エックスサーバーでMySQLのデータベースをphpMyAdminでインポートする手順

WordPressでサイトを運営していたら、データベースのバックアップを、サイトに反映させることがあります。

MySQL(データベース)にデータをインポート(読み込み)させるには、エックスサーバーの管理画面から推移するphpMyAdminというツールを使うことになります。

データベースの取り扱いは、特に慎重にする必要がありますので、凡ミスがないように作業しましょう。

今回は、phpMyAdminでMySQLデータをインポートする手順を解説します。

phpMyAdminでインポートする前に確認するポイント

バックアップデータを用意する

データは.sqlや.sql.gzといった圧縮ファイルをデスクトップで用意しておいてください。

MySQLの該当のデータベースが空になっている

インポート(復元)するときは、データベースを空にしておきましょう。


このようになっているのを確認してください。

バックアップデータが用意できていて、データベースが空になっていればだいじょうぶです。

phpMyAdminでインポートする手順

すでに、バックアップデータが用意できていて、MySQL(該当のデータベース)が空の状態になっていることが前提で解説します。

phpMyAdminのインポートをクリックします。

そうすると画面が推移します。

赤枠部分をクリックし、デスクトップに用意しているバックアップファイルを選択し、アップロードします。

アップロードできたら、画面下部の実行をクリックします。

そうするとバックアップデータのインポートが開始されます。データ容量が大きいと1分ぐらいかかることがあるので、そのまま待ちます。

インポートが完了すると画面が推移します。

この画面が表示されたら、バックアップデータのインポート(復元)が完了です。

サイトの表示を確認する

該当のサイトをブラウザで表示させます。

これでバックアップしたデータが表示されていたら、問題ありませんが、もししっかり表示されていなかったら、以下のことが考えられます。

  • データベースが空になっていなかった
  • wp-config.phpに記載されているデータベース情報と違うMySQLにデータをインポートしてしまった
  • バックアップデータに不備があった

このようなことが考えられます。

もし、バックアップデータが不備があって、既にデータベースを削除してしまっていたら、エックスサーバーなら14日間さかのぼって、データを復旧することができます。

もしそのような状況に追い込まれてしまったら、こちらを参考にしてください。

エックスサーバーでMySQLデータを復元させる手順

2017.01.05

MySQLデータをインポートする補足情報

データベースの取り扱いは慎重にやりましょう。凡ミスでも致命的なミスだと、これまで積み上げてきた情報という財産が吹っ飛んでしまいます。

できればデータベースのバックアップは随時やっておきましょう。

そして、データのインポート(復元)する時は、慎重に作業してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です