森高千里の懐かしい歌「渡良瀬橋」が泣ける

YouTubeで「森高千里の公式チャンネル」があって、懐かしい曲「渡良瀬橋」を何度も聞いてしまいました。


このバラード曲、なんか泣けてきます。すごい良い曲だし、森高千里、めっちゃ歌うまいですね。1993年に発売されていたみたいです。その時は、わたしがまだ小学生だったのですが、良く聞いていた記憶があります。

 

この歌を聞いてたら、渡良瀬橋ってどこなんだろう?って気になって調べてしまいました。

渡良瀬橋って、栃木県の足利市っていうところにあるんですね。東京からだと、電車で2時間以内で行けちゃうところみたいです。

東武伊勢崎線の足利市駅か、JR両毛線の足利駅が最寄りで、歩いて15分くらいで行けるようです。

わたし
 いつか行ってみたいなぁ。
行ったら夕暮れ時の渡良瀬橋を見てみたいなぁ。

 

渡良瀬橋

歌詞に出てくる「渡良瀬橋」をネットで探してみたら、こんなにキレイでした。

watarasebashi_kanai1

こちらの写真は、「新訂旅と歴史」の薄荷脳70を運営されている金井さんから、ブログでの使用を許諾いただきました。金井さん本当にありがとうございます。

 

この渡良瀬橋で見る夕陽が、この名曲になったんですね。

確かに「この街に住みたい。と言った。」という歌詞がわかりますね。

八雲神社

「願い事がひとつ叶うならあの頃に戻りたい。」とお参りした「八雲神社」ってこんな感じなんですね。

watarasebashi_kanai2

こちらの写真も、金井さんから使用を許諾いただきました。

 

キレイな神社なんですね。あの名曲で願い事をした気持ちが思い浮かんできます。

まとめ

デスクで仕事に没頭している時に、わたしがたまたま聞いただけなんですが、なぜか泣きそうになってしまいました。本当に「渡良瀬橋」は名曲だと思います。

栃木県に行く機会あったら、この渡良瀬橋の夕陽と、八雲神社にはぜひ行ってみたいと思います。

この景色を思い浮かべて、名曲を一度聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。