WordPressにエックスサーバーをおすすめする9つの理由

DNS紐づけ設定

WordPressでサイトを運営するなら、サーバーは『エックスサーバー』をおすすめします。

レンタルサーバー選びには、

  • サイトの表示スピードが速い
  • SSLに対応している
  • コスパが良い
  • 管理画面がわかりやすい
  • 障害発生が少ない
  • サポート体制が充実している

といった視点で、選びましょう。

そして、当サイトはエックスサーバーで運営しています。

» 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

他のレンタルサーバーを選んでしまったけど、途中でエックスサーバーに引っ越してきている人も多いです。

なぜわたしが『エックスサーバー』をおすすめするのかを解説しますね。

エックスサーバーをおすすめする9つの理由

エックスサーバーをおすすめするのには、しっかりとした理由があります。

WordPressを使えるサーバーには、ロリポップ、ヘテムル、さくらサーバー、mixhost、マイクロソフトAzure、AWS(AmazonWebServise)といったものがあります。

本当にあなたがWordPressでサイト運営したいなら、わたしは『エックスサーバー』をおすすめします。

エックスサーバーは、圧倒的にサーバーのスペックが高く、コスパも良く、ユーザーの満足度も高いです。

サーバーの知識が少ないサイト運営者が、エックスサーバーを選ばない理由がわかりません。

以下、エックスサーバーをおすすめする9つの理由をまとめましたので、それぞれ詳しく説明しますね。

WordPressのプラグインの不具合がない

WordPressではプラグインを導入して、サイトをカスタマイズするかと思います。

例えば、あるレンタルサーバーの環境では、キャッシュ系のプラグインが動かなくなったりすることが確認されています。(※wpXサーバーでWP Fastest Cacheが500エラーを吐き出す

エックスサーバーで5年以上サイトを運営していますが、プラグインによる不具合は、いまのところありません。

独自ドメインを取得した後のサーバー紐づけが簡単にできる

独自ドメインとはあなたのサイトのURLのことです。

このサイトでは「fujimotoyousuke.com」というURLのことです。

独自ドメインはお名前.comなどで取得するのですが、このドメインを取得した後に、サーバーに紐づけする作業が、初心者にはわかりにくいです。

これまでWordPressのセミナーで、ドメインの紐づけをサポートしてきましたが、初心者がもっとも心が折れるポイントです。

エックスサーバーなら、管理画面にログインして、ドメインの追加設定をしてしまえばいいだけです。

すごく簡単なんです。

詳しくは、こちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

DNS紐づけ設定

ドメインをサーバーに紐付ける設定方法【エックスサーバーなら超簡単】

2016年11月13日

WordPressの自動インストール機能がある

サーバーを契約できたら、WordPressをインストール(アップロード)します。

ただこのWordPressのインストールも、初心者にはややこしくて、心が折れてしまう人が多いです。

データベースの設定や、WordPressの初期設定は、できるだけ簡単にやりたいですよね。

エックスサーバーには、管理画面でWordPressを簡単にインストールできる「自動インストール」という機能があります。

これを使えば、WordPress初心者でもあっという間にWordPressを設定することができます。

もちろんWordPressの中上級者は、この自動インストール機能ではなく、FTPから設置することもできます。

WordPressの自動インストールについては、こちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

インストール

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

2016年11月14日

SSL対応が無料で簡単にできる

SSLとは、サイトの暗号化の技術のことです。

企業のコーポレートサイトの問い合わせフォームや、ECサイトの個人情報の入力フォームでは、いままで当たり前に設置されていましたが、数年前まではこのSSL対応をするには、高額な費用が必要でした。

ただ最近、ドメイン認証SSLの、Let’s Encryptによるサービスで無料でSSLを設定できるようになったのですが、これをエックスサーバーの管理画面で、簡単に設定できるようになりました。(2016年6月より開始)

Googleが、SSL対応しているサイトの検索順位を優先させるとも発表していますし、SSL対応してデメリットは現時点ではないので、絶対にSSL対応をした方が良いのです。

エックスサーバーなら無料で、しかも簡単にSSL対応ができてしまうのでおすすめです。

SSL対応についても、こちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

【SSLのデメリット】エックスサーバーでSSLを設定する方法

2016年11月19日

拡張モジュールを使ってサイトを高速化できる

サイトの表示スピードアップは、永遠の課題です。

サイトの表示速度を早くするためには、プラグインを使って、画像の圧縮をしたり、キャッシュを有効にしたりします。

ただエックスサーバーには、『mod_pagespeed』というGoogleが開発したサイトの表示速度を高速化する拡張モジュールがあり、それが無料で使えます。

『mod_pagespeed』とは
Google社により開発された拡張モジュールのことで、Webサイトの表示速度を向上させる機能です。

「mod_pagespeed設定」を有効にすると、ファイルを圧縮してデータ転送量を削減する、同種のファイルをひとまとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施します。

『mod_pagespeed』の設定についても、こちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

【スピードアップ】エックスサーバー『mod_pagespeed』の効果と設定方法

2016年11月20日

PHPのバージョンが簡単に切り替えられる

WordPressとは、PHPというプログラミング言語と、MySQLというデータベースで構築されたシステムです。

WordPressのバージョンはできるだけ最新のものにしておいた方が良いですが、このWordPressのバージョンとは別で、PHPにもバージョンがあります。

PHP5.4 は既にセキュリティ含めサポートが終了しており、PHP5.5も2016年7月にセキュリティサポートが終了しています。

2019年1月時点では、ほとんどの人がPHP5.6系を使っていると思いますが、わたしは最も新しいPHPのバージョンは(PHP7.2系)にしています。

もちろん、最新バージョンのPHPを使ったほうがパフォーマンスは大幅に改善されます。

エックスサーバーなら、最新のPHPのバージョンに切り替えることが管理画面で簡単にできます。

PHPのバージョン切り替え設定についても、こちらで解説していますので、他のサーバーから移設使用としている人は、ぜひ読んでみてください。

エックスサーバーでPHPのバージョンを切り替える方法

2017年1月9日

MySQLのバージョンも簡単に切り替えられる

データベースも、MySQL4.0は既にサポートが終わっています。

ほとんどの人が、MySQL5.0もしくは5.5を使っているかと思いますが、MySQLも最新バージョンにしておいたほうが良いでしょう。

エックスサーバーなら、最新のMySQLのバージョンに切り替えることが管理画面で簡単にできます。

データベースの操作は、初心者には難しいですが、エックスサーバーなら誰でも簡単にできますよ。

こちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

エックスサーバーでMySQL5.5に移行する時の注意点

2017年1月4日

コスパが良いから他のサーバーから移設する人が多い

エックスサーバーは月額900円から使用できるので、コストパフォーマンスが良いです。

- エックスサーバーヘテムルロリポップ
推奨プランX10プランヘテムルプランスタンダードプラン
初期費用3000円3950円1500円
容量200GB100GB120GB
マルチドメイン無制限無制限100
MySQL上限
(データベース数)
5010030
転送量/日70GB120GB100GB
WordPress
簡単インストール
SSL対応
電話サポート
メールサポート
バックアップ
サービス
管理画面の
使いやすさ
お試し期間10日間15日間10日間
おすすめ度
公式サイト

安いプランでも、PHPとMySQLが動く環境なら、WordPressでサイトを運営することは可能です。

ただあまり良くわからず、とりあえず契約してしまった人は、最終的にエックスサーバーに引っ越しする人は多いです。

これはエックスサーバーが、サイトの表示スピードが高速で、さらに不具合もなく、サポートがしっかりしているからでしょう。

また多くのサイト運営者が使っているから、問題が発生した時の対処もネット上に情報があるので、対処しやすいということもあると思います。

わたしは、これまで『さくらサーバー』『ヘテムル』『ロリポップ』『mixhost』『マイクロソフトAzure』『AWS(AmazonWebServise)』などのサーバーを利用しました。

初心者であればあるほど、エックスサーバーがおすすめだと断言します。

PVが100万PVを超えるような大規模サイトになったら、クラウドサーバーやVPSを利用することもおすすめですが、基本的にはエックスサーバーで充分です。

レンタルサーバーの契約をしたことがない人のために、契約方法をまとめました。

少しでも興味があれば、こちらの記事を読んでみてください。

WordPress サーバー

エックスサーバーの契約方法【図で詳しく解説】

2016年11月11日

サポートがしっかりしている

2017年1月のことですが、バックアップをしっかりとっているつもりだったので、計画的にサーバーのデータを一度、全削除するというデモンストレーションをしたのですが

バックアップをミスってデータを紛失して困ったときの話

顔面蒼白になり、500記事のコンテンツが吹っ飛んでしまったのですが、エックスサーバーの担当者に相談したところ、丁寧に親身になって対応してくださいました。

メールのサポートはもちろんですが、電話でもしっかりとしたサポートがあるのは、本当に素晴らしいです。

そもそもサポートに頼らないようにサイト運営しなければダメですが、いざという時に頼れる担当者と、電話で相談できるのは、本当にありがたいです。

とにかくエックスサーバーなら問題ない

わたしはエックスサーバーをおすすめします。

WordPressを運営するためのサーバー選びで迷っているなら、絶対にエックスサーバーにしておいた方が良いですよ。

また既に他のレンタルサーバーを使っている人でも、エックスサーバーに移設することをおすすめします。

項目内容
サーバー名エックスサーバー
会社エックスサーバー株式会社
公式サイトwww.xserver.ne.jp
特徴サイトの表示スピードが速い
SSLに対応している
コスパが良い
管理画面がわかりやすい
障害発生が少ない
サポート体制が充実している
お試し期間10日間は無料で使える
サポート安心の24時間365日のメールサポートで安心です。
電話サポートもあり、わたしもお世話になりました。

WordPressを個人レベルで運営するなら、エックスサーバー一択と断言します。

これまでたくさんの人にWordPressを教えてきましたが、初心者にも上級者にも、自信をもっておすすめします。

blog-start

WordPressブログの始め方【初心者にわかりやすく解説】

2019年2月12日
DNS紐づけ設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です