WiMAXのエリアマップ確認【注意してチェックするポイント】

WiMAXのエリアマップ確認

WiMAXがカバーしているエリアは、エリアマップで確認することができます。

ここでチェックしなければならないのは、WiMAXの対応エリアやLTEの対応エリアではなく、WiMAX2⁺の対応エリアをしっかりチェックしなければなりません。

今回は、WiMAXのエリアマップの確認で注意してチェックするポイントをまとめました。

WiMAXがカバーしているエリアの地図

WiMAXのエリアマップ
WiMAXの対応エリア:
WiMAXエリアマップ

こちらのエリアマップで、WiMAXが対応しているエリアか確認できます。

WiMAXがカバーしているのは、それぞれの通信方式で若干違います。

通信方法通信モード最大速度特徴
WiMAXノーリミット
モード
13.3Mbps速度制限はない
2018年を目処に利用できなくなる
このモードを使用できる機種は現在製造終了している
WiMAX2+ハイスピード
モード
440Mbps高速通信ができる
3日間で10GBを超えると速度制限(1Mbps)がある
au 4G LTEハイスピード
プラス
エリアモード
370Mbps携帯電話の回線を使って通信できる
月間7GBを超えると速度制限(128Kbps)がある
  • WiMAX
  • WiMAX2⁺
  • au 4G LTE

それぞれについて解説します。

WiMAXがカバーしているエリア

WiMAXエリア地図

WiMAXは、ノーリミットモードという通信モードです。

速度制限はなく、2018年を目途に使用できなくなる通信方式です。

旧回線なので、あまり気にする必要はありません。

WiMAX2⁺がカバーしているエリア

WiMAX2+のエリア地図

WiMAX2⁺は、ハイスピードモードという通信モードです。

高速な通信ができるので、この『WiMAX2⁺』の通信が自宅をカバーしているかチェックしてください。

このWiMAX2⁺がメインでインターネット接続に使う通信方式です。

WiMAX2⁺は人口カバー率99%を超えていますが、携帯のキャリア電波が届かない地域などでは、カバーしていない可能性があります。

WiMAX2⁺がカバーしていないエリア
  • わたしのおばあちゃんの家(コンビニまでクルマで10分以上の奥地)
  • 富士山の五合目付近

わたしが確認したエリアです。
上記以外でもド田舎ではWiMAX2⁺がカバーされていない地域はあると思うのでエリアマップで確認してみてください。

LTEがカバーしているエリア

LTEエリア地図

au 4G LTEは、ハイスピードプラスエリアモードという通信モードです。

au 4G LTEとは
auは、KDDIが提供するブランド名です。

WiMAX端末でauの携帯電波が使用されるのは、WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズがKDDIグループだからです。

つまりau 4G LTEは、auの携帯で使用しているLTE通信のことです。

auの携帯電波を使っているので、WiMAX2⁺よりも広範囲をカバーしています。

WiMAX2⁺が弱い『地下』や『建物』も、au 4G LTEなら届きやすいので、日本国内であればほとんどの生活エリアで使えるはずです。

ただし、この通信は『LTEオプション』をいう月額1000円が必要になり、さらに月間で7GBの制限があるため、メインで使うことは考えない方が良いです。

LTEオプションの注意点とは

不安なら15日間無料で試してみるのがおすすめ

いかがでしょうか?

実際にエリアマップで、ご自身の自宅が、WiMAX2⁺が対応しているのか、チェックしてみてください。

もし不安なら、『15日間無料』でWiMAX端末を貸し出してくれる『トライWiMAX』というサービスがあります。

自宅でWiMAX2⁺の通信が問題なく使えることを確認しましょう。

トライWiMAXは、全部無料なのは嬉しいですね。

tryWiMAX日本国内に住んでいる20歳以上の人で、本人名義のクレジットカード情報を登録さえすれば、通信料も配送料もUQコミュニケーションズが負担してくれるというサービスです。

トライWiMAXページ

実際にWiMAX端末を使用してみて、本当に高速なのか実感できると思います。

ただトライWiMAXの端末は、返却しないとダメです。

正式なWiMAXの申込は、あらためてしないといけません。

トライWiMAXを使って、自宅にてWiMAX2⁺の通信が問題なく使えることが確認できたら、あらためてWiMAXを申し込みましょう。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても、通信品質や通信制限は変わりませんので、値段が安いところがおすすめです。

わたしがおすすめするのは、月額料金が最安値のBroadWiMAXです。

おすすめWiMAXプロバイダ
当サイトいちおしの月額料金最安のプロバイダ:
BroadWiMAX
いま新規でWiMAX2⁺を申込するなら、わたしだったらBroadWiMAXでWX04を申し込むと思います。

まぁ最終的には、自分の好みだと思うので、ぜひ参考にしてください!

WiMAX2⁺のエリアが気になっている人の参考になれば幸いです。

エリアマップをチェックして、エリア外だった場合はこちらで対策してみてください。

WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策

WiMAXのエリアマップ確認

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です