【テンキー無しのキーボード】AOK-184BK-Aの商品レビュー

【テンキー無しのキーボード】AOK-184BK-Aの商品レビュー

わたしはテンキーがないキーボードをを探していて、いろいろなキーボードを使ってみようと思い、『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード』を購入してみました。

今回は『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』をレビューします。

AOTECH スリムミニパンタグラフキーボードのレビュー

パンダグラフなので打ちやすい

キーが小さい

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード』は、パンダグラフのキーボードなので、キーの打ち心地は良いです。

音もうるさくないし、ちょうど良い音だと思いました。

マウスが使いやすくて良い

マウス使いやすい

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード』は小さいので、持ち運びは便利です。

マウスもすぐ横で操作できるので、めちゃめちゃ良いです。

コンパクトだし、持ち運びが楽ということもあるので、サーバールームとかの作業には向いていると思いました。

斜度がない

高さがない

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード』は薄いので持ち運びは便利なのですが、後ろにスタンドみたいなのがないので斜度がありません。

これは慣れだと思うのですが、少し斜度があった方が入力はしやすいので、斜度があったら良いと思いました。

macで使うには設定が必要でめんどくさい

Windowsで使う分にはまったく問題ないのですが、macで使う場合は設定が必要です。

macだと『かな/英数』の切り替えが使えないし、『コントロール+C』などのショートカットもできません。

だだし、以下のように設定すればまったく問題なく使えるし、わたしのようにWindowsとmacを両方とも使って作業している人も多いと思うので、macで『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』をストレスなく使うための設定方法を紹介します。

わたしは『karabiner-elements』というアプリを使って設定しています。

まず『karabiner-elements』をダウンロードページへアクセスします。

karabinerダウンロードページ

上記画像の赤枠部分をクリックします。

そうするとファイルがダウンロードされるので、それを自分のmacの『アプリケーションフォルダ』に入れます。

karabinerアプリ

このようにアプリケーションフォルダに入れたら、ダブルクリックして起動します。

karabiner設定

『Simple Modifications』というタブを選ぶと、『Target Devices』が選べるようになるので、今回購入した『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』を選びます。

画面上には、『USB keyboard()』と表記されると思うので、これを選択します。

選択を忘れないように
『For All devices』を選択すると、他のキーボードにも影響があるはずなので、ここは『USB keyboard()』を選択するのを忘れないでください。

このあと、以下のようにそれぞれにキーを振り分ければOKです。

From keyTo key
grave_accent_and_tilde(')f13
PCキーボードのかなキーかなキー
PCキーボードの無変換キー英数キー
PCキーボードの変換キーかなキー
left_controlleft_command

わたしはこのように設定しています。

さらに自分用にカスタマイズしたい人は、もっといろいろできると思いますが、わたしはこれで充分です。

このアプリの設定をやめたい時は、ツールバーに四角のマークが表示されるので、それを選択し、『Quit karabiner-Elements』をクリックすれば良いだけです。

macアプリケーションフォルダ

この作業は、10分もあればできます。

キーが小さすぎる

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード』はコンパクトサイズなので、キーがMac Book Airよりも小さいです。

mac-tenkinasi

これは慣れかもしれませんが、わたしはキーが小さすぎると思ったので、もっとキーが大きいほうが良いです。

テンキーなしというのはすごく良く、キーの打ち心地は良いですが、キーが小さすぎるのでちょっと残念です。

AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)は65点

キーボードの好みは個人差があると思うのですが、わたしはテンキーなしのキーボードをいくつか使ってみました。

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』を購入し、使ってみた感想は、

藤本陽介

テンキーが無いキーボードは、やっぱりマウスが使いやくて良いな。

『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』はちょっとキーが小さすぎるのが残念!

キーがもう少し大きくて、キーボードの斜度があれば良いのに。

と思いました。

わたしの評価は、65です。

わたしはテンキーが無いキーボードというのは評価できるけど、キーがもう少し大きくて、少し斜度があったら良いと思いました。

このレビューが、『AOTECH スリムミニパンタグラフキーボード(AOK-184BK-A)』を購入しようか迷っている人の参考になれば幸いです。

【テンキー無しのキーボード】AOK-184BK-Aの商品レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です