ブログを書くモチベーションをあげる方法【大切な2つのこと】

ブログのモチベーションを維持する方法

作業する時間はあるのに、ブログを書くモチベーションがあがらなくて、困ったことはありませんか?

わたしのブログ歴7年の経験を元に、ブログを書くモチベーションをあげる方法を書き出してみました。

きっと参考になることもあると思うので、ブログのモチベーションが維持できないと悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

ブログを書くモチベーションをあげる方法

ずっと絶好調なブロガーは存在しないことを理解する

ずっと絶好調なブロガーは存在しないことを理解する

ブログを書くモチベーションが低いのは、センスが無いとか、才能が無いとか、まったく関係ありません。

そもそもですが、ブログを書くモチベーションがずっと高い人なんていませんよ。

作業する時間もあって、ネタも揃っているのに、ブログを書くモチベーションがあがらないというのは、誰にでもあることです。

つまり、ブログを書くモチベーションは、誰にでも、波があるということを理解しましょう。

あなただけではなく、みんな『モチベーションがあがらない』と悩んでいることを理解すれば、なんとなく自分の気持ちの持ちようで、モチベーションがあがる気がしませんか?

わたしは、それでなんとか、ブログを書けるようになりました。

ブログを書くモチベーションには波があると理解しているからこそ、自分でうまく波をコントロールすることができるような気がしますよ。

音声入力を使ってブログを書く

音声入力を使ってブログを書く

作業する時間もあって、ネタも揃っているのに、ブログを書くモチベーションがあがらない時は、わたしはブログの書き方を変えたりします。

具体的には、音声入力を使って、文章を書き出して、ブログを完成させる方法です。

音声入力を使う方法』で、やり方を紹介していますが、ちょっと散歩しながら、iPhoneのメモ機能を使って、音声入力で文章を書き出すと、気分転換にもなりますよ。

ネタが揃っているなら、文章にするモチベーションがあがらない状態だと思うので、音声入力を使えば、サクサク進みますよ。

ブログを書くモチベーションがあがらない時に、音声入力を使うのは、かなりおすすめです。

誰かの役に立っていることをイメージして書く

誰かの役に立っていることをイメージして書く

ブログを書くモチベーションがあがらない時って

こんなブログ、誰が読むんだろう。

って思ってしまう時じゃないですか?

その気持ちは、とても良くわかります。

でも、ブログを書き続けていれば、いつか誰かの役にたつことがあるはずです。

一生懸命書いたブログが、誰かの役に立って、しかも連絡があったら、とても嬉しいものですよ。

ぶっちゃけ、ブログなんて記事を公開してみないとわからないし、公開して1年後ぐらいにコメントがつくこともたくさんあります。

ブログを書くモチベーションがあがらない時には、いつか誰かの役にたつということをイメージすると、書けるようになると思いますよ。

ブログ仲間をつくって刺激しあう

ブログ仲間をつくって刺激しあう

繰り返しになりますが、ブログを書くモチベーションには、波があります。

これはあなただけではなく、他のブロガーもそうです。

同じような悩みを持っている人に、5分でも話を聞いてもらったら、気持ちが切り替わることってありますよね。

ブログ仲間をつくるには、セミナーや勉強会などに参加すれば、すぐにできると思います。

個人的には、ツイッターでハッシュタグをつけてツイートし続ければ、きっと見つかるんじゃないかと思います。

書けそうなブログ記事だけに手をつけてすぐ行動する

書けそうなブログ記事だけに手をつけてすぐ行動する

ブログのモチベーションを気にしている人ですから、きっと毎日投稿や、週に2本投稿などの目標があると思うんですよね。

そういう人は、500文字くらいでも良いので、ブログの下書きをたくさん作っておくのが良いですよ。

わたしの目標は、2019年はこのブログを毎日投稿をすると決めているので、実はいま下書きフォルダに50以上の記事があるんですよ。

どんなことを書こうか考えている時に、ササッと500文字くらいで下書きしておいて、あとで清書して完成させるという風にしておけば、ブログのモチベーションに左右されることも少なくとると思いますよ。

たくさんの下書きフォルダの中で、いまの自分が書きたい記事をピックアップして、文章を完成させれば良いだけです。

ブログを書くモチベーションがあがらない時には、ネタ探しに徹して、下書きをたくさん作るのはアリだと思いますよ。

完成度を気にしすぎないで投稿ボタンをクリックする

完成度を気にしすぎない

ブログの完成度を気にしていると、『もっと良い記事を書かなきゃ。』という風にプレッシャーになってしまって、モチベーションがあがらなくなってしまいます。

例えば、文字数や画像の使い方など、SEO対策などを気にしだすと負のスパイラルに巻き込まれて、ブログが書けなくなってしまいませんか?

もちろん、閲覧者が読みやすい記事を投稿するのが一番良いのですが、あまりにも気にしすぎると、時間がかかりすぎてしまいます。

わたしは、ブログは更新することに意味があると思っているので、完成度が60%を超えていれば、どんどん投稿するようにしています。

だって、ブログ記事の公開後に、いつでも修正はできるはずです。

ブログを書くモチベーションがあがらない時には、ゴミ記事でも良いや!ってぐらいの気持ちで、どんどん投稿して良いと思いますよ。

ブログを書くのにモチベーションより大切なもの

ここまでブログを書くモチベーションを、どうやったらあげられるのかを解説してきましたが、わたしはモチベーションより大切なものが2つあると思っています。

ブログを続けようと思っている人であれば、この2つを重視してみてほしいです。

ブログを書くことにプロ意識をもつ

ブログを書くことにプロ意識をもつ

ブログを書くモチベーションには、波がありますが、これは仕事でも『スランプ』と同じようなことだと思います。

スランプは、本気でやればやるほど、抜け出しにくい印象ががあります。

でもスランプから抜き出せる人は、モチベーションで左右されるのではなく、プロ意識を持っている人だと思います。

プロ意識とは明確なものはありません。

ただブログを本気で運営し、稼げるようになりたいと思っているのであれば、モチベーションよりもプロ意識を重視すべきと思います。

高いプロ意識があれば、モチベーションに左右されず、ブログを書けるようになるはずです。

3週間ブログを書くことを当たり前にする

3週間ブログを書くことを当たり前にする

それとブログを書くことを当たり前にすれば、モチベーションが関係無くなると思います。

具体的には、習慣化することですね。

禁煙やダイエットと同じで、3週間ブログを書くことを当たり前にすれば、習慣化できるので、ブログを書くモチベーションが低くても、ブログを書けるようになりますよ。

だから、意地でも3週間ブログを書き続けましょう。

ブログを書くことが習慣化できれば、モチベーションが低い時でも、なんとかブログを書けるようになりますよね。

3週間続けるのは難易度が高いかもしれませんが、わたしは、習慣化はモチベーションより重要だと感じています。

まとめ

ブログを書くモチベーションについて、ブログ歴7年のわたしが、ブログを書くモチベーションをあげる方法を書き出してみました。

常にブログを書くモチベーションが落ちないなんて人は、いません。断言します。

でも、モチベーションが低い時でも、プロ意識をもって、変わらずブログを書き続ける人だけが、アクセスを伸ばし、ブログで稼げるようになると思います。

ポイントは『プロ意識をもつ』と『当たり前にする』ということですね。

モチベーションに左右されないようにしましょう。

あなたの参考になれば嬉しいです。

ブログのモチベーションを維持する方法
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。