SEOで検索順位を上げる方法【ホワイトハットSEOの基本】

seo-white

SEO対策で運営するサイトの検索順位をあげたいなら、記事を量産すれば良いわけではありません。

SEO対策のために検索順位をあげるには、いくつかポイントがあります。

その理由や根拠が気になる人はぜひチェックしてみてください。

検索順位に満足していない人、ホワイトハットSEOの基本を知りたい人の参考になれば幸いです。

SEOで検索順位を上げる方法

狙ったキーワードで上位表示されるような記事を書く

SEO対策で狙ったキーワードで上位表示を狙うなら、上位表示されるような記事を書かなければなりません。

上位表示されるような記事のポイントは、こちらの条件を満たしています。

狙ったキーワードで上位表示させたい記事の条件
・キーワードに対して答えをしっかり明示されている
・検索意図を理解した情報を網羅されている
・専門用語は使わずわかりやすい言葉を使っている
・共感しやすい話し言葉を使っている
・情報の順番が『結論→理由→具体例』になっている
・適切に画像を使われている
・見出しが適切に使われている

SEO対策で上位表示を狙いたいなら、記事がこの条件を見たいしていないとムリです。

特に『キーワードに対しての答えがしっかりと明示されている』は超重要です。

SEO対策をよくわかっていない人は、とにかく記事をたくさん書けば良いと思っています。

それは間違った認識ですよ。

同じような記事を追加しても意味がないどころか、重複コンテンツと評価され、逆効果になりかねません。

SEO対策でもう少し検索順位をあげたいと思ったら、『記事数を増やしたら良い』という考え方は少し危険です。

SEO対策で順位をあげるなら、上位表示されるような記事が必要です。

広告ユニットの名前

SEOに強い文章の書き方【7つのテクニック】

2019年1月15日

狙ったキーワードの複合キーワードの記事を書く

狙ったキーワードに対しての記事を用意したら、その記事の関連する記事を作ります。

例えば『WordPress サーバー』で上位表示を狙うなら、『WordPress サーバー』の複合キーワードの関連記事を作ります。

具体的には『WordPress サーバー+○○』というように、さらにサジェスト候補になるようなワードをキーワードに設定します。

WordPress サーバー』の複合キーワードであれば『WordPress サーバー 安い』とか『WordPress サーバー 移転』というのが良さそうですね。

『WordPress サーバー 安い』とか『WordPress サーバー 移転』という複合キーワードを、入力した閲覧者をイメージして丁寧に解説します。

このように狙ったキーワードより、さらに複合されたキーワードを狙うのは、この後に解説する『内部リンク』もありますが、『複合キーワードを入力する閲覧者は検索モチベーションが高い』という理由もあります。(複合キーワードを入力する人は、知りたい情報を知るまで複数のページを閲覧する傾向があります)

内部リンクを設置する

WordPress サーバー』で上位表示を狙うなら、『WordPress サーバー 安い』と『WordPress サーバー おすすめ』と『WordPress サーバー 移転』などの記事コンテンツを用意し、『WordPress サーバー』の記事に、内部リンクを設置します。

イメージはこちらのような感じです。

WordPressサーバーの例

こうすることで、『WordPress サーバー 安い』というページを見たユーザーが、『WordPress サーバー』を見るために内部リンクを通じて、アクセスが集まります。

複合キーワードを入力してサイトを訪問している場合、情報を絶対に知りたいというモチベーションが高い傾向があるので、サイト内を回遊してくれます。

そういった複合キーワードの記事から、狙ったキーワードの記事へ内部リンクを設置することで、自然と閲覧者が集まる構造となり、Googleはそれを評価して上位表示されるという仕組みです。

まとめ

SEOで順位を上げたいなら、狙ったキーワードのさらに複合化されたキーワードの記事を作って、狙ったページに内部リンクを設置することです。

複合キーワードをわざわざ検索して流入する閲覧者は、検索モチベーションが高い傾向があるので、その閲覧者が満足するような記事コンテンツがつくれれば、狙ったページも閲覧してくれるでしょう。

そして結果的に、Googleはそのようなページを評価します。

この手法はホワイトハットSEOの典型的な例です。

SEO対策で検索順位をあげたいなら、非常に有効な手段なので、ぜひやってみてください。

SEO対策の基本

SEO対策の基本【ホワイトハットSEOとブラックハットSEO】

2019年1月18日
seo-white

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です