【2.4GHzと5GHzの違い】WiMAX周波帯のおすすめ運用方法

【2.4GHzと5GHzの違い】WiMAX周波帯のおすすめ運用方法

WiMAX2⁺の最新端末では、2.4GHzと5GHzを切り替えて使用することができます。

今回はWiMAXの2.4GHzと5GHzの周波帯の違いをまとめました。

WiMAXの2.4GHzと5GHzの違い

周波帯特徴
5GHz・障害物に弱い
・電波干渉が少ない
2.4GHz・障害物に強い
・電子レンジなどの家電製品と干渉しやすい
・無線キーボードや無線マウスと干渉しやすい
・Bluetoothと干渉しやすい
・屋内屋外で利用が可能

障害物に強いのは2.4GHz

WiMAX2+の周波帯は2.4GHzと5GHzの2種類がありますが、障害物に強いのは2.4GHzです。

障害物というのは壁や床などのことで、これらの障害物の影響を受けにくいのが2.4GHzの周波帯です。

さらに2.4GHzは、屋内でも屋外でも使える周波帯です。

ただし2.4GHzは障害物に強いとはいえど、電子レンジなどの家電製品や無線キーボードなども2.4GHzを使用しているので、電波が干渉しやすいという懸念もあります。

通信速度は5GHzの方が速い

2.4GHzと5GHzを比較すると、通信速度が速いといわれているのは5GHzの周波帯です。

大容量の通信が必要とされる映像配信などでは5GHzの方が適しています。

また5GHzの周波帯は、床や壁などの障害物には弱いですが、電子レンジなどの家電製品や無線LANなどの干渉の影響を受けにくいので、屋内では5GHz帯を使用した方が良いでしょう。

5GHzの屋外使用の注意点
5GHzは屋内であれば問題なく使用できますが、屋外では電波法に抵触する可能性があり、5GHzの中でもチャンネルを指定しなければなりません。

※5.2GHz帯(5250MHz)は屋外では使用してはいけないことになっていますから、屋外でも使用できる5.6GHz帯(5725MHz)を選択しなければいけないことになっています。

知らなかったではすまされないので注意してください。

5GHz帯でも、屋外で使用できるチャンネルと、使用できないチャンネルがあります。

これについて、後述していますので、ぜひしっかりと確認ください。

5GHz帯のチャンネル『W52』と『W56』の違い

2.4GHzと5GHz

W52は屋外で使用してはいけない

5GHz帯の中でも、WiMAX2+で使えるチャンネルは、『W52』と『W56』という2つのチャンネルです。

チャンネル周波帯特徴
W525.2GHz帯(5250MHz)・日本国内で免許なしで無線LAN通信用に使用できる
屋外では使ってはいけない
W565.6GHz帯(5725MHz)・日本国内で免許なしで無線LAN通信用に使用できる
屋外でも使用できる
・起動時にレーダー受信がないかチェックする義務がある
・レーダーを受信した場合は30分間使用してはならない

W52は屋外で使用してはいけません。

W56は屋外で使用できるがレーダーの影響を受ける

W56はレーダーの影響を受けるので、起動1分間はレーダーがないかをチェックすることになっています。

もしレーダーを受信した場合、30分間はレーダーを受信したチャンネルを使用してはいけないことになっています。

レーダーとは
W56が影響を受けるレーダーとは、軍事レーダーや気象レーダーなどです。

もしWiMAX端末がこれらのレーダーを受信した場合は強制的に2.4GHzに変更されるようになっています。

レーダーを受信した時に強制的に2.4GHzに切り替える機能は、『DFS(Dynamic Frequency Selection)』といいます。

W56チャンネルを使える端末は、このDFSという機能が備わっていなければいけません。

W56利用チャンネル確認中
WiMAX端末でW56を選んだ時には、上の写真のように『利用チャンネル確認中』と1分程、画面表示されます。

これは、レーダーがないか確認しているためです。

WiMAX周波帯のおすすめ運用方法

いかがでしょうか?

2.4GHzと5GHzの特徴の違い、また5GHzでも屋内でしか使用できないチャンネル(W52 )と屋外でも使用できるチャンネル(W56)の違いがご理解いただけたと思います。

それで、結局どれを使うのが良いのかが気になりますね。

自宅やオフィスなどの屋内でWiMAXを使う場合は、『5GHz(屋内/W52)』を使うのが最も通信速度が速い状態で、インターネットができます。

ですから、わたしは屋内では『5GHz(屋内/W52)』を選択しています。

ただし、『5GHz(屋内/W52)』にしたまま、屋外で使用した場合は、電波法に抵触することになり、知らなかったではすまされないことになります。

わたしは屋外で使用するときは、『5GHz(屋外/W56)』を選択しています。

電車移動含め、屋外でWiMAXを使用するときは、必ず『5GHz(屋外/W56)』を選択して切り替えるようにしてください。

これがめんどくさいと思う人は、常時『2.4GHz』を使うのが良いと思います。

実際に、都内でWiMAX2⁺の通信速度を調査しました。

WiMAXの通信速度』でレポートしています。

気になる方はぜひご覧ください。

【2.4GHzと5GHzの違い】WiMAX周波帯のおすすめ運用方法

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です