【最新グラボのベンチ比較】GTX1080とRTX2080ならどっちを選ぶべき?

RTX2080

わたしはグラフィックボードは、NVIDIAのGTX1080を使っているのですが、最近新しく発売されたRTX2080が気になったので、比較してみました。

思った以上にスペック差はありましたが、体感できるのは限定的です。

今回は、ベンチマークの比較や、RTXのグラボのポイントを解説します。

GTX1080とRTX2080のベンチマーク比較

GTX1080とRTX2080の比較

グラフィックボードのベンチマーク比較には『ファイナルファンタジーXVのベンチソフト』を使って比較しました。

わかりやすく、動画で編集しています。

GTX1080とRTX2080の高品質と標準品質で比較しています。

ちなみにファイナルファンタジーXVのベンチソフトスコアの評価はこちらです。

スコアレベル
12000~非常に快適
9000~11999とても快適
6000~8999快適
4500~5999普通
3000~4499やや重い
2500~2999重い
0~1999動作困難

このようにスコアは、かなり違いました。

ffxvbench-score-result
グラフィックボード品質スコア評価
GTX1080標準10865とても快適
GTX1080高品質8266快適
RTX2080標準13594非常に快適
RTX2080高品質10857とても快適

標準で比較すると、GTX1080がスコア10865に対し、RTX2080がスコア13594でした。

これは、25.11%も差があります。

また高品質で比較すると、GTX1080がスコア8266に対し、RTX2080がスコア10857でした。

これは、31.34%も差があります。

つまりグラフィックボードの性能を比較するのに良く使われるファイナルファンタジーXVのベンチソフトで、GTX1080とRTX2080では、25~31%のスペック差があることが確認できました。

GTX1080でも、RTX2080でも、ファイナルファンタジーXVのような重たいゲームは快適に遊べることが分かりますが、やはりRTX2080の方がスコアは断然良いですね。

ただ4K対応モニターでなければ体感できない

フルHDモニター

ここまでのスコア差があれば、かなり違うと思ったのですが、実際に見た目ではほとんどわかりませんでした。

というのも、わたしのディスプレイはフルHDで、4Kに対応していません。

RTXには、リアルタイムレイトレーシングが搭載されており、これは4Kに対応したモニターでなければ、そこまで違いがわかりません。

つまりグラフィックボードのスペックは高いに超したことはありませんが、GTX1080とRTX2080ぐらいの差であれば、4K対応のモニターを使わななければ、違いが体感できないことが分かりました。

※このことはドスパラでも確認済み。

GTX1080とRTX2080のコスパの差

GTXとRTXのコスト差

GTX1080とRTX2080のコスト差は、かなりあります。

グラフィックボード価格帯
GTX1080(Amazon)5万円~8万円
RTX2080(Amazon)9万円~13万円

この差をどう判断するかは、それぞれ皆さんに状況によって違うと思いますが、2019年5月時点では、約2倍にもなります。

グラフィックボードは、サイズやファン、メーカーによって値段差があるので、基本的には同型で安いものを選ぶべきだと思いますが、それでもやっぱりRTX2080は高いですね。

既にGTX1080前後のスペックのグラフィックボードを持っている人であれば、わたしはわざわざ買い替えるまでの必要は無いと感じます。

値段差が2倍近くあって、スペックが30%の違いは微妙ですね。

この価格差であれば、グラフィックボードよりモニターにお金をかけた方が良いのではないでしょうか?

4K対応のモニターは4万円を割ってきています。

GTX1080からRTX2080に乗り換えるのであれば、先に4K対応のモニターに予算をまわした方が良いですね。

よりハイスペックなパソコンを求める人の目的によって、予算のかけどころは変わってきますが、FPSのゲームをプロレベルでやっていて、4Kモニターを持っている人なら、RTX2080はおすすめですが、そうでもない人なら、GTX1080、もしくはある程度のスペックということで、GTX1060で充分だと思います。

GTX1060だと、だいたい2万円~3万円ぐらいなんで、これから自作PCを組む人なら、グラボはGTX1060にしておいて、CPUやメモリに予算をまわした方が良いと思います。

まとめ

RTX2080

RTX2080は、とてもすばらしいグラフィックボードでした。

ただ、4K対応のモニターがなければ、そこまで価値を体感できないです。

またGTX1080前後のグラフィックボードを持っているなら、買い替えのメリットはそこまで大きくはなく、他のパーツに予算をまわした方が良いと思いました。

ただ、自作PCなんて、ロマンみたいなものだと思うので、そういう人は、購入しましょう。

わたしの計測結果では、GTX1080より、RTX2080の方が25~31%ほど、パフォーマンスが高かったです。

30%前後のスペックアップは、かなりすごいですね。4K対応のモニターがあれば、最高のゲーム環境が完成するはずです。

GTX1080とRTX2080で迷っている人の参考になれば幸いです。

人気記事自作PCのパーツ選び方

RTX2080
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ふじもん

Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。