エックスサーバーでMySQLのデータベースをphpMyAdminでエクスポートする手順

WordPressのデータをバックアップするときに、MySQL(データベース)からphpMyAdminを使って、エクスポート(取り出す)することがあります。

データベースの取り扱いは、特に慎重にする必要がありますので、凡ミスがないように作業しましょう。

今回は、phpMyAdminでMySQLデータをエクスポートする手順を解説します。

phpMyAdminでエクスポートする前に確認するポイント

phpMyAdminにログインできないと、エクスポートはできません

MySQLデータをphpMyAdminで取り出す場合は、phpMyAdminにログインして作業することになります。

phpMyAdminのログイン情報は、WordPressのwp-confing.phpに記載されています。

ここに記載されているように、データベースのユーザー名と、データベースのパスワードを使いますので、確認してください。

phpMyAdminでエクスポートする手順

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

管理画面のデータベースにある「phpmyadmin」をクリックします。

※エクスポートするMySQLが5.5の場合は、phpmyadmin(MySQL5.5)を選択してください。MySQLが5.0の場合は、phpmyadmin(MySQL5.0)を選択してください。

そうすると、ブラウザ上でphpMyAdminのログイン情報の入力を求められます。

この画面で、ユーザー名と、パスワードを入力します。

ユーザー名とパスワードは、wp-config.phpに記載されている、MySQLデータベースのユーザー名と、MySQLデータベースのパスワードをコピーペーストすればOKです。

 

phpMyAdminにログインしたら、赤枠部分のデータベースをクリックします。

そうすると画面が推移します。

これがデータベースの中身です。これをエクスポート(取り出し)します。

赤枠部分のエクスポートをクリックします。

そうすると画面が推移します。

エクスポートの方法などは、このままで問題ありません。

赤枠部分の実行をクリックします。

SQLデータがエクスポートされます。

このデータが、バックアップファイルです。

このデータをまたMySQLにインポートすると、データの復元ができます。

データのインポートはこちらを確認して作業してみてください。

→エックスサーバー|MySQLのデータベースをphpMyAdminでインポートする手順

エックスサーバーでMySQLのデータベースをphpMyAdminでインポートする手順

2017.01.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です