【SEO対策】Webライティングのスキルを身につける方法

【SEO対策】Webライティングのスキルを身につける方法

SEO対策のためにWebライティング方法を知りたい。具体的なWebライティングのスキルを身につけたい。

新聞記者のような文字を書くプロでも、Webライティングを身につけないとアクセスはアップしません。

SEO対策をしっかりやりたいなら、Webライティングのスキルをしっかり身につけましょう。

Webライティングのスキルを身につける方法

書籍で知識を得る

SEOに関する書籍はたくさんありますので、まずは数冊読みましょう。

わたしは余裕で100冊以上読み漁りました。

『Webライティング』の書籍だけでは表面的な知識しか身につかないので、『キーワード選定』についての書籍や、『Webマーケティング』についての書籍などを使って、トータル的にSEOについて最低レベルの知識を得ることが重要です。

初心者におすすめの書籍

ブログ初心者におすすめの書籍【厳選した13冊】 ​

2018年12月29日

この段階でSEOについての知識は最低限レベル身につけばOKです。

深い専門的なSEOの知識は、サイトを検証して改善することのみによって身につきます。

ですから書籍ばかり読みすぎるのはおすすめできません。

最低レベルのSEOに関する知識を、書籍で得てください。

狙うキーワードを決める

SEO対策では、Webライティングよりも重要なのは、キーワード選定が重要と言って過言ではありません。

キーワードが定まっていない記事は、どんなにプロががんばってもアクセスは集まりません。

狙うキーワードを決めましょう。

PDCAでいえば『P(Plan)』ですね。

特殊構文検索

SEOで狙うべき検索ボリュームの目安とは【キーワードプランナー】

2019年1月16日

キーワードが決まれば、あとは戦略を固めていきます。

競合を分析する

SEO対策に重要なのは、競合を知ることです。

狙ったキーワードで上位表示させるためには、競合するサイトよりも、情報量がつまった記事にする必要があります。

SEO

SEO対策で競合分析できるツール【競合サイトの確認ポイント】

2019年1月7日

競合分析しすぎることはあまりおすすめしませんので、最低限の競合を分析するようにしてください。

とにかくブログを書く

本当にWebライティングを身につけたいなら、インプットだけでは無理です。

SEO対策に関して得た情報を参考に、ブログでアウトプットしないと、SEOに強いWebライティングは身につきません。

PDCAでいえば『D(Do)』ですね。

ただどうやってブログを書いて良いかわからない人が多いので、見出しの使い方などを解説しています。

レポート

SEOに強い記事コンテンツの書き方【h2とh3の設定のコツ】

2019年1月3日

この内容をWebライティング講座の受講生に説明したところ、普通の主婦でもブログが書けたという人がすごく多いです。

ブログを書く時には、見出しを設定して記事の骨組みを完成させた方が読みやすくわかりやすい記事になります。

骨組みに肉付けするように文章を加えていくと、初心者でもSEOに強い記事が書けます。

SEOに強いWebライティングを身につけたいなら、とにかく見出しを作ってから文章を書きましょう。

検索する人の気持ちを考えてブログを見返してみる

ブログを書いてみたら、その文章が検索する人が知りたい情報がわかりやすく書かかれているのかを、見返してみてください。

検索する人の気持ちを考えて見返してみてください。

SEO検索意図

SEOにおける検索意図の重要性とは【具体例もあわせて解説】

2019年1月5日

ブログを書くといっても、読まれない文章をズラズラ書いても読まれません。

検索してサイトにたどり着いた閲覧者が、本当に知りたいことが書かれているかがポイントです。

サイトを検証する

SEO対策に必要なのは、長期的にサイトを運営して、検索順位をチェックしながら改善していくことです。

PDCAでいえば『C(Check)』ですね。

SEO対策で絶対にチェックすべきはGoogleサーチコンソール(Webマスターツール)です。

特殊構文検索

Googleサーチコンソールの使い方【アクセスを増やしたいなら使いこなせ】

2016年11月17日

Googleが無料で公開しているサービスですが、Googleサーチコンソールは使いこなしましょう。

し検索順位だけでなく、どんなキーワード(検索クエリ)でサイトがインデックスされているかなどを把握することで、追加すべき記事コンテンツの材料にします。

アクセスが無い記事を削除して書き直す

SEO対策して記事を書いても、残念ながらアクセスが集まらない(まったく読まれない)記事もあります。

記事を書いたらある程度そのままにしておきますが、記事を公開して6ヶ月たっても、アクセスが0だったら、Googleが価値が低い記事と判断している可能性が高いです。

そういう時は、リライト(記事修正)して、情報量を増やしましょう。

PDCAでいえば『A(Action)』ですね。

リライトするぐらいなら1から書いた方が早いということもあると思いますので、そういう時は新規記事に301リダイレクトさせましょう。

これは結構アクセスアップさせるのに有効な手段です。

テンプレート

【SEO対策】価値の低いブログ記事を削除する判断基準

2019年1月10日

まとめ

簡単にまとめましたが、今回紹介した方法が、SEO対策に必要なWebライティングを身につける方法です。

重要なのはブログを書くことです。

とにかくブログを書き続けなければ、SEOの知識も身につきませんし、Webライティングのスキルも身につきません。

完璧を目指すのではなく、自分ができるレベルでブログをとにかく書きましょう。

Webライティングのスキルを身につけるためには、PDCAすることが最も近道だと断言します。

PDCAの繰り返しが、Webライティングを身につける近道であり、サイトのアクセスアップの近道です。

机上の空論的な知識を身につけても意味ありません。

Webライティングのスキルを身につけるのに最も大切なことは、ブログを書くことです。

SEO

SEO対策マニュアル【入門・基礎・プロレベルでも使える知識】

2019年1月31日
スポンサードリンク
【SEO対策】Webライティングのスキルを身につける方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です