フリーターからプログラマー就職する【現実的な方法】

freeter-programmer-job

フリーターからプログラマーになって就職することは可能です。

ただプログラミングを独学してから、転職サイトに登録をし、就職をする方法は、正直言って厳しいんじゃないかと思います。

ですが、やり方次第では全然難しくないので、その方法を解説します。

厳しい方法ではなく、できるだけ現実的な方法で、プログラマー就職を勝ち取ってください。

フリーターでもプログラマー就職できる理由

プログラマーが不足している

プログラマーが不足している

» 引用:IT人材の不足規模に関する推計(経済産業省)

経済産業省のデータによれば、現在もプログラマーは28万人ほど不足していますが、2030年にはさらに41万人~79万人が不足するとのことです。

つまりプログラマーは、いまだけ不足しているんじゃなくて、今後もさらに不足するということです。

不足しているのであれば、プログラミングを習得さえすれば、プログラマーとしての仕事はあるはずなので、全然これからでもプログラマーになるのはむずかしくありません。

独学→ハローワークは厳しい

ハローワーク

プログラミングは独学でもできますが、かたよった知識が身につきやすいだけでなく、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

また、ハローワークで就職活動をしようとしても、ハローワークのおじさんたちは、的確なアドバイスをしてくれません。

残念ながら、これが事実です。

プログラミングの実務経験がないと、就職がむずかしい世の中で、さらにフリーターという状況では、就職がさらにむずかしいので、プロのサポートがあった方が良いです。

そこでフリーターにおすすめなのがリクルートが運営している『就職ショップ』というサービスです。

リクルートだからこそのIT求人も多く、確実にハローワークより良い求人があります。

フリーターであれば、時間はあるはずなので、がんばってプログラミングを習得しましょう。

そのうえで『就職ショップ』を上手に使えば、プログラマー就職はむずかしくありません。

フリーター向けのギークジョブはおすすめ

やっぱりプログラミングを勉強するなら、プログラミングスクールで勉強した方が良いです。

そこでおすすめなのは、ギークジョブというプログラミングスクールです。

このスクールは、フリーターや第二新卒に特化したプログラミングスクールです。

ギークジョブの最大の特徴は、なんといってもスクール料金が無料というところです。

これはフリーターがプログラマー就職を達成させることを目的としているため、就職先の企業がスクール費用を負担するシステムになっています。

無料でここまでやってくれるサービスは良いんですが、20代限定でしかも関東圏に住んでいる人でないとダメです。(※教室が東京の九段下にあるため)

つまり、関東の企業にプログラマー就職する前提じゃないとダメってことです。

ギークジョブの特徴

20代のフリーターならプログラミング学習も就職支援も全部無料

就職決定率が95.1%とダントツに高い

30歳以上は受けられない

就職意思がない人も受けられない

東京(九段下)の校舎に通えないと受けられない

フリータでも、プログラマーとして働く気があれば、プロの就職のサポートも受けられるので、メリットしかない感じです。就職決定率が95.1%というのはすごいですよね。

関東圏に住んでいて20代であれば、ギークジョブを活用するのが、現実的に一番良い方法だと思います。

東京以外&独立視野なら侍エンジニア塾がおすすめ

侍エンジニア塾

あなたが地方に住んでいて、しかもプログラマー就職とフリーランスとして独立を視野に入れているなら、侍エンジニア塾というプログラミングスクールがおすすめです。

このスクールは、オンラインで受講できるプログラミングスクールですが、稼ぐことに特化しています。

これは他のプログラミングスクールは、カリキュラムをこなすことに主眼が置かれていることが多い中、侍エンジニア塾は、その生徒の状況にあわせ、本当に稼げるスキルを身につけされるために、ポートフォリオをつくることに主眼を置いています。

侍エンジニア塾の特徴

オリジナルのWebサービスをつくることができる

受講中にクラウドワークスなどで案件を獲得するサポートもしてくれる

オンライン&専属マンツーマンで集中して勉強できる

未経験者が地方で独立しているケースが多い

料金がちょっと高いのがネック

フリーターで、関東に住んでいない地方の人、地元で独立を視野に入れている人は、お金がちょっとかかりますが、プログラマーになれば、すぐに回収できるので、侍エンジニア塾もおすすめです。

案件実績があると好条件で就職しやすい

実績があると好条件で就職しやすい

プログラミングを習得しても、就職がむずかしいのは、案件実績が乏しいからです。

だったら、案件の実績をつくりましょう。

フリーターだからといって、実績がつくれないわけではありません。

crowdworks-find

クラウドワークスにある案件

クラウドワークスといったサービスを使えば、実際にプログラミングで稼ぐこともできます。

クラウドワークスで3件ぐらい、案件をこなしたら、かなり自信になると思います。

就職活動でも、クラウドワークスで案件実績があることをアピールすれば、好条件でプログラマー就職できる可能性も高くなります。

クラウドワークスで、どうやって実績をつくれば良いかわからなければ、こちらの記事で詳細に解説しているので、そのままの手順でやってみてください。

実際に、わたしがプログラミングを教えた主婦さんが、このアドバイスだけで実績をつくりましたから、再現性はあります。

人気記事クラウドワークスで実績をつくる方法

フリーターの強みを活かしてプログラマーになろう

時間があることが最大の強み

時間があることが最大の強み

フリーターの最大の強みは、いま時間があることです。

またこの記事を見てくれているということは、働く意思があるってことですよね。

働く気がないフリーターはダメですが、働く気があるのに就職が決まらないという人は、いまこの時間を最大限に活かすべきです。

あなたと同じ年の友人が、営業会社などに就職しているとしても、もしかしたら転職を考えているかもしれません。

でも仕事をしている人が、プログラミングを勉強するのは、かなりむずかしいです。

一方で、あなたには時間がありますし、意思があります。

これは強みですよ。

いますぐにプログラミングの勉強をすべきです!

フリーターからプログラマーになった人は多い

フリーターからプログラマーになった人は多い

プログラマーになればわかると思うのですが、元フリーターや元ニートという人は多いです。

なぜ元フリーターが多いのでしょうか?

それはプログラミングは、時間がかかるのと、中途半端な気持ちではできないからということです。

逆をいうと、フリーターは、ハマったらめちゃくちゃ力を発揮します。

元フリーターで活躍できるステージは、プログラマーじゃないかと思います。

だからフリーターの強みを最大限活かして、プログラマーになって欲しいです。

まとめ

freeter-programmer-job

フリーターが現実的にプログラマー就職する方法を解説しましたが、納得してもらえたかと思います。

プログラマーは、全国的に不足しているので、フリーターでも時間とやる気さえあれば、絶対にプログラマー就職はできます。

ただ『独学+ハローワーク』というのは、うまくいっている話を聞いたことがありません。

せっかくですから、フリーターに特化した『ギークジョブ』というプログラミングスクールを上手に使いましょう。

20代限定&関東在住が条件ですけど、無料でプログラミングの勉強ができて、就職までプロがサポートしてくれるのはすごいです。95.1%の就職決定率が物語ってます。

もし地方に住んでいて、地元で独立も視野に入れているなら『侍エンジニア塾』でプログラミングで稼ぐ力を鍛えるのもアリだと思います。

いずれにしても、フリーターはプログラマー就職できます。

あなたの時間を有効に使って、むずかしい方法ではなく、できるだけ現実的な方法で、プログラマー就職を勝ち取ってください。

人気記事フリーランスエンジニアの稼ぎ方

人気記事プログラミング学習方法

ブログ

プログラミング実務経験なしの初心者が転職成功率をあげる方法

2019年4月12日
freeter-programmer-job
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。