エックスサーバーでサブディレクトリを設定する方法

エックスサーバーでサブディレクトリを設定する方法

WordPressでサブディレクトリ型のサイト構築したい人のために情報をまとめました。

今回はエックスサーバーで設定するための方法を解説しています。

ぜひ参考にしてください。

エックスサーバーの自動インストールを使ったサブディレクトリの設定方法

エックスサーバーの管理画面にログインする

エックスサーバーの自動インストール機能はとても便利です。

まずはエックスサーバーの管理画面にログインし、サーバーパネルを表示させます。

自動インストールクリック

サーバーパネルのホームページの中にある『自動インストール』をクリックします。

既存ドメインを選択する

既存ドメイン選択

自動インストールをクリックすると、既にエックスサーバーで運営しているドメインの一覧が表示されます。

どの既存ドメインの直下にインストールするかを選択し、『選択する』をクリックします。

プログラムのインストールタブを開く

タブ選択

『プログラムのインストール』というタブをクリックします。

そうすると、インストールURLが設定できます。

この下の赤枠にサブディレクトリのURLを入力します。

サブディレクトリのURL
たとえば、このサイトでいうと、fujimotoyousuke.comという既存サイトに、https://fujimotoyousuke.com/uq-wimax2/というサブディレクトリサイトを作っています。

つまりここでは『uq-wimax2』というのがサブディレクトリのURLとなります。

インストールボタンをクリックする

必要事項を入力して『インストール』ボタンをクリックします。

そうすると、このように確認画面で表示されます。

MySQLとはデータベースのことです。ここに記載されているユーザー名やパスワードは、エックスサーバーが自動的に作成し、アクセス権を設定してくれています。

これが自動インストールの便利なところです。

この情報は、wp-config.phpにも記載される情報です。

ユーザー名は『〇〇〇〇_wp〇』といったものが付与されるようですが、パスワードは複雑なものになっているはずです。

このパスワードは絶対に知られないように大切に保管してください。

MySQLユーザー名を自分のわかるものに設定する場合
エックスサーバーの自動インストール機能を使うと、自動的にMySQLユーザー名が決定してしまいます。

『〇〇〇〇_news』といった、サブディレクトリのデータベースを一目でわかるようにするには、この記事の後半で紹介しているFTPソフトを使って設定する方法を参考にしてください。

一般設定を確認する

エックスサーバーの『自動インストール』機能を使って、WordPressをインストールするとWordPressのユーザー名とパスワードが求められるので、設定した情報を入力すると、管理画面にログインできます。

ログインしたら、管理画面左メニューの『設定』>『一般設定』をクリックします。

SSL設定

もし既存ドメインをSSL対応しているなら、サブディレクトリサイトも既存ドメインと同じように、上記赤枠を参考に『s』を加えてください。

https接続
エックスサーバーで自動インストールした場合は、デフォルトでは『http://〇〇〇〇.com』というような設定になっています。

これを『https://〇〇〇〇.com』と『s』を加えてるだけでOKです。

これで設定をクリックすると強制的にログアウトしますが、再度IDとパスワードにログインすれば問題ありません。

以上がエックスサーバーの自動インストールを使ったサブディレクトリサイトの設定方法です。

続いて、自動インストールを使わずにFTP接続でサーバーに直接WordPressをアップロードしてから、インストールする方法を紹介します。

FTPソフトでサブディレクトリを設定する方法

WordPressをダウンロードする

WordPressの最新版をダウンロードします。

WordPressの最新版はこちらからダウンロードしてください。

WordPressファイルのフォルダ名を変更する

フォルダ名変更

WordPressの最新版のファイルを解凍すると『wordpress』というフォルダ名になっていると思いますが

既存ドメイン/ 〇〇 となるところの〇〇に使いたい名前にします。

サブディレクトリのURL
たとえば、このサイトでいうと、fujimotoyousuke.comという既存サイトに、fujimotoyousuke.com/uq-wimax2というサブディレクトリ型のサイトを作っています。

つまりここでは『uq-wimax2』というのがサブディレクトリのURLとなります。

FTPソフトでサーバーにフォルダ名を変更したWordPressをアップロードする

FTPソフトを起動しエックスサーバーに接続してから、先ほどフォルダ名を変更したWordPressファイルをそのまま『既存ドメイン/public_html の直下』にアップロードします。

FTPアップロード

つまり既存ドメインの『wp-content』と同じ階層です。

FTPについてですが、わたしはWinSCPというFTPソフトを使っています。

WiNSCPダウンロード

FFFTPやFileZillaなどFTPソフトなら何でも良いです。

macならCyberduckというFTPソフトがおすすめです。

エックスサーバーの管理画面にログインする

エックスサーバーの管理画面にログインし、サーバーパネルを表示させます。

mysql設定

管理画面のデータベース内にある『MySQL設定』をクリックします。

データベースとユーザーを追加する

『MySQL追加』タブをクリックし、今回追加するデータベース名を設定します。

MySQL追加

この画面の文字コードは、UTF-8のままにしておいてください。

そして、『MySQLユーザ追加』タブをクリックし、今回追加するユーザーIDを追加しましょう。

MySQLとユーザー名
基本的にサブディレクトリサイトを構築するのであれば、データベースとユーザーは新規で作成した方が無難です。

ユーザーにデータベースのアクセス権を与える

MySQL設定の『MySQL一覧』を表示させると、先ほど作成したデータベースとユーザーが繋がっていません。

アクセス権付与

このように、データベースには『ユーザーはいません』と表示されています。

赤枠に、先ほど作成したユーザー名を表示させ、『追加』ボタンをクリックしてください。

そうすると、先ほど作成したMySQLユーザーに、先ほど作成したMySQLデータベースへのアクセス権が付与されます。

WordPressの管理画面にログインする

サブディレクトリで作成したサイトの最後に『wp-admin』を加えてブラウザ表示すると、サブディレクトリサイトの管理画面にログインできるはずです。

『https://(既存ドメインURL)/(サブドメインURL)/wp-admin』と入力すると、WordPressの初期画面が表示されます。

『さぁ、はじめましょう!』をクリックして、そのままWordPressの初期設定をしてください。

必要情報を入力する

データベース名は、先ほどエックスサーバーで作成した『MySQLデータベース名』です。

ユーザー名は、先ほどアクセス権を付与した『MySQLユーザー』です。

パスワードは、MySQLユーザーを作成したときに設定したパスワードです。

データベースのホスト名は、エックスサーバーのサーバーパネルの一番下部に記載されています。

テーブルの接頭辞はそのままで問題ありません。

この画面が表示されれば、設定はうまくできています。

もし表示されなければ、入力内容に不備があるはずなので、エックスサーバーのサーバーパネルのMySQLの画面をもう一度確認してみてください。

wordpressインストール

最後にWordPressのサイトタイトルや、ユーザー名、パスワードを入力します。

この情報はWordPressの管理画面にログインする情報なので、MySQLの情報とは別なものを設定しましょう。

一般設定を確認する

初期設定ができたら、一般設定を確認してください。

管理画面左メニューの『設定』>『一般設定』をクリックします。

SSL設定

もし既存ドメインをSSL対応しているなら、サブディレクトリサイトも既存ドメインと同じように、上記赤枠を参考に『s』を加えてください。

サブディレクトリ型のメリットまとめ

既存ドメインのパワーを引き継げる

サブディレクトリサイトの一番のメリットは、既存のドメインパワーを引き継げることです。

新規ドメインは1から育てていくことになるので、なかなかアクセスを集めるのに時間がかかりますが、サブディレクトリサイトはSEO的に有利です。

検索によるアクセスを集めたいなら、新規でサイトを複数立ち上げるより、サブディレクトリサイトを立ち上げることをおすすめします。

追加料金はかからない

新規ドメインはドメインの取得料金がかかります。

.comなどでは1000円ほどだと思いますが、これは毎年更新する必要があるので、取得だけでなく維持費もかかります。

サブディレクトリは追加料金の必要はありません。

ですから、新規ドメインを取得して維持する費用を浮かせることができます。

既存ドメインにも良い影響がある

サブディレクトリサイトは、既存ドメイン(メインサイト)が検索エンジンから評価されていれば、そのドメインパワーを引き継げるのですが、その逆もしかりです。

サブディレクトリサイトが優良なコンテンツで作られていれば、サブディレクトリサイトだけでなく、その既存ドメインの評価も高くなります。

つまり、サブディレクトリサイトだけでなく、既存ドメイン(メインサイト)にも良い影響があります。

テーマ切り替えなどができる

同じドメイン内でもサブディレクトリ型のサイトにすることで、いろいろなことができます。

WordPressのテーマも、既存ドメイン(メインサイト)とサブディレクトリサイトで、切り替えることができます。

Googleアドセンス切り替え例

既存ドメイン(メインサイト)では、Googleアドセンスを貼っていても、サブディレクトサイトではGoogleアドセンスを貼らないなどもできます。

当サイト:Googleアドセンス広告あり
https://fujimotoyousuke.com/

サブディレクトリ型サイト:Googleアドセンス広告なし
https://fujimotoyousuke.com/uq-wimax2/

あまりにも異なるテーマを使うと、ユーザーは混乱するので、ユーザー目線でサイト構成は考えた方が良いでしょう。

このサイトでは、既存ドメイン(メインサイト)は雑記ブログ的な扱いなのですが、サブディレクトリサイトは特化型にしています。

エックスサーバーの自動インストールを使えば簡単にできる

エックスサーバーに標準装備されている『自動インストール』機能を使えば、サブディレクトリサイトは10分でできてしまいます。

ただし自動インストール機能を使うと、データベース一覧で『wp1』『wp2』といったデータベースが作られるとメンテナンスが大変です。

必要に応じて、FTPソフトで直接WordPressをアップロードしインストールするやり方を参考にしてください。

わたしは100以上のサイトを管理しているので、FTPソフトを使ってサブディレクトリサイトを管理しています。

でも自動インストールで作成する方法とは、ほとんどやっていることは変わらないので、全く問題ありません。

既存ドメインと親和性が低ければサブドメイン型がおすすめ

これから作ろうとしているサイトが、既存のドメイン(インサイト)とあまりにも違うジャンルを取り扱うのであれば、サブディレクトリ型ではなく、新規ドメインを取得するか、サブドメイン型が良いでしょう。

サブドメイン
サブドメインは、サブディレクトリと少し違います。

サブディレクトリ:https://aaa.fujimotoyousuke.com

サブドメイン:https://fujimotoyousuke.com/aaa

サブドメインで作成されたサイトは、既存ドメインの影響を受けづらい構造です。

既存ドメイン(メインサイト)と親和性があるならサブディレクトリ型をおすすめしますが、親和性が低いならサブドメイン型をおすすめします。

いかがでしょうか?

サブディレクトリサイトを作ろうとしている人は、初心者というより中級者以上だと思います。

既存ドメイン(メインサイト)との親和性があるなら、ぜひサブディレクトリ型をおすすめしますので、この記事を参考にして設定してみてください。

エックスサーバーでサブディレクトリを設定する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です