WiMAXの速度制限が解除されないときにチェックすること

速度制限が解除されないときにチェックすること

WiMAXの速度制限が解除されないと思ったときは、しっかりチェックしましょう。

今回は、速度制限が解除されないときにチェックすることをまとめました。

速度制限が解除されないときにチェックすること

データ通信量をチェックする

データ通信量確認

速度制限がかかっている場合は、まずデータ通信量を確認しましょう。

データ通信量は、プロバイダのマイページでも確認できますし、WiWAXの端末でも表示されます。

通信制限が気になった時にデータ通信量を確認する方法

WiMAXを通常プランで契約している人は、月間のデータ通信量が7GBを超過すると、128Kbpsに速度制限されます。

WiMAXをギガ放題プランで契約している人は、直近3日間のデータ通信量が10GBを超過すると、1Mbpsに速度制限されます。

通常プランで契約している人は、特に月間のデータ通信量をこまめにチェックした方が良いですね。

WiMAXの契約プランをチェックする

通常プランは、月間で7GBまでしか使用できません。

速度制限

ギガ放題とは、実質速度制限のない、使いたい放題のプランです。

プラン通信制限制限時の
通信速度
通常プラン1ヶ月間7GB128Kbps
ギガ放題プラン3日間10GB1Mbps

通常プランで速度制限になってしまった場合は、最大の通信速度が128Kbpsに制限されます。

これはかなり遅く、動画はほぼ観れないレベルです。

また速度制限は、翌日から月末まで続きます。

『通常プラン』から『ギガ放題プラン』への変更は、どのプロバイダも翌月の月初からです。

もし月の真ん中で月間7GBの通信制限を超過してしまったら、月末まで128Kbpsで我慢するしかありません。

通常プランで制限がかかった時に追加料金で解除はできるのか?

こちらでもまとめていますが、通常プランの変更は次の月の月初からできるので、月の途中で制限がかかってしまった場合は、我慢するしかないです。

LTEオプションを使っていないかチェックする

LTEオプション

『制限が解除されないな。』と思っているほとんどの人は、LTEオプションのハイスピードプラスエリアモードに接続しっぱなしの人かもしれません。

いますぐ、ハイスピードプラスエリアモードを使っていないかチェックしましょう。

通信モード通信方法最大速度特徴
ノーリミット
モード
WiMAX13.3Mbps速度制限はない
2018年を目処に利用できなくなる
このモードを使用できる機種は現在製造終了している
ハイスピード
モード
WiMAX2+440Mbps高速通信ができる
3日間で10GBを超えると速度制限(1Mbps)がある
ハイスピード
プラス
エリアモード
au 4G LTE370Mbps携帯電話の回線を使って通信できる
月間7GBを超えると速度制限(128Kbps)がある

この『ハイスピードプラスエリアモード』は『W05』『WX04』『W04』のなどWiMAXの最新端末でしか使えません。

わたしは『WX03』という2016年12月に発売開始されたWiMAX端末でなので、『ハイスピードプラスエリアモード』を使ったことがないです。

LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)を使う場合は、切り替えをこまめにしないとダメですね。

LTEオプションは、地下鉄や地下街などでもつながり、広範囲で使用できる回線ですが、月間で7GBまでしか使えません。

WiMAXのLTEオプション制限とは

WiMAXのLTEオプションは、『ギガ放題を契約していても』、au 4G LTEの月間のデータ通信量が7GBを超過すると、128Kbpsに速度制限されます。

だからLTEオプションは、こまめに切り替えないとダメですね。

地下鉄などで使用する場合は、注意した方が良いです。

ギガ放題でLTEオプションに注意していれば問題ない

WiMAXの契約がギガ放題で、LTEオプションの切り替えさえ注意していれば、問題になりません。

わたしは、通信制限が実質的にない『ギガ放題』に加入して、ガンガン使っていますが、困ったことはありません。

実質制限がないギガ放題の料金プラン比較

速度制限が不安な人はぜひ参考にしてください。

WiMAXは、ギガ放題で契約して、LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)の切り替えさえ注意していれば、ストレスなく快適なネット環境が手に入ります。

『W05』のようなハイスピードプラスエリアモードが使えるような端末で、LTEオプションを使用している人が、うっかり切り替えをし忘れて、制限が解除されないな。と思うことはあるようです。

それでも遅い場合は端末の能力を最大限にして

WiMAX端末の能力を最大限に

これらをチェックしても速度が遅いと思ったら、それは速度制限ではない可能性が高いです。

WiMAXの通信速度が遅いときの対策

WiMAXの能力がセーブされている可能性があります。

2.4GHzと5GHz

2.4GHzは障害物には強いのですが、通信速度は5GHzの方が速いです。

2.4GHzと5GHzの違いとおすすめの運用方法

WiFiの設定を『5GHz』に切り替えると、より高速な通信ができます。

ぜひチェックしてみてください。

速度制限が解除されないときにチェックすること

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です