WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策ステップ

WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策ステップ

WiMAX2⁺のエリアマップで調べたら、エリア外だった場合はあきらめるしかないのでしょうか?

そんな人のために、WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策をまとめました。

WiMAX2⁺は人口カバー率99%なのでほとんどの人は問題なく使えるはずですが、WiMAX2⁺のエリアマップでエリア外だったら、ぜひ参考にしてください。

WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策

WiMAX2⁺のエリアマップ
WiMAX2⁺の対応エリア:
WiMAX2⁺エリアマップ

こちらのエリアマップでご自身の自宅やオフィスなどが、WiMAX2⁺に対応しているエリアか確認できます。

今回は、このマップから外れてる場合の対策をまとめました。

ハイスピードプラスエリアモードを使う

LTEオプション

WiMAX2⁺対応エリアマップは、WiMAX2⁺という『ハイスピードモード』の通信モードです。

WiMAXの最新機種であるW05、WX04ではLTEオプションの『ハイスピードプラスエリアモード』の通信モードが使えます。

通信モード通信方法最大速度特徴
ノーリミット
モード
WiMAX13.3Mbps速度制限はない
2018年を目処に利用できなくなる
このモードを使用できる機種は現在製造終了している
ハイスピード
モード
WiMAX2+440Mbps高速通信ができる
3日間で10GBを超えると速度制限(1Mbps)がある
ハイスピード
プラス
エリアモード
au 4G LTE370Mbps携帯電話の回線を使って通信できる
月間7GBを超えると速度制限(128Kbps)がある

このハイスピードプラスエリアモードは、携帯電話の回線(au 4G LTE)を使う通信方式なので、携帯が繋がるところであれば、ネットが利用できます。

ただし、月間7GBのデータ通信量を超えると、128Kbpsの速度制限があります。

LTEオプションには注意

自宅もオフィスもWiMAX2⁺の対応エリアから外れていることはなかなか無いと思います。

通勤の移動時間や、外出先の一時的なインターネット利用であれば、LTEオプションは有効だと思います。

WiMAX2⁺のエリア拡大を待つ

エリア拡充情報

WiMAX2⁺は、まだまだエリアを拡大中です。

WiMAX2⁺エリア拡充情報の速報ページ

ほぼ毎週のように情報が更新されています。

既にWiMAX2⁺通信エリアの人口カバー率は99%ですが、まだまだアンテナ基地局を建設中とのことなので、ご希望のエリアももうすぐ対応エリアになるかもしれませんね。

UQコミュニケーションズにエリア改善要望を出す

エリア改善要望受付フォーム

WiMAX2⁺のエリアや電波状況について、UQコミュニケーションズに改善要望を出すことができます。

WiMAX2⁺のエリア改善要望フォーム

実際に要望を取りまとめて、エリアを改善するためのデータとして活用しているようです。

要望を出せば絶対に改善してくれるというわけではありませんが、どうしても改善してほしい場合は、リクエストをしてみる価値はあると思います。

WiMAX2⁺がエリア外だったらあきらめるかも

富士山五合目

WiMAX2⁺は人口カバー率が99%ですが、ご自身の生活環境がこのエリア外だったら、諦めた方が良いかもしれません。

例えば、富士山五合目は、WiMAX2⁺はエリア外です。

LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)なら、富士山の五合目でもインターネット接続ができますが…。

仮に富士山五合目に住み込んで、インターネットを使うと仮定したら、わたしだったらあきらめますね。

WiMAX2⁺がエリア外だった場合の参考にしてください。

WiMAX2⁺がエリア外だったら解約できるのか?

WiMAX2⁺がエリア外だった時の対策ステップ

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です