WordPressの『投稿』と『固定ページ』の違いと使い分け方

WordPressでは『投稿』と『固定ページ』という2種類の機能を使ってコンテンツを作成できます。

『投稿』と『固定ページ』の違いと使い分け方を理解した上でサイトを作成していきましょう。

WordPressの投稿と固定ページの違い

『投稿』は時系列がある

WordPressの『投稿』機能には、時系列があります。

簡単にイメージすると、ブログです。

新しく投稿すると、最新の投稿が一番上に表示されます。

『投稿』機能で作成するのは、頻繁に情報の更新があるページです。

一般的には、お知らせ、ニュース、新着情報といったコンテンツは『投稿』機能で作成しましょう。

『固定ページ』は時系列がない

WordPressの『固定ページ』機能には、時系列がありません。

簡単にイメージすると、店舗情報です。

会社やお店の情報は内容がめったに変更されず、常にサイトの決まった場所に情報を表示させておきたい情報は『固定ページ』機能を利用してページ作成します。

一般的には、アクセス情報、プロフィール、問い合わせフォームといったコンテンツは『固定ページ』機能で作成しましょう。

投稿はsingle.phpで固定ページはpage.php

WordPress初心者は読み飛ばして
WordPress中級者の方であれば、固定ページにコメント欄を表示させるといったカスタマイズをすることがあるかもしれません。

WordPressの管理画面上でカスタマイズできるテーマも多くなってきていますが、そういう機能がないテーマに関しては、直接テーマファイルを追記修正する必要があります。

WordPressのテーマファイルで、投稿にあたるテンプレートは『single.php』で、固定ページにあたるテンプレートが『page.php』ですから、それを追記修正してください。

ここでは詳しく触れませんが、WordPressデザイナーやWordPressエンジニアを目指している方であれば、投稿はsingle.phpで固定ページはpage.phpというぐらいのことは覚えておきましょう。

『投稿』も『固定ページ』もカスタマイズすることができる

投稿と固定ページの違いは時系列、つまり公開日時が有るか無いかが大きな違いです。

ただし投稿でも公開日時を非表示にすることは可能です。

また投稿にはソーシャルボタンやコメント欄が有り、固定ページにはソーシャルボタンやコメント欄が無いのが一般的ですが、これもphpを追記修正すれば、固定ページにソーシャルボタンやコメント欄を表示させることができます。

つまりカスタマイズすることができるので、『投稿』と『固定ページ』の違いをなくすことができるということです。

WordPress初心者の方であれば、まずは使用するテーマを確認してみましょう。

機能投稿固定ページ
日時あり
(※カスタマイズして非表示することができる)
なし
コメントあり
(※管理画面で非表示することがほとんど)
なし
(※テンプレートをカスタマイズして非表示することができる)
ソーシャルボタンあり
(※カスタマイズして非表示することができる)
なし
(※カスタマイズして表示することができる)

一般的に、投稿は公開日や更新日が表示され、さらにソーシャルボタンが設置できて、コメント欄が表示されると思います。

また固定ページは、公開日や更新日は表示されず、ソーシャルボタンやコメント欄はカスタマイズすれば表示されるという仕様が多いです。

例えば当サイトは『STORK』というWordPressテーマを使用しています。

このテーマで固定ページにコメント欄を表示する場合は、こちらの記事『STORKの固定ページにコメント欄を表示させる方法』を参考にしてみてください。

投稿と固定ページの使用例

ホームページは固定ページを使うことが多い

WordPressを使って会社のホームページを制作する場合は、以下のようなケースが多いです。

ホームページ投稿固定ページ
ページの機能・新着情報(ニュース)・会社情報(代表挨拶など)
・アクセス情報
・サービス
・お問い合わせ
・プライバシーポリシー

例えばですが、企業のホームページであれば、重要なのは会社の商品やサービスを魅力的に伝えることです。

これらには、公開日時という概念はあまり必要ないですよね。

新商品が発売開始されるときに、投稿機能で『〇〇が発売開始されました』という記事を作成することがあるくらいです。

個人ブログは投稿ページを使うことが多い

WordPressを使って個人ブログを運営する場合は、以下のようなケースが多いです。

個人ブログ投稿固定ページ
ページの機能・ブログ記事・プロフィール
・お問い合わせ

例えばですが、個人ブログの場合は、『先週末に〇〇に旅行に行ってきたよ!』という記事や、『今日お昼に行ったお店が安かったよ!』といった記事がメインになると思います。

これらには公開日時があった方が良いですよね。

個人ブログの場合は、ほとんど『投稿』機能を使うことが多いでしょう。

ミニサイト(アフィリエイトサイト)はどっちでも良い

テーマやジャンルを絞ったミニサイト(アフィリエイトサイト)をWordPressで制作する人は多いです。

ちなみにわたしも数多くのミニサイトを運営しています。

たとえばランチブログであれば、投稿をメインに使うと思います。

ジャンルを絞った(例えば青汁の比較サイト)であれば、固定ページをメインに使うと思います。

どちらを使わなければいけないということはありません。

投稿を一切使わず、固定ページのみでサイトを作成している人もいます。

特徴を理解してコンテンツを作ろう

WordPressの投稿と固定ページ

いかがでしょうか?『投稿』と『固定ページ』の違いはわかりましたか?

一般的な知識として、お知らせなどは『投稿』を使って、問い合わせなどは『固定ページ』で作成することが多いということは知っておいてください。

投稿や固定ページについて、絶対的なルールはありません。

カスタマイズすれば、投稿でも固定ページでも、どちらもほぼ一緒にすることができますから、それぞれの特徴を理解して、コンテンツを作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です