【WordPressのリンク設定】別タブ(target=”_blank”)設定のメリットとデメリット

WordPressでコンテンツを作成する際に、ユーザーのことを考えるとリンクを設置してあげた方がユーザーにとっては便利です。

このリンク設置は、『別タブでリンク先を表示させる』か『同じタブでリンク先を表示させる』の2種類があります。

どちらが良いのか、筆者の認識を解説します。

WordPressのリンク設置

リンク設置

別タブでリンク先を表示させる

WordPressでリンクを設置する時には、『リンクを新しいタブで開く』にチェックを入れれば、別タブでリンク先を表示させることができます。

同じタブでリンク先を表示させる

ここのチェックを外すと、同じタブでリンク先を表示させることができます。

違いが分かりますか?

WordsPressの編集画面をビジュアルモードからテキストモードにすると、target=”_blank”というHTMLコードが有るか無いかの違いに気づきことができます。

つまりテキストモードでtarget=”_blank”を加えれば、別タブでリンク先を表示させることができるということです。

別タブ(target=”_blank”)設定のメリットとデメリット

target=”_blank”は外部サイトへリンクする場合が良い

別タブでリンク先を表示させると、元のページはそのままにしておけます。

パソコンだと、別タブで開くので、元のページに戻ってきやすいというメリットがあります。

その逆で、デメリットはスマートフォンだと、タブを開きまくるので、操作がめんどくさくなってしまうといわれています。

target=”_blank”を使ってリンク設置する場合は、外部サイトにリンクさせるときに使う手法と認識されています。

target=”_blank”無しはサイト内部にリンク設置する場合が良い

同じタブでリンク先を開くので、操作が非常にシンプルです。

スマートフォンでも戻るボタンをクリックするだけで、戻れます。

target=”_blank”を使わないでリンク設置する場合は、サイト内部にリンクさせるときに使う手法と認識されています。

どちらが正しいというわけではない

リンク先の設定は、別タブが良いのか、同じタブが良いのか、どちらが正しいというわけではありません。

SEO的にどちらが有利なのか、GoogleのKさんに聞いたのですが、target=”_blank”の有り無しは関係ないという認識でした。

SEO的にはtarget=”_blank”の有り無しより、rel=”nofollow”の設定はしっかりやるべきです。

わたしは以上のことから、target=”_blank”は外部サイトにリンクする場合に設置しています。

最近はスマートフォンユーザーがほとんどなので、あまりtarget=”_blank”は使わない方が良いという認識です。

ということで、target=”_blank”を設置しても設置しなくても、SEO的にはあまり関係ないと言われていますが、外部サイトにリンクする時は別タブで設置して、サイト内部にリンクする時は同じタブで設置するのが、一般的と考えて問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です