WiMAXでポケモンGoを1時間遊ぶ【気になるデータ通信量は】

WiMAXでポケモンGoを遊ぶ【気になるデータ通信量は】

WiMAXでポケモンGoを遊ぶと、データ通信量がどれぐらい消費されるか気になりました。

今回はポケモンGoのイベント開催期間中に、WiMAXで1時間遊んだらどれぐらいデータ通信量を使うかを検証してみました。

ポケモンGoのコミュニティデイでデータ通信量を計測

2017年4月15日に開催された『ポケモンGoコミュニティデイ』で検証することにしました。

コミュニティデイメリープ

今回のコミュニティデイでは、レアな『メリープ』が大量発生するイベントでした。

ポケモンGoといえば、錦糸町駅付近が聖地的な存在なので、錦糸町駅付近でポケモンGoを1時間したら、どのぐらいデータ通信量を使うのか検証したいと思います。

錦糸町計測前

計測する前に、データ通信量をリセットして、正確なデータ通信量を計測できるようにしました。

検証環境
検証日時:2017年4月15日(日)14時~15時の1時間
検証場所:錦糸町駅付近(ポケモンGoの聖地的存在)
意識的にやること:できるだけ人が多いところにいって混雑状況で計測する、Goプラスを使ってとにかくポケモンを乱獲する

このような検証環境でポケモンGoを1時間やってみました。

WiMAX2⁺ならサクサクな環境

ポケモンGo人が多すぎ

さすがにポケモンGoの聖地だけあって、人がたくさんいました。

相変わらずポケモンGoの人気は異常ですね。

WiMAXを使いながらポケモンGoを楽しみましたが、途中で落ちることなく、サクサクな環境で遊べました。

たくさんの人がいましたが、通信回線に問題があってポケモンGoを遊べないという人は今回はいなかったようです。

ちなみに201年7月の横浜で開催された『ポケモンGoパーク』は通信回線が混雑しすぎて、モバイルWiFiを持っていない人がポケモンGoを遊べないという状況になっていましたね。

1時間でデータ通信量を0.31GB使った

錦糸町計測後

わたしは14時~15時の1時間で、ポケモンをとにかく乱獲しました。

休むことなく、ガンガンにポケモンGoで遊びました。

その結果、データ通信量を0.31GB使っていました。

GPSで位置情報を常時取得するゲームですから、もっとデータ通信量は使うと思っていましたが、それほどでもありません。

ポケモンGoのWiMAXデータ通信量はYouTube動画より使わない

錦糸町駅前

わたしの実感としては『ポケモンGoは思った以上にデータ通信量は使っていないんだな。』と思いました。

平常時にポケモンGoを遊んだら、もう少しデータ通信量は少ないと思います。

ポケモンGoを1時間遊んだら0.31GBでしたが、YouTube動画(HD画質)を1時間再生してみたら0.70GBでした。

ポケモンGoは、YouTube動画(HD画質)よりデータ通信量は少ないことが確認できました。

WiMAXのギガ放題は3日間で10GBの速度制限がありますが、今回の検証結果から322時間連続でポケモンGoで遊べば10GBになるということですね。

実際に3日間は72時間なので、ポケモンGoでは速度制限になる可能性は低いですね。

仮に速度制限になったとしてもWebページの閲覧にはほぼ影響がないことも確認しています。

WiMAX2⁺のデータ通信量が気になっている人の参考になれば幸いです。

WiMAXでポケモンGoを遊ぶ【気になるデータ通信量は】

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です