フリーWiFiが使えるおすすめカフェ【WiFi実測調査】

カフェでフリーWiFiが使えるのが当たり前になってきています。

スターバックス、コメダ珈琲、ルノアール、カフェベローチェ、タリーズ、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、上島珈琲店、プロントと、大手9社のカフェのWiFiについて情報をまとめました。

カフェで作業したいあなたに有益な情報です。ぜひブックマークしてご活用ください。

フリーWiFiが使えるカフェおすすめ順

カフェネットワーク名
(SSID)
利用条件通信速度コーヒー代
コメダ珈琲Komeda_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約40Mbps430円
ルノアールRenoir_Miyama_Wi-Fi1回180分間
1日1回のみ
約25Mbps610円
上島珈琲店+Free_UESHIMA_WiFiなし約30Mbps390円
タリーズtullys_Wi-Fiなし約20Mbps320円
スターバックスat_STARBUCKS_Wi21回60分間
回数無制限
約30Mbps280円
ドトールコーヒーDOUTOR_FREE_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約30Mbps220円
エクセルシオールDOUTOR_FREE_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約30Mbps300円
カフェベローチェ+veloce_free_wifi1回60分間
1日6回のみ
約10Mbps200円
プロントPRONTO_FREE_Wi-Fi1回30分間
1日3回のみ
約10Mbps240円

フリーWiFiが使えるおすすめカフェは、結論からいうとコメダ珈琲ルノアールです。

その理由を、それぞれ解説します。

ちなみにこれは、わたし個人的な評価です。あらかじめご了承ください。

コメダ珈琲

コメダ珈琲は、ほとんどの店舗でWiFiが使える印象です。

最安値メニューは、コメダブレンドコーヒーで430円です。

コメダ珈琲といえば、モーニングですよね。

開店から11時までは、コーヒーを注文すれば、トーストとゆで卵がサービスになるので、めちゃめちゃ嬉しいです。

あと店舗の雰囲気が静かな感じなので、集中した時はあっという間に時間がたっている感じです。

コメダ珈琲は、あまり混雑していないのが良いですよね。

店内にいる人の年齢層が高い気がしますが、みんなパソコンをしている感じではなく、どちらかというと読書をしている人が多いような気がします。

だからなのか、比較的にWiFiのスピードは速いという印象です。

わたしが計測した時は40Mbps前後でした。

WiFiを快適に使って作業したい人、例えば動画編集してYouTubeにアップロードするなら、わたしならコメダをおすすめします。

座席もソファーがフカフカな感じだし、スタッフさんがとてもやさしい!

コメダ珈琲は、朝早くから午前中くらいまでの時間が特におすすめです。

ルノアール

『落ち着いて作業するなら、ルノアール』っていうぐらい、集中して作業できるカフェなのでおすすめです。

ビジネスマンが多く、ガヤガヤしていないので、良いですね。

ただコーヒー代が、610円と他のカフェと比べてちょっと高いです。

ただルノアールは、コーヒー代というより、空間利用料として妥当だと思いますね。

WiFiのスピードは、わたしが計測した時は25Mbps前後でした。

ネットが遅いと思うことは、いままで一度もなかったと思います。

1回接続したら180分(3時間)使えるので、途中でネット接続が切れていたということも、あまりありません。

ただし1日1回接続のみなので、上限は3時間です。

ソファーも柔らかく、集中してパソコン作業したい人には、ルノアールはおすすめです。

上島珈琲店

上島珈琲のWiFiのスピードは、わたしが計測した時は30Mbpsでした。

WiFiの利用制限がないため、長時間利用するのに適しています。

上島珈琲でパソコンをしている人はあまり多くない印象で、WiFiが速い感じで、結構集中できます。

上島珈琲の客層は、年齢層が高いって思うんだけど、気のせいかな。

それとタバコ臭い人が多い気がして、当たりはずれがある印象です。

ブレンドコーヒーが390円と、高くもなく安くもない価格帯です。

コンセントがある席に座れれば、上島珈琲はおすすめです。

店内はちょうどいい感じの明るさで、集中できる要素が詰まっています。

たまたまかもしれませんが、タバコ臭い人が多い印象なので、そこがポイントですね。

タリーズ

タリーズも、ほとんどの店舗でWiFiが使えます。

しかも利用制限がないため、長時間利用するのに適しています。

WiFiのスピードは、わたしが計測した時は20Mbps前後でした。

そしてタリーズが一番電源コンセントがあるような気がします。

つまりパソコンを充電しながら、作業できます。

コーヒー代は、本日のコーヒーが320円です。個人的にタリーズのコーヒーはおいしくて好きです。

ただ、唯一残念なのが、ちょっとエアコン温度が自分にあわない感じで、なかなか集中できない印象です。

スターバックス

スターバックスのほとんどの店舗でWiFiが使える印象です。

最安値メニューは、ドリップコーヒー(ショートサイズ)で290円です。

コーヒーお代わりサービス(ワンモアコーヒー)で、2杯目は150円なのも嬉しいですよね。

長時間作業する人で、さらにコーヒーを2杯以上注文する人にとっては、スタバはおすすめです。

スタバのフリーWiFiは、1回の接続が60分間で、何回も使えます。

接続スピードはわたしが計測した時は約30Mbps前後ですが、混雑時は10Mbps以下になることも多いです。

スタバは、電源がある席が空いてることは稀で、人気店だと朝イチに行かないと電源がある席は確保できないと思った方が良いです。

スタバはいろいろな形態の店舗がありますが、テラス席とかでもWiFiの利用は可能です。

ただし通信が不安定になるので、基本的にはWiFiルーターの近くで利用するのが良いと思います。

スタバの雰囲気は悪くないし、店舗の立地も駅近とかの良いところにあるんだけど、基本的にWiFiは混雑していることが多いので注意です。

ドトールコーヒー

ドトールは、ブレンドコーヒーが220円とコーヒー代が安いです。

ほとんどの店舗でWiFiが使えます。

WiFiのスピードは、わたしが計測した時は30Mbps前後でした。

WiFiは1回60分で1日何回でも接続できます。

ただ、ドトールは、一見良さそうに思えそうですが、残念ながら座席はちょっと狭く、しかもテーブルがちょっと高めで、集中してパソコン作業するのには適さない印象です。

それと個人的に、ドトールは店舗数が多いのですが、コーヒー代が安いのもあって、受験勉強の学生さんや、主婦の会合で使われている印象が強く、落ち着いて作業できる感じではないのが、ちょっと残念です。

エクセルシオールカフェ

エクセルシオールカフェは、混雑していなければ、おすすめのカフェです。

ほとんどの店舗でWiFiが使えます。

WiFiのスピードは、わたしが計測した時は30Mbpsでした。

SSID(WiFiのネットワーク名)をみたら気づく方もいると思うのですが、エクセルシオールカフェのSSIDは、ドトールと同じです。

間違いだと思って店員さんに聞いてしまいましたが、どうやらドトールとエクセルシオールは、同じ会社が運営しているようですね。

ただブレンドコーヒーが300円と、ドトールとはコーヒー代が違うのは何ででしょうね???

まぁ、いろいろあるんでしょうけど、まとめるとエクセルシオールは、混雑していなければテーブルも広くて比較的快適に過ごせて、パソコン作業がはかどる印象なのですが、混雑してることも多いので、あたりはずれがある感じです。

カフェベローチェ

ベローチェは、ブレンドコーヒーが200円と、コーヒー代が安いのが特徴です。

また座席の比較的回転率が良いので、時間を決めて短時間集中型で利用させてもらっています。

WiFiは、1回60分で、1日6回まで接続できます。

ベローチェに6時間もいたことはありませんが、比較的回転率が良いので、長居するのはちょっと気がひけますね。

WiFiのスピードは、わたしが計測した時は10Mbps前後でした。

店内が混雑していると、かなり遅くなって1Mbps前後になることもありました。

コーヒー代が安いだけに、人気なのはわかりますが、パソコン作業にはあまりおすすめできない印象です。

プロント

プロントは店内の明るさがちょうどいい感じです。

WiFiは、他と比べるとちょっと遅くて、わたしが計測した時は10Mbps前後でした。

WiFiは1回30分で、1日3回まで接続できます。

他と比べると、ちょっと不便ですね。

プロントのホットコーヒーは、240円と比較的安いです。

ただ、プロントは座席が狭く、パソコン作業にはあまりおすすめできない印象です。

ただ打ち合わせとかは、いつも良い感じなので、誰かと待ち合わせするならプロントを使うようにしています。

コーヒー代が安い(コスパが良い)カフェ

カフェネットワーク名
(SSID)
利用条件通信速度コーヒー代
カフェベローチェ+veloce_free_wifi1回60分間
1日6回のみ
約10Mbps200円
ドトールコーヒーDOUTOR_FREE_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約30Mbps220円
プロントPRONTO_FREE_Wi-Fi1回30分間
1日3回のみ
約10Mbps240円
スターバックスat_STARBUCKS_Wi21回60分間
回数無制限
約30Mbps280円
エクセルシオールDOUTOR_FREE_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約30Mbps300円
タリーズtullys_Wi-Fiなし約20Mbps320円
上島珈琲店+Free_UESHIMA_WiFiなし約30Mbps390円
コメダ珈琲Komeda_Wi-Fi1回60分間
回数無制限
約40Mbps430円
ルノアールRenoir_Miyama_Wi-Fi1回180分間
1日1回のみ
約25Mbps610円

コーヒー代が安い順だと、ベローチェ、ドトール、プロントという感じです。

ただWiFiを使って、パソコン作業するという時は、プロントの1回30分で1日3回接続は、ちょっと不便な気がします。

コーヒー代が安い(=コスパが良い)カフェという視点で選ぶなら、個人的にベローチェか、ドトールがおすすめです。

短時間ならベローチェ、長時間ならドトールという感じです。

カフェのフリーWiFiを使う時の注意点

カフェのフリーWiFiは、最低限のセキュリティ対策がされています。

ただ、不特定多数が接続しているということや、暗号化通信がされていないWiFiもあるので、セキュリティには気をつけましょう。

まず、クレジット情報などの個人情報の入力は、控えることをおすすめします。

セキュリティが気になる人は、VPN接続(バーチャルプライベートネットワーク)を使って、フリーWiFiを使いましょう。

VPNがわからない人は、YouTubeでも解説しているので参考にしてください。

あとわたしは一応アバストというVPNを使っています。

アバスト『セキュアラインVPN 』のレビュー

アバスト『セキュアラインVPN 』のレビュー【中国に行くならこれはマジでおすすめ!】

2018年3月9日

多少WiFiスピードは落ちますが、セキュリティのためなら、わたしは対策することをおすすめします。

そもそも、わたしはモバイルWiFiがあるので、フリーWiFiを使うのは稀です。

不特定多数の人と、同じネットワークを使うのは、やっぱり遅くなることが多いし、セキュリティにも不安があるので、できれば外出先で使えるモバイルWiFiを検討した方が良いですよ。

WiFiルーター

おすすめポケットWiFiランキング【全60社のWiFiサービスを比較しました】

2020年9月7日
\今月のおすすめはこちら/

ふじもんコラボ

ふじもんコラボ
初期費用50%割引

モンスターモバイルを 最安値で申込できます。

モンスターモバイルは ふじもん注目のWiFiサービスです。

超後発のWiFiサービスですが、
他のWiFiと何が違うのか、責任者の村上さんに聞いてきました!

インタビュー動画でチェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。