Googleアドセンスとは【報酬の仕組みや目安を解説】

アクセスアップ

GoogleアドセンスはGoogleが提供する広告配信サービスのことです。

ブログを収益化するには一番代表的な広告です。

Googleアドセンスの報酬の仕組みや目安を把握して、ぜひあなたのブログも収益化してみてください。

 Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは、Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスのことです。

2003年からスタートしたこのサービスは、初期費用や月額料金はかかりません。

あなたがブログのオーナーであれば、申し込むことができます。

ただ、Googleアドセンスのサービスを利用するにあたって、Googleの審査が必要で、どんなサイトでもGoogleアドセンスが利用できるわけではありません。

例えばアダルト系サイトなどには、Googleアドセンスは利用できません。

Googleアドセンスの報酬の仕組み

あなたのブログに、Googleアドセンスのコードを貼り付けると広告が表示されます。

その広告をユーザーがクリックすると、報酬が発生する仕組みです。

あなたのブログに表示される広告は、コンテンツと連動します。

例えばあなたのブログが、『犬に関するコンテンツ』が多いサイトであれば、『ドックフードの広告』が表示される傾向があります。

これはユーザーが興味あるジャンルの広告カテゴリが配信されるためです。

このことから、Googleアドセンスは、コンテンツ連動型広告配信サービスと呼ばれています。

Googleアドセンスの報酬の目安

Googleアドセンスをはじめる人にとって一番気になるのは報酬額ですよね。

だいたい3万円くらいは稼ぎたいと思いませんか?

初心者の方に『記事数がどれぐらい必要ですか?』などと聞かれることもありますが、記事数はあまり関係ありません。

良いコンテンツで、ユーザーにとって役に立つ記事であれば、アクセスはグングン伸びますし、そのPV数(アクセス数)が大きくならないと、Googleアドセンスでは報酬を得られません。

PV数 報酬額(目安)
1,000PV 300円~500円
3,000PV 900円~1,500円
5,000PV 1,500円~2,500円
10,000PV 3,000円~5,000円
30,000PV 9,000円~15,000円
50,000PV 15,000円~25,000円
100,000PV 30,000円~50,000円
300,000PV 90,000円~150,000円
500,000PV 150,000円~250,000円

あくまでも目安ですが、わたしの経験上、地域に特化したブログや、ジャンルに特化しているブログは、だいたいこの報酬になるような気がします。

個人の趣味ブログとか、なんでも掲載しているごちゃまぜブログは、この目安より低くなると思います。

あくまでも目安ですが、3万円以上の報酬がある人(企業)は、全体の5%前後です。

まずは3万円を稼げるブログに育てるという目標にすると良いでしょう。

Googleアドセンスのカテゴリ

Googleアドセンスの広告カテゴリは様々なジャンルが用意されています。

コンテンツと連動してこれらの広告が配信されますが、Googleアドセンスの管理画面で、広告したくないカテゴリの広告はブロックすることもできます。

一般カテゴリ
アパレル、アート、エンターテイメント、インターネット、通信事業、スポーツ、フィットネス、ディナー、ナイトライフ、ニュース、メディア、出版物、パソコン、家庭用電化製品、ビジネス、産業、不動産、乗り物、仕事、教育、健康、家庭、園芸、家族、コミュニティ、旅行、観光産業、法律、行政、美容、パーソナルケア、行事、ギフト、財務、趣味、レジャー、食品、食料雑貨

基本的には一般カテゴリにあるような広告が表示される方が、広告単価が高いです。

デリケートなカテゴリ
ソーシャル、カジノゲーム、ビデオゲーム、リプロダクティブヘルス、一攫千金、出会い、医療品、サプリメント、宗教、性に関する内容、政治、消費者金融、減量、無料プレゼント、クイズ、占い、着メロ、ダウンロードサービス、美容施術、整形

デリケートなカテゴリの広告は、すべてではありませんが、傾向としては一般カテゴリより広告価値が低いので、単価は安いと考えて差し支えありません。

Googleアドセンスには、これらのジャンルの広告が豊富にあります。

ブロックしたいものだけ設定すれば、あとはGoogleアドセンスが勝手にユーザーに最適な広告を表示してくれる仕組みになっています。

Googleアドセンスの広告の種類やサイズ

Googleアドセンスの広告は、

バナータイプの『ディスプレイ広告』

テキストタイプの『テキスト広告』

があります。

ほとんどのサイトでよく目するのが、ディスプレイ広告で、サイズも豊富にあります。

ディスプレイ広告のサイズ

ビックバナー 728×90
レクタングル(大) 336×280
ラージモバイルバナー 320×100
ラージスカイスクレイパー 300×600
レクタングル 300×250
レスポンシブ 自動サイズ

この6種類が、Googleが推奨しているディスプレイ広告のサイズです。

これ以外にも横長のラージビックバナー970×90や、縦長の300×1050といったものまでたくさんあります。

サイズの種類が豊富なので、あなたのブログにピッタリサイズの広告を表示させることができます。

ただテキスト広告の方がクリック率が良いというデータもありますので、うまく織り交ぜて設定すると良いでしょう。

アクセスアップ

Googleアドセンスのノウハウ【収益性の高い広告レイアウト】

2016年12月30日

Googleアドセンスのメリット

広告を差し替えする必要が無い

Googleアドセンスは、コンテンツ連動型といわれるだけあって、あなたのブログのジャンルにあった広告が配信されます。

また、ブログのジャンルに関係なく、ユーザーのこれまでのブログ閲覧結果から、その人にあった広告を表示させてくれますので、わざわざ広告を選んだり差し替えたりする必要が全くありません。

これはとても便利なことです。

一度Googleアドセンスのタグを設置して承認されたら、永久的にいろいろな広告が配信され続け、広告効果が良いものが優先的に表示されるなどカスタマイズまでされます。

コンテンツ作成に集中できる

広告が自動でブログのジャンルにあった広告が配信してくれるというのは、つまりあなたがコンテンツ作成に全力を注げるというメリットもあります。

大手メディアは、広告主から提供されたバナーなどを設置し、契約期間が終われば広告を差し替えするのですが、Googleアドセンスはそういう手間を省くことができます。

ですから、コンテンツ作成に集中できるということです。

Googleアドセンスのデメリット

収益化するにはそれなりのページビューが必要

Googleアドセンスを設置したからといって、すぐに収益化できると言うわけではありません。

サイトが月間3万PV(アクセス数)を超えないと、1万円の報酬を得るのはむずかしいでしょう。

サラリーマンの月収(約30万円)を稼ぐには、50万PVぐらいは欲しいところです。

一般的に10万PVを達成させるのも、普通にやっていたらなかなか難しいアクセス数でしょう。

結局稼げないという人がほとんどです。

50万PVにするまでは、相当な記事コンテンツ数が必要です。

PVが少なくても稼げるのはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の広告です。

違い

アドセンス広告とアフィリエイト広告の違い

2016年12月26日

ルールが非常に厳しい

Googleアドセンスは、禁止項目やルールが非常に多く、これらを遵守しない場合は、最悪アカウント停止になります。

例えば、アダルトのコンテンツを作ったつもりでもないのに、Googleが不適切と判断した場合は、Googleアドセンスの広告配信が停止されます。

Googleが不適切と判断した具体例
女性の体質の記事コンテンツで、性病の原因でもある『淋病』について少し触れて解説した記事が、公開後4ヶ月してから、Googleから通知がありGoogleアドセンスの広告が一時的に配信停止になりました。

Googleは具体的な箇所を指摘するわけでもなく、該当のページで『アダルトコンテンツは禁止している』の違反が見つかりましたので配信停止にします。とだけ通知してくるだけです。

その後該当記事コンテンツは削除して再申請したら、また広告が配信されるようになりました。

Googleアドセンスのルールは厳しく、また具体的な箇所を細かく教えてくれないので、普段から記事コンテンツの作成には注意しなければなりません。

Googleアドセンスの禁止事項はこちらにまとめているので、確認してみてください。

基礎学習

Googleアドセンスの禁止事項【規約違反22の具体例を解説】

2016年12月21日

Googleアドセンスの申請について

Googleアドセンスの申請手順

Googleアドセンスをはじめるには、あなたがオーナーであるブログやサイトが必要です。

まずはGoogleアカウントにログインし、広告を掲載したい対象のサイトのURLや、報酬受け取り人の住所や電話番号などの申請が必要です。

基本的には独自ドメインのサイトしか申請できませんので、WordPressで独自サイトを運営しましょう。

Googleアドセンスの申請方法は、別ページでまとめています。

申請してから約1週間以内に、サイトやあなたについて審査されます。

審査は、Googleの禁止事項やルールに違反していないサイトであれば、ほぼ問題はありません。

デザインや文字装飾にこだわりすぎた

Googleアドセンスの申請方法【サイトの登録から審査結果】

2016年12月23日

Googleアドセンスの審査結果

審査結果は、早い人であれば、数時間で連絡があるのですが、遅い人だと1週間かかるようです。

メールが届き、そのメールに沿って手続きを進めます。

その際に、Googleアドセンスの管理画面で広告コードを発行し、あなたのサイトに広告コードを貼り付けます。

Googleアドセンスの広告コードの貼り方は、別ページでまとめています。

広告コードを貼り付けても、すぐに広告が表示されるわけではなく、経験上約48時間ぐらいかかります。

あなたの手続きが問題なく実施され、サイトに問題がなければ、審査を通過したことになり、あなたのブログにGoogleアドセンスの広告が表示されます。

おすすめASP

アドセンスの貼り方手順【WordPressのウィジェットに広告コードを貼る】

2016年12月29日

まとめ

Googleアドセンスは、Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスのことです。

サイトやブログで稼ぐためには、アフィリエイトなどの手段がありますが、Googleアドセンスは最も有名な広告メニューといっても過言ではありません。

あなたのブログのジャンルにあった広告が配信されますから、わざわざ広告を選んだり差し替えたりする必要がないので、コンテンツ制作に時間が使えます。

なかなか稼ぐことは難しいですし、Googleのルールは厳しいのですが、まずはGoogleアドセンスをあなたのサイトに取り入れてみて、稼げるようになりましょう!

まずは、月3万円の壁を突破するという目標を立てれば、サイト運営も楽しくなりますよ。

がんばりましょう!

Googleアドセンスで収益化したい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

記事量産

Googleアドセンスの収益化のやり方【完全ガイド】

2016年12月31日
アクセスアップ
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。