状態では移行ツールは利用できません。事前にバックアップをとった上で、全てのMySQL5.5ユーザ・データベースを削除してください。

参考:エックスサーバー|MySQL移行ツール

このとおり、MySQL5.0とMySQL5.5が混在している場合は、MySQL5.5のデータベースを一度削除しなければなりません。

つまり、

  1. データベースをエクスポート(取り出し)しておき、
  2. MySQL5.5はデータベースごと削除して、
  3. MySQL5.5のデータベースのユーザーも削除して、
  4. MySQL5.0は、移行ツールを使ってMySQL5.5にアップグレードして、
  5. 削除してた、MySQL5.5のデータベースとユーザーを作成しなおし、
  6. エクスポートしておいたデータベースをインポートする

という、いろいろ手間のかかることをやります。これは上級者向けの作業です。

既にMySQL5.5のデータベースを一度すべて削除しなければいけないというのが、相当リスクです。

ミスしたら、かなり大変なことになるので、慎重に作業をしてください。

この流れをまず頭に入れてから、作業を開始してくださいね。

MySQL5.0とMySQL5.5がある場合の移行手順

MySQL5.5のデータをエクスポートする

phpMyAdminを使って、データをエクスポートします。

→エックスサーバー|MySQLのデータベースをphpMyAdminでエクスポートする手順

エックスサーバー|MySQLのデータベースをphpMyAdminでエクスポートする手順

2017.01.06

しっかりエクスポートできていれば、データベースを削除しても、もう一度インポートすれば復元は簡単にできます。

ただしエクスポートがしっかりできていなければ、このあとこのデータで復元するので、充分すぎるほど確認してください。

ここでエクスポートしたデータは、最後に使いますので、デスクトップなどで保管しておいてください。

MySQL5.5 のデータを削除

エックスサーバーのサーバーパネルのMySQL設定を表示させます。

このようにMySQLのバージョン5.0以外のものがあると、移行ツールが使えないので、データのバックアップが取れていることを確認して、MySQLのデータベースをバージョン5.5のものを削除します。

このように、MySQL5.5は削除したので、管理画面ではMySQL5.0しかありません。これでOKです。

MySQL5.5 のMySQLユーザーも削除

MySQLのデータベースを削除しても、MySQLユーザーは削除されません。

MySQL5.5のユーザーをすべて削除します。

エックスサーバーのサーバーパネルのMySQL設定を表示させユーザー一覧のタブをクリックします。

このようにMySQLのユーザーが表示されます。MySQL5.5のユーザーは削除しなければなりません。

このように、MySQL5.5のユーザーは削除したので、管理画面ではMySQL5.0のユーザーしかありません。これでOKです。

MySQLの移行ツールで移行作業

いま管理画面で表示されている、MySQL5.0 のデータベースを、MySQL5.5に移行します。

繰り返しになりますが、MySQL5.0データベースのみになっていないと移行ツールは使えません。

→エックスサーバー|MySQL5.5に移行する時の注意点

この作業が終わってから、削除しているMySQL5.5のデータベースをもう一度作り、復元させます。

MySQLとMySQLユーザーを追加する

MySQLの設定画面で、MySQLとMySQLユーザーを追加します。

まずは、MySQL追加タブをクリックして、MySQLを追加します。

次にMySQLユーザー追加タブをクリックして、MySQLユーザーを追加します。

この時、データベースを削除する前と同じ情報を入力してください。

wp-config.phpで確認できますので、確認してください。

入力できたら、MySQLユーザーにMySQLのアクセス権を付与してください。

赤枠部分で選択し、追加をクリックします。これで、MySQLユーザーにMySQLのアクセス権を付与できます。

MySQL5.5のデータをインポートする

エクスポートした、デスクトップなどで保管してあるバックアップデータを、インポートします。

こちらで紹介している手順でインポートしてください。

→エックスサーバー|MySQLのデータベースをphpMyAdminでインポートする手順

エックスサーバー|MySQLのデータベースをphpMyAdminでインポートする手順

2017.01.07

以上です。

これで、エックスサーバーのサーバーパネルのMySQL設定の画面では、MySQL5.0がすべてMySQL5.5になっているはずです。

サイトの表示を確認する

確認のために、サイトをブラウザで表示させてチェックしましょう。

これでバックアップしたデータが表示されていたら、問題ありませんが、もししっかり表示されていなかったら、以下のことが考えられます。

  • データベースが空になっていなかった
  • wp-config.phpに記載されているデータベース情報と違うMySQLにデータをインポートしてしまった
  • バックアップデータに不備があった

このようなことが考えられます。

もし、バックアップデータが不備があって、既にデータベースを削除してしまっていたら、エックスサーバーなら14日間さかのぼって、データを復旧することができますので、もしそのような状況に追い込まれてしまったら、こちらを参考にしてください。

→エックスサーバー|MySQLデータを復元させる手順

この記事をみた方は、ぜひトラブルにならないように、すべてのサイトをしっかりMySQL5.5にアップグレードしておきましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。