アフィリエイトは無理ゲーなのか?【稼げない本当の理由】

アフィリエイトは無理ゲーなのか?

『アフィリエイトは、もう稼げないから、無理ゲー。』という情報を目にしました。

これは、いまに始まったことなのでしょうか?

これからアフィリエイトはやめた方が良いといわれたら、そんなことは無いと思うんですよね。

アフィリエイトが、本当に『無理ゲー』なのか、分析して考察しました。

アフィリエイトが無理ゲーといわれる理由

月にアフィリエイトで3万円以上稼いでいる人が少ない

月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の5.7%

月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の5.7%

アフィリエイトが稼ぎにくいというのは、この表を見れば事実と言わざる終えません。

日本アフィリエイト協議会の2017年の情報によれば、

月に3万円以上の収入がある人は、たった5.7%です。

3万円以上稼いでいる人が、たったの5.7%しかいないんですね。

そして1000円未満が、なんと全体の72.3%らしいので、

サーバー代やドメイン代が支払えない感じの人がほとんどです。

3万円以上が5.7%にも驚きますが、1000円未満が72.3%もいるとなると、

これは無理ゲーといってもおかしくないですね。

10万円以上稼いでいる人でいえば、

全体のたった2.3%しかいないのであれば、

『アフィリエイトは稼ぎやすい』

というのは無理があります。

(ただこの数字は、いまに始まったことではなく、数年前からこんな状況だったようですけど。)

稼いでいる人は組織的に全力でやっていて参入するスキがない

アフィリエイトが稼げないというのは、個人で戦える市場ではなくなったという意見も聞きます。

この数年で個人アフィリエイター以外に、組織的にWebメディアをつくる人たちが増えました。

エイチーム

売上400億円の株式会社エイチームのアフィリエイトメディア

さらに上場企業が豊富な資金で、アフィリエイト業界で売上をあげています。

金融や不動産といった、アフィリエイト市場で売上規模が大きいジャンルは、

このような企業が組織的にやっているので、個人レベルが対抗するのは難しいと言わざる負えません。

主婦や学生が稼げるのは、

大手企業などが手を出しづらいニッチな出会い系やアダルト系とも言われています。

既に稼いでいる人たちが、うまみのある市場を独占している状況で、

これまで積み重ねてきたノウハウを全力でやっているので、

これから参入するスキは、かなり少ない状況です。

(ただジャンルの奪い合いは、いまに始まったことではない。)

Googleのアップデートで稼げなくなったと聞く

そして、

『Googleのアップデートで、アフィリエイトはもう稼げなくなった。』

という風潮があります。

確かに2019年3月に、Googleが『フロリダアップデート』という、

検索アルゴリズムのアップデートがありました。

この2019年3月のGoogleのアップデートで、これまでたくさん稼いでいた人たちが、

かなりのダメージをうけている情報がネット上にあふれました。

アフィリエイト無理ゲー

『アフィリエイト無理ゲー』と検索する人がいる

その結果、Googleの検索エンジンで『アフィリエイト 無理ゲー』と検索している人がいるくらいです。

だから、Googleの検索アルゴリズムのアップデートで、

これまで稼いでいたかなりの人が、撃沈したというのは事実だと思います。

(Googleの検索アルゴリズムのアップデートはいまに始まったことではなく、数年前のパンダアップデートやペンギンアップデートでもこんな状況だった。)

アフィリエイトが無理ゲーとネットで発言する意図

アフィリエイトが無理ゲーと言っている人の特徴をまとめました。

ライバルを少なくするために不安をあおっている

アフィリエイトが無理ゲーって言っている人の中でも、

実は多いのがこのタイプなんじゃないかと思います。

このイケダハヤトさんは、かなり稼いでいる人だと思いますが、

いまから3年以上前に『無理ゲー』と言っていますね。

このあと仮想通貨アフィリエイトで相当稼がれたようですが、

やっぱりこの当時は、不安をあおっている印象です。

もちろん、アフィリエイトだけで月100万円を稼ぐのも大変だし、

稼ぎ続けるのはもっと大変なので、イケダハヤトさんの言っていることは間違っていないと思います。

ただ、イケダハヤトさんのような影響力の強い人が『無理ゲー』というと、

アフィリエイトをあきらめる人は多いんじゃないかと思います。

苦労をしてきてその大変さを伝えている

アフィリエイトが無理ゲーって言っている人で、

稼げるようになった人が使うパターンも多いと思います。

このとみっちさんは、ネット回線や格安SIMを紹介する

ザサイベース』というサイトを運営されている方で、

アフィリエイト歴がすごく長い方です。

実際に何回かお会いしましたが、アフィリエイトで成功し、いまは会社も設立されています。

とみっちさんは、

アフィリエイトは、そんなに簡単じゃない。

ということを表現する言葉として『無理ゲー』と使われていますね。

アフィリエイトに参入して、1年未満で100万円を達成するというのは、無理なことなので、

とみっちさんの言っていることは、その通りだと思います。

アフィリエイトでたくさん稼いでいる人の特徴

アフィリエイトでたくさん稼いでいる人の特徴

この数年間で、アフィリエイトで稼いだことがある人or稼いでいる人or稼ぎ続けている人にお会いして話した内容から、私なりに『たくさん稼いでいる人の特徴』をまとめました。

たくさん稼いでいる人の特徴

無理ゲーと思っても尋常ではないくらい行動を続けてきた

失敗を乗り越え自分なりに考え抜いて行動を変えてきた

アフィリエイトが安定しないことを自覚している

この3つの特徴があると感じています。

それぞれ解説します。

無理ゲーと思っても行動を続けてきた

アフィリエイトで稼ぐことに成功した人は、稼げない時期もずっと行動を続けていた人です。

実際あまり注目されませんが、アフィリエイトで稼げない時期はみんな必ずあります。

『無理ゲー』と思っていた人も多いでしょう。

いま稼いでいる人も、稼げない時期があったからこそ、

まだ稼げていない人に対して罵声を言わない傾向があると感じます。

これは全員もれなく、稼げなかった時期があったからでしょう。

そんな中でも、稼ぐことができたのは、尋常ではないくらいの行動を続けてきた人だと思います。

とにかく行動を続けた人だけが、アフィリエイトで稼げるようなるんでしょうね。

失敗を乗り越えて自分なりに考え抜いて行動を変えてきた

稼いでいる人、全員に共通するわけじゃないかもしれませんが、

わたしが聞いた限りほとんどの人が、ゴミ記事を本気で作り続け、

人に見せられないようなサイトを作っています。

わたしも含め、これまで日の目を浴びた記事は数記事で、

その他に影に隠れている記事は大量にあるはずです。

つまり多くのゴミ記事を量産しながら、

考え抜いて行動を変えて、稼げるようになったという人がほとんどです。

というか、アフィリエイトに関しては、失敗したことがないなんてありえないと思います。

アフィリエイトは、多くの失敗の上に、成功があると思うので、

自分なりに仮説→実行→検証を繰り返しているはずですよね。

アフィリエイトが安定しないことを自覚している

そして、わたしが話した人の中に月に8桁を稼いでいる人がいるのですが、

たくさん稼いでいることを言わないんですよね。

彼が言わないのは、いつ稼げなくなるかもしれないという不安から。だと思います。

月に500万円稼いだことがある人も、数か月後に50万円を下回ってしまってしまうことが

充分ありえるのが、このアフィリエイト業界です。

法人化して従業員がいるにもかかわらず、深夜のバイトをしたことがあるという人にもお会いしましたし、

月に100万円稼いだあと、ガスと水道がとまった経験がある人にもお会いしましたし、

サイトのアクセスが1/80になってしまった人もいました。

つまりアフィリエイトは、安定はしないということなんですよね。

それを充分自覚していると思います。

アフィリエイトは右肩上がりになればとても素晴らしいですが、突然稼げなくなることがあります。

だから稼いでいる人は、あぐらをかくことなく、謙虚に勉強しながら、行動しているんですよね。

まとめ

アフィリエイトは無理ゲーなのか?

アフィリエイトが無理ゲーというのはいまに始まったことじゃない

アフィリエイトがむずかしいのは、いま始まったことではないですね。

稼げないという人は、いまだけじゃなくて、5年前も稼げないと思います。

無理ゲーって言葉が、最近できたっぽいですけど、

3年以上前から『無理ゲー』って言葉を使っている人がいたのは事実です。

これはアフィリエイトが難しいということを表現していると思います。

だから、アフィリエイトが無理ゲーというのは、いま2019年の問題ではなく、

これまでずっと同じ状況だと思うんですよね。

繰り返しますが、アフィリエイトがむずかしいというのは、いまに始まったことではないです。

自分で考えてやり続けれなければダメ

また、これまでうまくいった人のアフィリエイトの手法では、今後はうまくいかない可能性が高いです。

だって、その手法でやっても、二番煎じですからね。

どのビジネスも先行者利益が最大になるのは当たり前で、

後発はやり方を変えなければ生き残れないのは、どの業界も同じです。

これまでの手法は無理ゲー。というのは正しいかもしれません。

サロンやメルマガを有料購読するのは、悪いことじゃないと思いますけど、それどおりにやっても稼げない可能性は高いと感じます。

サロンやメルマガは、モチベーションの維持には役にたつかもしれませんが、

自分で考え抜くという力を鍛えることができないですよね。

やっぱり言われた通りのことをするのではなく、自分で考え抜いて、

それを行動に落とし込むことが重要だと思います。

それができなければ無理ゲーと言われてもしょうがないですね。

無理ゲーという風潮で諦められるなら諦めた方が良い

2019年になって、『もうアフィリエイトは終わった。』と言われていますが、さかのぼること2016年には、Welq問題でキュレーションメディアが取り締まりを受けて、

アフィリエイトはオワコンだ。

という風潮がありました。

そこでアフィリエイトを卒業した人もいると思いますが、

ただ2016年以降のWelq問題以降にアフィリエイトを始めた人でも、稼げている人を知っています。

やっぱり稼げる人は、どんな時代でも、尋常じゃないくらい行動を続け、

考え抜いて、もがきながら生き残った人だけだと思うんですよね。

どんな時代でも、風潮に左右されていたら、アフィリエイトは無理ゲーなのかもしれません。

最後に、わたしが2014年の秋の夜に、号泣しながら読んだ本を紹介します。

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

杉本 宏之
1,650円(11/12 16:48時点)
発売日: 2014/07/18
Amazonの情報を掲載しています

このぐらいの覚悟があれば、

アフィリエイトが無理ゲーなんて言ってられないと思います。

この記事があなたの参考になれば嬉しいです。

アフィリエイトは無理ゲーなのか?
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。