WordPressのPHPのバージョンはPHP7以上にしておこう【エックスサーバーで簡単に設定変更する方法】

最新バージョン

みなさん、こんにちは、ふじもんです。

今日はWordPressのPHPについて、解説したいと思います。

WordPressのバージョンを気にする人はいても、PHPのバージョンを気にする人はあまりいないんですよね。

確かにWordPressのバージョンを最新にすることは、とても重要なのですが、PHPのバージョンもできるだけ最新のものにした方が良いんですよ。

WordPress5.2以降はPHP5.6.20以上が最低必須バージョンになる

2019年4月1日にWordPress公式からリリース

WordPressの公式サイトから、こんなリリースがありました。

WordPressORG20190401リリース

日本語に訳すと、

今月末にWordPress5.2のリリースを予定していますが、それと同時にPHPの最低必須バージョンを更新します。

WordPressには、PHP5.6.20以降が必須となります。

WordPress5.1から、PHPバージョン5.6以下を使っているユーザーはダッシュボードにPHPの更新促す通知(下の画像)が表示されれる予定です。

ということです。

PHPバージョン5.6以下のサイトに出るアラート

表示される表示は、こんな感じです。

WordPress-update-php-notice

つまり、4月末にWordPressの最新バージョン5.2がリリースされる予定ですが、5.2にアップデートしたら、WordPressの管理画面にこのような表示が出る可能性があります。

この表示が出た場合は、PHPのバージョンが5.6より前のバージョンということになりますから、できるだけPHPのバージョンも最新にしましょう。

PHPのバージョンを最新にするメリット

PHPのバージョンを最新にすると以下のようなメリットがあります。

サイトの表示速度が速くなる

PHPの最新バージョンを最新にしておくと、サイトの表示速度(パフォーマンス)が速くなります。

PHP7系とPHP5系を比較すると、パフォーマンスは3倍以上違います。

つまりPHPは最新バージョンにしておけば、サイトの表示速度が速くなるといっても問題ないです。

より安全にサイトを運営できる

PHPは非常に人気がある言語のため、ハッキング被害も多いです。

そのためPHPもバージョンがあり、最新のバージョンになればなるほどセキュリティ機能が実装されています。

PHPのアップデートは、WordPressサイトを安全に運営するといっても問題ないです。

デメリットはない

PHPのバージョンを更新しない方が良いということはありません。

確実にアップデートした方が良いですし、PHPを最新バージョンにすることによるデメリットはほぼありません。

あるとすれば、サイトが崩れるなどのことですが、ほとんどの場合、問題なくアップデートできるはずです。

もし画面が真っ白になってしまったら困るという人は、バックアップを取得しておきましょう。

エックスサーバーで簡単にPHPを最新のバージョンに設定変更する方法

サーバーパネルにログインする

php_ver_1

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、『PHP Ver.切替』をクリックします。

バージョンを選択する

php_ver_2

現在のバージョンを確認できます。

PHPのバージョンが5系だったら、最新の7系にしておきましょう。

最新のバージョンを選択し、『変更』をクリックします。

これだけです。1分もあればできてしまうので、PHPのバージョンを最新のバージョンにしておきましょう。

管理しているサイト(ドメイン毎に)、同じ作業が必要になりますので、全部のサイトで対応を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

重要なのは、『WordPressのバージョンだけでなく、PHPのバージョンも最新のものにしておきましょう。』ということです。

php-version

2019年4月4日時点で、PHPの最新バージョンは7.3(PHP公式サイト)です。

エックスサーバーでさっき確認したら、設定できるバージョンはPHP7.2.6が最も新しいバージョンでした。

近日中にPHP7.3に対応すると思います。

サーバーパネルにログインしたら最新のバージョンに更新しておきましょう。

参考になれば幸いです。

サーバースピードが遅い

WordPressにエックスサーバーをおすすめする9つの理由

2017年1月10日
最新バージョン
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。