ブログURLの決め方【有名ブロガーや政治家はどうしてる?】

blog-url

『ブログのURLってどうやって決めればいいんだろう。』

ブログURLが決められず迷う人はとても多いです。ブログURLは、一度決めたら変更できません。

有名ブロガーや政治家の『ブログURL』を紹介しながら、ブログURLの決め方と注意点を解説します。

ブログURLの決め方は

自分の名前にする

ブログのURLを『自分の名前』にする人は多いです。

個人名をネット上に出して問題ない人なら、この方法が良いと思います。

自分のオリジナリティが評価されますし、信頼性がありますよね。

ちなみに、わたしはこの方法でブログのURLを決めました。

このやり方でブログを運営している人のブログは結構います。

藤本陽介(fujimotoyousuke.com
染谷昌利さん(someyamasatoshi.jp
イケダハヤトさん(ikedahayato.com
遠藤聡さん(satoshiendo.com
風間将至さん(masashikazama.com

ちなみに、染谷昌利さんは『ブログ飯』という有名な本を書いている人です。

この方法が使いにくい人は、『山田太郎』とか『田中健太』とか、同じ名前が多い人ですね。

多い名前だと自分の名前が検索されても、上位表示がちょっと難しいかもしれません。

自分の名前で検索(※エゴサーチ)して上位表示されなかったら、寂しいですよね…。

名前の一部にする

ブログのURLを、『名前の一部にする』というのもアリです。

大物政治家は、名前の一部をブログURLにしていますね。

小泉進次郎さん(shinjiro.info
安倍晋三さん(s-abe.or.jp
石破茂さん(ishiba.com
小池百合子さん(yuriko.or.jp

ただこの方法は既にドメインが取得されている可能性が高いです。

珍しい名前であれば、名前の一部をブログURLにするのは良いですね。

ニックネームにする

自分の名前をあまりネットに出したくない人は、ニックネームがおすすめです。

わたしは堀江貴文さん(ホリエモン)に影響を受けてブログをはじめたので、ホリエモンドットコムをマネして、ふじもんドットコム(fujimon.com)にしようとしていたぐらいです。

ホリエモンさん(horiemon.com
じゅんいちさん(junichi-manga.com
ちゃきさん(chaki-life.com
ずーみーさん(zoomy01.com

ニックネームも、人気なものだとドメインが取得されている可能性が高いです。
※fujimon.comは取得できませんでした。笑

ブログ名と同じにする

ブログ名と一緒にするのも良いですね。

バズ部(bazubu.com
まなぶろぐ(manablog.org
わだぶろぐ(wadablog.com
うたらぼ(utalab.com

ちなみに、WordPress関連の情報は、バズ部がめちゃめちゃ強いので、いつも自分の記事より上位表示されています。

ブログ名と一緒にすると、覚えてもらいやすくなりますし、指名検索されやすくなります。

ブログ名が決まっていたら、同じ名前でブログURLを決めると良いです。

ただブログ名を変える可能性があるなら、慎重になった方が良いかもしれませんよ。

ブログテーマを連想させるワードを入れる

閲覧者は、ブログURLをチェックしています。

大人女子の洋服選び(select-women-clothes.jp
はじめてのヒゲ脱毛(higedatsumo.jp
ルカルカダイエット(ruka-diet.com

ブログURLを見て、そのブログはどんなブログなのか、どんな情報が書かれているのか、想像しやすいのが理想的です。

例えば、犬に関してのブログであれば「dog-〇〇.com」とかだと、何となく犬の情報が書かれていることが想像できますよね。

ブログのテーマ(内容)に関連したキーワードを入れる、というのも良いドメイン名の決め方です。

キーワードの組み合わせにする

キーワードの組み合わせで、ブログURLを決めるのもおすすめです。

例えば『新宿』の『ランチ』の情報をまとめるブログを運営するなら『shinjuku-lunch』というように、キーワードの間にハイフン(-)を使うと、閲覧者はどんなブログなのかがわかります。

新宿ランチ調査隊(shinjuku-lunch.com
ブログ × アフィリエイト(blog-affiliate.link
節約ゆとり(setsuyaku-yutori.info

この方法は、地域名を含める場合などにおすすめです。

『横浜のラーメンブログ』を作るとしたら、『yokohama-ramen.com』みたいな感じですね。

またブログタイトル(ブログ名)と同じであれば、SEO的にも有効ですよ。

ブログURLを決める時に注意した方が良いこと

日本語にしない方が良い

ブログURLは日本語にしない方が良いです。

数年前、『日本語URLが上位表示されやすい』というノウハウがあり、実はわたしも日本語URLでブログをたくさん作りました。

ただ2019年現在は、わたしはおすすめしません。

以前は10以上の日本語URLのブログを運営していましたが、いまは3つだけで他は閉鎖しました。

日本語URLがおすすめできない理由は、以前ほどSEO効果が得られなくなったということと、見た目が良くないからです。

punycode-twitter

例えば『あおぞらクレジットカード.com』という日本語URLの場合、ツイッターにURLを貼ると、『xn--l8jq4d2iogxa7duezbl49aqg.com』というように変換されます。

意味が分かりにくくなり、ムダにURLの文字数が長くなります。

長すぎないようにした方が良い

ブログURLは長すぎない方が良いです。
理由は、覚えにくいから。
ただそれだけです。

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.com
abc.com

この2つのURLだと、『abc.com』の方が絶対に覚えやすいですよね。

短い方が良いと言うわけではありませんが、長すぎないようにした方が良いですよ!

ハイフン (-)を上手に活用した方が良い

ブログURLは長すぎない方が良いと、先ほど解説しましたが、もし長くなりそうだったら、ハイフン(-)を上手に使いましょう。

shinjukulunch.com
shinjuku-lunch.com

『横浜のラーメンブログ』を作るとしたら、『yokohama-ramen.com』みたいな感じですね。

キーワードの組み合わせでハイフンを使うと、よりどんなブログなのか、閲覧者が想像しやすくなります。

ブログURLは、できるだけ短い方が良いですが、長くなりそうだったら、ハイフンを上手に使いましょう。

ブログURLにアンダースコアは使えない

ハイフン(-)ではなく、アンダースコア(_)を使おうと思っている人もいるようですが、ブログURLにアンダースコアは使えません。

お名前.comで取得しようと試みても、できないはずですよ。

comが取得できるドメインにした方が良い

ブログURLを決めて、ドメインを取得しようと思っても、そのドメインが他の人が取得していたら使えません。

ドメイン備考
●●●●.com商用向けのドメインで一番オススメ
●●●●.netネットワーク用のドメイン
●●●●.org非営利組織用のドメイン
●●●●.bizビジネス用途のドメイン
●●●●.info情報サービス向けドメイン
●●●●.tokyo地域別ドメイン
●●●●.co.jp日本で登記している企業しか取得できないドメイン
●●●●.ac.jp教育研究機関用のドメイン
●●●●.go.jp政府機関用のドメイン
●●●●.xyz価格が安いと話題のドメイン

SEO対策で選んではいけないドメイン』でも解説しましたが、xyzは迷惑メールに判定される可能性が高いのでおすすめできません。

なんだかんだ一番おすすめはcomです。

たとえば『横浜のラーメンブログ』を作るとしたら、『yokohama-ramen.com』が取得できなくて、『yokohama-ramen.xyz』であれば取得できる状況だったとしたら、断念します。

そして『yokohama-ramen-blog.com』にしてでも、comを選びます。

まとめ

ブログURLは、一度決めたら変更できません。

だからブログURLを決めるのに迷ってしまうと思うんですが…。

ブログURLを決めるときに、わたしが意識しているのはこの4点です。

・ブログURLは日本語にしない方が良い
・ブログURLは長すぎないようにした方が良い
・ブログURLはハイフン (-)を上手に活用した方が良い
・comが取得できるドメインにした方が良い

個人名を出しても問題ないのであれば、自分の名前やニックネームなどをブログ名にしてみてはいかがでしょうか?

また、ブログURLは長くならないようにしつつ、ハイフンを上手に使いましょう。

これらの情報を参考に、自分だけのオリジナリティのある『ブログURL』を決めてみてください。

プログラミングが楽しいと思う理由

WordPressブログの始め方【初心者にわかりやすく解説】

2019年2月12日

» 関連記事:ドメインの取得方法

blog-url
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。