ブログで使えるフリー画像素材サイト【保存版】

free-image-site-for-blogger

ブログをがんばって書いても読まれなければ意味がありません。

ただテキストだけの文章は読みにくいですよね。

そんな人におすすめなのがフリー画像素材です。

会員登録さえすれば、無料で画像を使いまわすことができるので、

がんばって書いた記事が読みやすくなりますよ。

ブログで使えるフリー画像素材サイト

写真AC

写真AC

人物画像は20万枚以上取り扱っているフリー画像サイトです。

写真AC

無料でも使えますが、1日の制限があるので、

たくさん使いたい人は有料がおすすめです。
(※わたしは有料会員です。)

ブログ運営で人物のフリー画像を探すなら

『写真AC』は絶対に登録しておくべきサイトです。

基本的には、このサイトで完結するぐらいです。

ぱくたそ

ぱくたそ

人物画像でめちゃめちゃお世話になっているフリー画像サイトです。

ぱくたそ

河村友歌はめちゃめちゃかわいいですよね。

あと茜さやとか大川竜弥とかはめちゃめちゃネット上で有名なフリー画像モデルです。

これが無料で使えちゃうなんて本当にすごいです。

ガーリードロップ

ガーリードロップ

女性系のメディアを運営するならおすすめのフリー画像サイトです。

ガーリードロップ

女性が好きそうな『ファッション』や『美容』関連の画像があって無料で使用できます。

スカイシーカー

スカイシーカー

空に特化したフリー画像サイトです。

スカイシーカー

サイト運営者は、わたしの知り合いのTさんです。

日本だけでなく世界を飛び回る方なので、

これらの貴重な写真を無料で使えるのは本当にすごいです。

星空の写真や富士山の写真などは、ぞっとするぐらいすごいです。

フォトマルシェ

フォトマルシェ

景色画像や街並み画像が使えるフリー画像サイトです。

フォトマルシェ

フォトマルシェは、WordPressのテーマ販売をするTCDが運営するサイトです。

風景画像や街並み画像では、かなり使えます。

フリー画像の在庫は少ないですが、

登録は無料でできるので登録しておいて損はありません。

Pixabay

pixabay

おしゃれな画像がたくさんあるフリー画像サイトです。

Pixabay

風景画像や人物画像が無料で使えるので、わたしはたまに使っています。

画像のテイストがおしゃれなので、かなりヘビーユーザーが多いサイトですね。

東京デート

東京デート

東京の観光名所などの画像サイトです。

東京デート

東京の画像を探しているなら、チェックしてみても良いと思いますが、

『被写体の権利確認ができていない画像が満載』なので、写真利用は問題ないですが、

六本木ヒルズなどの建物が映っている画像を利用する時は注意した方が良いです。
(つまり使わないほうが無難です。)

オーダン

o-dan

世界中のフリー画像を日本語で検索して使用できるサイトです。

オーダン

なかなか良いフリー画像が見つからない時に、最終手段的に使っています。

会員登録の必要もないので、結構人気のサイトだと思います。

タダピク

タダピク

他のフリー画像サイトと画像を共有しているサイトです。

タダピク

検索しにくくダウンロードに手間がかかるので、タダピクを使うことはあまりありませんが、

なかなか良いフリー画像が見つからない時に、最終手段的に使っています。

AdobeStock(Fotolia)

adobestock

AdobeStock(Fotolia)は有料の画像サイトです。

AdobeStock

もともとわたしはFotoliaで画像を購入していたのですが、

いつのまにかAdobeStockと統合したようです。

エリザベス女王や天皇陛下などの報道的価値がある画像もあるので、有料の価値があります。

個人でブログを運営するなら、あまり使うことは無いと思いますが、

プロフェッショナルな仕事で画像素材を使うなら、AdobeStockから使用しておくのが良いと思います。

ShutterStock

shutterstock

ShutterStockも有料の画像サイトです。

ShutterStock

月額3500円で10点、月額22000円で350点の画像やイラストがダウンロードできます。

わたしは画像25点で28000円のパック購入をしています。

他のサイトとフリー画像がかぶりたくないと思ったり、

プロフェッショナルな仕事で画像素材を使うなら、ShutterStockを使用しておくのが良いと思います。

pixta

pixta

pixtaは有料の画像サイトです。

pixta

かなり使える写真があるので、資金的余裕があるならおすすめの画像サイトです。

無料会員になると数枚ダウンロードできるのですが、使いにくいです。

わたしも過去に何枚か購入していますが、最近は購入していません。

ですから、無料で画像を探している人にはおすすめできませんし

有料ならShutterStockのが良いです。

画像素材サイトの注意点

商用利用できるか確認して

画像サイトは今回紹介したサイト以外にもたくさんありますが、

基本的には商用利用できるのかをしっかり確認してからダウンロードしてから使いましょう。

商用利用はできるけど、著作権は放棄していないので、

基本的にはそのサイトの規約をしっかり順守しなければなりません。

例えば、

アダルトサイトや出会い系サイトには使用してはいけない

といった規約が設定されています。

またブログなどには使用して良いけど、

ポスターやカレンダーなど印刷物には使用してはいけない

といった規約もあります。

これらのルールをしっかり守らないと、著作権違反でトラブルになりますから、しっかり確認してください。

クリエイティブコモンズも確認して

クリエイティブコモンズとは、インターネット時代のための新しい著作権ルールで、

画像を使用する際にはサイト内にクレジット表記をすることを義務づけています。

商用利用できる画像もあれば、商用利用できない画像もあるので、かなり確認が複雑になります。

クリエイティブコモンズについて

個人的な見解ですが、クリエイティブコモンズが設定されている画像の取り扱いは慎重にした方が良いので、

ブログ初心者は使用を控えた方が良いと思います。

SEOで評価されるのはオリジナル画像

ブログに画像が設定されているのと、画像が設定されていないのでは、

読みやすさが全然違うので、できる限り画像を使った方が良いです。

ブログ初心者であれば、『写真AC』と『ぱくたそ』を登録しておけば充分ではないかと思います。

もしブログ運営が軌道に乗ってきたら、

有料系画像サイトの『AdobeStock』や『ShutterStock』などで購入してみたら良いと思います。

ブログに画像を設定するだけで、滞在時間も増えますし、

アイキャッチ画像(サムネイル)を設定するとクリック率も大きくあがりますよ。

ただGoogleがサイトで評価する画像というのは、オリジナル画像です。

ですからスマートフォンを持ち歩き、どこか旅行に行ったり、なにかのサービスを利用したら、

できるだけ写真を撮影するようにしましょう。

ブログの立ち上げマニュアル

ブログの立ち上げマニュアル【挫折しない書き方と運営方法】

2019年5月24日
SEO対策マニュアル

SEO対策マニュアル【入門・基礎・プロレベルでも使える知識】

2019年1月31日
free-image-site-for-blogger
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。