WiMAXのプロバイダ11社を比較してわかったこと

WiMAXのプロバイダ11社を比較してわかったこと

WiMAXを扱う11社のプロバイダの特徴を整理して比較しました。

分析してみた結果、家電系のプロバイダはメリットがないのでおすすめできないことがわかりました。

WiMAXのプロバイダ11社の特徴

BroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAXは当サイトでイチオシのプロバイダです。

キャッシュバックなどの煩雑な料金プランではないのが安心して使える理由ですね。

月額料金が。実質一番安いので、一番人気のプロバイダです。

またネットで申し込むプロバイダなのにもかかわらず、WiMAX端末を最短当日で受け取れる『店舗受取サービス』があります。

さらにWiMAXに不満を感じたら他サービスに乗り換え可能な『ご満足保証サービス』もあって、本当に安心して申し込めるプロバイダです。

WiMAX2+の月額料金は、業界最安値です。

3年のトータル金額は130,941円です。

月額料金で選ぶなら、BroadWiMAXがおすすめです。

BroadWiMAX : https://wimax-broad.jp/

GMOとくとくBB


GMOとくとくBBは、キャッシュバックが魅力のプロバイダです。

月替わりのキャンペーンのため、キャッシュバック金額は変わりますが、GMOとくとくBBはどのプロバイダよりもキャッシュバック金額が大きいのが特徴です。

ただし、キャッシュバックの手続きが、契約後11ヵ月後にGMOから送られる「口座情報登録メール」を1ヶ月以内に手続きしないとキャッシュバックを受けられず、期限を過ぎるとキャッシュバックは受けられないということが難点です。

さらに解約手数料が、24,800円と他のプロバイダよりも5,000円以上高めに設定されているのも心配な点です。

別の記事にまとめていますが、キャッシュバックの手続きさえしっかりやれば、3年のトータルコストは最安値になるプロバイダです。

キャッシュバック(40,900円)をしっかり受け取れれば、3年間で113,606円と最安値になり、BroadWiMAXより17,335円安くなります。

ただしキャッシュバックが受け取れなかった場合は154,506円となり、BroadWiMAXより23,565円も高くなります。

GMOとくとくBB:https://gmobb.jp

BIGLOBE

BroadWiMAXやGMOとくとくBBと比べると月額料金やキャッシュバックでは劣りますが、BIGLOBEを選ぶ理由は、口座振替が可能ということです。

ほとんどのプロバイダは、月額料金の支払方法はクレジットカードに限定されていますが、BIGLOBEとUQコミュニケーションズだけは口座振替が可能です。

BIGLOBEで申し込む際は、クレジットカードならキャッシュバックは最大30,000円ですが、口座振替の場合は最大20,000円となります。

クレジットカードをどうしても使いたくない人は、口座引落手数料(200円)が加算されてしまいますが、口座振替対応ができるプロバイダとしておすすめです。

BIGLOBEのキャッシュバック(30,000円)をしっかり受け取れれば、3年間で129,310円となり、BroadWiMAXより1,631円安くなります。

ただしキャッシュバックが受け取れなかった場合は3年間で159,310円となり、BroadWiMAXより28,369円も高くなります。

BIGLOBE: https://biglobe.ne.jp

So-net

So-netはキャッシュバックもあり、お試し期間の料金が安いのが特徴のプロバイダです。

老舗のインターネットサービスプロバイダとして、サポート体制の評判が良く、安心して契約したい人におすすめのプロバイダです。

キャッシュバックは、WiMAX端末が届き次第、管理画面でできるので、GMOとくとくBBのような煩雑さはありません。

キャッシュバックは欲しいけど、GMOとくとくBBのような煩雑さは嫌で、サポート体制の評判の良さで選ぶならおすすめのプロバイダです。

So-netのキャッシュバック(30,000円)をしっかり受け取れれば、3年間で119,660円となり、BroadWiMAXより11,660円安くなります。

ただしキャッシュバックが受け取れなかった場合は3年間で149,660円となり、BroadWiMAXより18,719円も高くなります。

So-net:https://www.so-net.ne.jp

UQコミュニケーションズ

WiMAXの回線を管理する会社で、直接販売している移動体通信事業者です。

WiMAXだけでなく、au 4G LTE回線を利用した『UQモバイル』も提供しています。

直接販売だと一番安いというイメージがありますが、そういうわけではありません。

BroadWiMAXやGMOとくとくBBのようなネット系代理店や、ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店とともにWiMAXを拡販するため、UQコミュニケーションズは、キャッシュバックや月額料金割引などはしていません。

またUQコミュニケーションズでWiMAXを申し込んでも、他のプロバイダでWiMAXを申し込んでも、通信回線などはまったく変わりません。

ですから、WiMAXを申し込むなら、プロバイダを利用した方が絶対にお得です。

UQコミュニケーションズのキャッシュバック(10,000円)をしっかり受け取れれば、3年間で148,628円となり、BroadWiMAXより17,687円高くなります。

さらにキャッシュバックが受け取れなかった場合は3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高くなります。

UQコミュニケーションズ: http://www.uqwimax.jp/

ヨドバシカメラ

yodobashi

家電量販店で人気のヨドバシカメラでは、WiMAXについて店頭スタッフから詳しく聞けるのが特徴です。

また月額料金の割引は、UQコミュニケーションズと一緒で値引きはありません。

店頭キャンペーンによって、ヨドバシ商品券や、当日キャッシュバックがあります。ただしこれは注意が必要です。

「まとめてプランL」という余計なプランに加入すれば5万円分の商品券がもらえるのですが、実質1670円×2年の約4万円かかるので、1万円しかキャッシュバックされないことになります。

当日キャッシュバックも、20,000円キャッシュバックなどですが、WiMAXを申し込んだ当日に20,000円以上の買い物で20,000円円の値引きなので、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどに比べるとお得ではありません。

ましてや月額料金も割引がないので、BroadWiMAXと比べてもおすすめするポイントがありません。

あえておすすめできるとすれば、ヨドバシカメラは在庫が豊富になるので、当日持ち帰ることができるということと、店員に詳しく聞けるということぐらいです。

家電量販店はどこも、月額料金が4,380円で固定され、これはUQコミュニケーションズと一緒になります。

キャッシュバックがなければ、3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高くなります。

ヨドバシカメラ:https://www.yodobashi.com

ビックカメラ

biccamera

全国にある家電量販店の人気のビックカメラで申し込むのは、BicWiMAXというプロバイダ契約で、コジマやソフマップで契約しても『BicWiMAX』というプロバイダ契約になります。

月額料金の割引は、UQコミュニケーションズと一緒で値引きはありません。

ヨドバシカメラ同様、「まとめてプランL」という余計なプランに加入すれば5万円分の商品券がもらえるのですが、実質1670円×2年の約4万円かかるので、1万円しかキャッシュバックされないことになります。

キャッシュバックも、20,000円キャッシュバックなどですが、WiMAXを申し込んだ当日に20,000円以上の買い物で20,000円の値引きなので、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどに比べるとお得ではありません。

ましてや月額料金も割引がないので、BroadWiMAXと比べてもおすすめするポイントがありません。

店頭で詳しく話を聞ける以外のメリットはありません。

ビックカメラも月額料金が4,380円で固定され、これはUQコミュニケーションズと一緒になります。

キャッシュバックがなければ、3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高いです。

ビックカメラ:http://www.bic-ws.net/

ヤマダ電機

yamadadenki

全国に600店舗以上あるヤマダ電機は、『YAMADA Air Mobile WiMAX』というプロバイダ契約で、ベスト電器で契約しても『YAMADA Air Mobile WiMAX』というプロバイダ契約になります。

月額料金の割引は、UQコミュニケーションズと一緒で値引きはありません。

キャッシュバックは、WiMAX端末ごとに設定されていて、WX04だと当日の1万円のキャッシュバックですが、WiMAXを申し込んだ当日に10,000円以上の買い物で10,000円の値引きなので、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどに比べるとお得ではありません。

さらにW05だとキャッシュバックが5000円だったので、機種によってはキャッシュバック金額が異なります。

だからBroadWiMAXを選ばずに、ヤマダ電機で契約するのであれば、店頭スタッフが気に入ったら情で申し込むぐらいで、メリットは全くありません。

ヤマダ電機も月額料金が4,380円で固定され、これはUQコミュニケーションズと一緒になります。

キャッシュバックがなければ、3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高いです。

ヤマダ電機:http://www.yairmobile.jp/

ケーズデンキ

ksdenki

全国に400店舗以上あるケーズデンキは、『KT WiMAX』というプロバイダ契約です。

月額料金の割引は、UQコミュニケーションズと一緒で値引きはありません。

ケーズデンキ全店舗ではありませんが、1泊2日は『ただで貸出』というお試しできるキャンペーンをしています。

キャッシュバックは、WiMAX端末ごとに設定されていて、WX04だと当日の1万円のキャッシュバックですが、WiMAXを申し込んだ当日に10,000円以上の買い物で10,000円の値引きなので、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどに比べるとお得ではありません。

さらにW05だとキャッシュバックが0円だったので、機種によっては特典は全くありません。

だからBroadWiMAXを選ばずに、ケーズデンキで契約するのであれば、店頭スタッフが気に入ったら情で申し込むぐらいで、メリットは全くありません。

ケーズ電機も月額料金が4,380円で固定され、これはUQコミュニケーションズと一緒になります。

キャッシュバックがなければ、3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高いです。

ケーズデンキ:https://www.kt-wimax.com/

エディオン

edion

全国に1100店舗以上あるエディオンは、『エディオンネット』というプロバイダ契約です。

月額料金の割引は、UQコミュニケーションズと一緒で値引きはありません。

さらにキャッシュバックもありません。

だからBroadWiMAXを選ばずに、エディオンで契約するのであれば、店頭スタッフが気に入ったら情で申し込むぐらいで、メリットは全くありません。

エディオンも月額料金が4,380円で固定され、これはUQコミュニケーションズと一緒になります。

3年間で158,628円となり、BroadWiMAXより27,687円も高くなります。

キャッシュバックもないので、おすすめできないです。

エディオン:http://www.enjoy.jp/

ノジマ

nojima

全国に180店舗以上あるノジマは、『nojima WiMAX Servise』というプロバイダ契約でしたが、現在は新規申し込みができません。

ちょっとややこしいですが、店頭でUQコミュニケーションズの申し込みをした人が、ノジマのポイントカード15,000円分がつくというメリットがあります。

ノジマで契約する場合は、UQコミュニケーションズと契約することになるので、3年間で158,628円ですね。

BroadWiMAXより27,687円も高いです。

ノジマ:http://www.nojima.co.jp/

家電系のプロバイダはおすすめできない

WiMAXを契約する際に、月額料金の安さで選ぶならBroadWiMAXがおすすめです。

わたしだったら、キャッシュバックとか忘れる可能性あるし、手続きもめんどくさいので、トータル的に安いとこを選びますね。

少なくとも、家電量販店では購入はおすすめできないですね。

月額料金の比較をして、家電量販店で契約するメリットがないのは事実です。

WiMAXのギガ放題プランは、どのプロバイダで契約しても、回線の品質は変わりありません。

だからわたしはBroadWiMAXで契約することをおすすめします。

わたしのおすすめ
機種を迷っている人は要チェック:WiMAXの機種診断

すぐに使いたい人は店頭受取:即日開通

キャッシュバックで迷っている人は要チェック:キャッシュバックに騙されるな

他社WiMAXから乗り換えを検討:違約金負担で実質無料

これからWiMAXを契約しようと思っている人の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です